カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 31日

”旧小坂家住宅”と静嘉堂文庫美術館

友人と静嘉堂文庫美術館で開催中の”松浦武四郎展”に行きました。
幕末の北方探検家・松浦武四郎の名を知ったのはテレビの某番組ででしたが、そのバイタリティとあくなき探求心に深く感動し、この展をどうしても見たいと思ってのこと。


 当時の蝦夷地に6回も渡って調査し、地図をはじめ膨大な資料を残した人、と同時に「古物の大コレクター」でもあった、とのことで、その多彩な事績を拝見しました。コレクションの一部である川喜多半泥子の茶陶も数点展示されていて、その遊び心あふれた自由闊達な作品に魅了されてしまいました。


 その前に立ち寄った”旧小坂家住宅”は昭和12年に建てられた小坂順三氏の別邸で国分寺崖線の縁辺部に建ち、斜面地の上からは多摩川も見晴るかせる素晴らしいロケーション、氏の故郷信濃の民家の面影とモダンな洋風建築とを融合させた魅力的なお屋敷で、案内の方の丁寧なご説明で、ゆっくり鑑賞できてうれしかったです。

 写真は庭に建つ庚申塚二基、月見の設え、和風洋間、電動ミシン、など。

 静嘉堂文庫美術館では「川喜多半泥子作品」のみ撮影許可。


c0047919_11051793.jpg
c0047919_11053971.jpg
c0047919_11052612.jpg
c0047919_11055053.jpg
c0047919_11055902.jpg
c0047919_11060877.jpg
c0047919_11061679.jpg








by pechifeb9 | 2018-10-31 11:07 | Comments(0)
2018年 10月 30日

川越祭

 念願の川越祭に行くことができました。
 本川越の駅に着いた6時頃には駅前は夥しい食べ物屋のテントと人の群れ。おおよその山車の巡幸経路を掴んで人の流れに乗りながらところどころで撮り歩いているうちに一台目の山車に遭遇、、、、山車は止まるポイントが決まっていて、お囃子や踊りを披露、しばらくすると次のポイントへ移動、、、という仕組みのようで、待っていれば次の山車を鑑賞することができました。


 偶然、そのモーレツな人出の中で写友のSさんと遭遇!”ほぼ地元人”のご指導を得ながらなんとか数枚ゲットし、帰りがてら駅へ向かう途中で何台かの屋台にも出会い、祭りのハイライトである“曳っかわせ”も見ることができて充実の数時間でした。


 なお、川越祭は370年の伝統を誇る都市祭礼、「川越氷川祭の山車行事」として平成17年、国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録されたそう。江戸時代、新河岸川舟運によって栄えた小江戸川越の繁栄を物語る絢爛豪華な山車は19台、それぞれ個性を持った動く大作品と言える素晴らしさでした。



c0047919_08444682.jpg
c0047919_08445521.jpg
c0047919_08450250.jpg
c0047919_08451170.jpg
c0047919_08451862.jpg
c0047919_08452972.jpg
c0047919_08454023.jpg
c0047919_08454685.jpg
c0047919_08455451.jpg
c0047919_08460046.jpg




by pechifeb9 | 2018-10-30 08:46 | Comments(0)
2018年 10月 27日

55年ぶりの再会

 大学時代の親友が声をかけてくれて、ミニミニクラス会が実現しました。男性メンバー同士は時折会っているようですが、女性も誘おうということになったそうで、時期を私の藪入りに合わせてセットしてくれました。


 大学は教職課程主体の学部で、就職も大半が地元の中学、高校と散らばっていったので卒業以来、55年ぶりといっても驚くことはないのですが、年月は争えないもの、容貌は紛れもない高齢者、それでも学問への灯はそれぞれの胸にともり続けているようでした。卒後、学問にはご縁のない私でしたが、20歳前後という人生の華の一時期、共通体験のあれこれを思い出し、語るのは楽しかったです。


 食後に新宿御苑を散策しました。菊花展は準備中、紅葉には当然早すぎ、写材があまりなかったので、この日の写真はたった3枚(笑)。


c0047919_09403337.jpg
c0047919_09403922.jpg
c0047919_09404707.jpg






by pechifeb9 | 2018-10-27 09:41 | Comments(0)
2018年 10月 21日

 旧友と旧居の辺りを、、、

転居前に住んでいたマンション時代の友人と会うことにしました。かれこれ12年余の空白を経て再会したMさんは当時と少しも変わらない姿で、約束の場所で待っていてくださいました。

遅いランチをご一緒し、近況報告、、、、お互いに介護を中心にした暮らしの中でいかに”自分もともに上手に”生きるかなどという大テーマ(笑)を話し、共感するところ大で、あっという間に時間が過ぎていきました。


一駅分を一緒に歩きながら旧居の周辺の変わりように目を見張り、今後数年でますます変貌を遂げるであろう街を想像し、来年の再会を約束してMさんと別れました。


写真はMさんと会う前に、かつてウロつき、写真を撮っていた懐かしの高浜運河緑地と天王洲アイルあたり。



c0047919_17183741.jpg

c0047919_17184550.jpg
c0047919_17185214.jpg
c0047919_17190282.jpg
c0047919_17191190.jpg
c0047919_17192183.jpg
c0047919_17193018.jpg
c0047919_17194032.jpg
c0047919_17195271.jpg
c0047919_17200552.jpg






by pechifeb9 | 2018-10-21 17:21 | Comments(0)
2018年 10月 20日

日光、けっこう!その2

初めは輪王寺大猷院から。三代将軍家光公を祀った22棟の建造物で、東照宮より控えめにとの遺志により幽玄とさびを旨としたということですが、どういたしまして絢爛豪華なこと!ひたすら徳川様のご威光を拝するものでした。


 日光で最も見たかったのが杉並木、年を経た風格のある杉並木の参道を歩くと二荒山神社、次いで日光東照宮に至ります。さて拝観しようと思ったのですがチケット売り場の行列を見て、取りやめることに、、、。東照宮を見ずしてけっこうと言うなかれ!ではありましょうが、たぶんに天邪鬼の血が混じっている私は躊躇いもなく神橋を経て、この日の日光遊山を無事終了いたしました。

c0047919_08502030.jpg


c0047919_08502874.jpg
c0047919_08503621.jpg
c0047919_08504312.jpg
c0047919_08504946.jpg
c0047919_08505722.jpg
c0047919_08510600.jpg
c0047919_08511319.jpg
c0047919_08512174.jpg
c0047919_08513120.jpg
c0047919_08513791.jpg
c0047919_08514416.jpg



by pechifeb9 | 2018-10-20 08:57 | Comments(0)
2018年 10月 18日

日光、けっこう!その1

  思い立って日光へ行きました。かれこれ二十数年前の冬に娘と行ったきりで、当時の風景は記憶の底にあるものの、世界遺産登録で観光客も当然増えているだろうし、様変わりもありうると覚悟の上で。


  我が家から約3時間で東武日光駅、バスで戦場ヶ原へ。いろは坂あたりから陽が射してきて、男体山も見えてきました。戦場ヶ原は展望台から見るだけでしたが、一面の枯色の中に白樺が林立して、蒼い山を背景に美しかったです。辺りを散策していたら句碑があり、
 榊にて 下天を祓う 山開   平畑静搭
氏は宇都宮に住み精神医学者で病院長を勤めた方、句は昭和46年、67歳の作、、、と説明板にありました。


  バスで戻って竜頭の滝を堪能、少し下って華厳の滝に着く前に濃霧が出てきたので滝下まで降りるのは諦めましたが、墨絵のような霧の風情もなかなか良かったです。

 その後、いよいよ「世界遺産」エリアへ、、、と。   (続)


c0047919_08412332.jpg
c0047919_08412990.jpg
c0047919_08413680.jpg
c0047919_08414476.jpg
c0047919_08415023.jpg
c0047919_08415729.jpg
c0047919_08421203.jpg
c0047919_08422004.jpg






by pechifeb9 | 2018-10-18 08:43 | Comments(0)
2018年 10月 16日

東博と上野動物園 その2

パンダフィーバーも落ち着いてきて、並べば見られるようなので見ようかなとは思いましたが、それでも40分待ちだったのでやっぱりパスしてしまいました。一人でじっと待つのはつらいですものね。


園内は平日のせいもあり、ゆったりと見られる状態でしたが、多くの動物は食後休憩なのかま~ったりとした姿。やっと出てくるとギャラリーから歓声、、、そんなこんなを撮ったりして、この日の一人撮影会を終了しました。



c0047919_08280048.jpg
c0047919_08280855.jpg
c0047919_08281674.jpg
c0047919_08282712.jpg
c0047919_08283406.jpg
c0047919_08284215.jpg
c0047919_08284992.jpg
c0047919_08285774.jpg





by pechifeb9 | 2018-10-16 08:29 | Comments(0)
2018年 10月 15日

東博と上野動物園 その1

東博で開催中の「特別展 京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展を見に行きました。同寺の秘蔵のご本尊釈迦如来坐像、その十大弟子立像、肥後定慶による六観音菩薩像が拝観できました。仏像の知識がないので、印形や持物の意味などを十分には知りえませんでしたが、仏師がその篤い信仰心をもって、精魂込めて彫りだされた作品は崇高で美しいものでした。

同時開催の”世界遺産登録記念キリシタンの遺産展”で現存する”踏み絵”などの遺物、さらに常設展も拝見し、小休憩後、上野動物園へ。
写真1は聖観音菩薩像、鎌倉時代の作 唯一撮影可のお像
写真3は板踏絵 ピエタが彫られている

写真4は能衣装、若い女性を演じる際の衣装
c0047919_10404718.jpg
c0047919_10412406.jpg
c0047919_10413287.jpg
c0047919_10411056.jpg
c0047919_10414754.jpg
c0047919_10415925.jpg
c0047919_10421035.jpg


by pechifeb9 | 2018-10-15 10:48 | Comments(0)
2018年 10月 12日

家族の時間@葛西臨海公園

  娘一家と葛西臨海公園へ。少し早く着いて水族館を楽しみ、合流して一緒にイベントを楽しみました。

 夕方から下の孫が入ったばかりの子ども将棋教室を見学、将棋ちんぷんかんぷんの私でしたが、孫は緊張しながらもやる気満々のよう。家で早速父親と対局?していましたが、さて父親に「負けました」を言わせる日はいつのことやら、、、。


c0047919_20283526.jpg
c0047919_20284308.jpg
c0047919_20285161.jpg
c0047919_20285913.jpg
c0047919_20290859.jpg
c0047919_20291673.jpg
c0047919_20293285.jpg
c0047919_20294060.jpg



by pechifeb9 | 2018-10-12 20:30 | Comments(0)
2018年 10月 10日

爽秋の昭和記念公園

家人が定期的病状評価のため5日から2週間ほど入院しています。日頃の介護任務を解かれて24時間を自由に使えるのがありがたいしていますことで、私にとっては年に一度の休暇、”小僧の藪入り”なのです。会いたい人、行きたいところが幾つかあって、楽しみ~。


 早速昭和記念公園に行ってきました。台風で大木が倒れていたり折れていたのが痛ましかったですが、コスモスも無残というほどではなく、爽秋の広大な公園を楽しんできました。

c0047919_18530707.jpg


c0047919_18532343.jpg
c0047919_18534017.jpg
c0047919_18535124.jpg
c0047919_18540042.jpg
c0047919_18540724.jpg
c0047919_18541783.jpg
c0047919_18542519.jpg
c0047919_18544455.jpg
c0047919_18545626.jpg
c0047919_18550819.jpg
c0047919_18551681.jpg
c0047919_18552548.jpg
c0047919_18553625.jpg





by pechifeb9 | 2018-10-10 18:57 | Comments(0)