カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014年1月~( 573 )


2018年 04月 08日

墓参と桜

 毎年、昔お世話になった方のご命日前後に墓参をすることにしていて、今年は家人が体調不良のため私だけ電車で行きました。
 墓地は多磨霊園、古いし、広いので都心の墓地とは違って樹木が亭々とそびえています。この時期はもちろん桜が美しく彩り、、、ということで一人花見を楽しませていただきました。

c0047919_16544673.jpg
c0047919_16545318.jpg
c0047919_16550042.jpg
c0047919_16550736.jpg


by pechifeb9 | 2018-04-08 16:55 | 2014年1月~ | Comments(0)
2018年 03月 16日

カワヅザクラはもう満開

そろそろと思ってカワヅザクラを見に行ったら、なんとほぼ満開でした。
今年の春は長い足踏み状態が続いていましたが、数日の気温上昇で花々が慌てて咲きだした
ような感じです。
降りやんではいましたが雨粒が花弁に残っていて、その風情も悪くなかったようです。

c0047919_13111157.jpg
c0047919_13112354.jpg
c0047919_13113342.jpg
c0047919_13114344.jpg




by pechifeb9 | 2018-03-16 13:12 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 11月 29日

神代植物公園と深大寺 その2

植物公園と隣り合った深大寺は伝説では創建が天平5年(733)、という由緒ある古刹です。釈迦堂に奉安の銅造釈迦如来倚像は飛鳥時代後期(白鳳期)作。なんと今年9月15日付けで国宝に指定されたそうで、見学者が引きも切りませんでした。

 境内に虚子さんと草田男さんの句碑がありました。
 虚子さんの句は 遠山に日の当たりたる枯野かな
 草田男さんの句は 萬緑の中や吾子の歯生え初むる


 本堂の前のムクロジの木に実がいっぱい垂れ下がっていました。ムクロジは「お釈迦様からのおくりもの」、数珠の元になった木(実)だったそうで、和名「延命皮」、漢方薬として薬効があるそうです。

 境内を下った通りには「深大寺そば」の暖簾を掲げた店が立ち並びます。ちょうど新蕎麦の時期、その一軒に入って温かいお蕎麦をいただき、今日の深大寺散歩の幕を閉じました。


c0047919_08002242.jpg
c0047919_08003153.jpg
c0047919_08004277.jpg
c0047919_08005161.jpg
c0047919_08010885.jpg
c0047919_08011903.jpg


by pechifeb9 | 2017-11-29 08:01 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 11月 03日

ムサビ(武蔵野美術大学)の芸術祭にお邪魔

 ちょっとしたご縁でムサビの芸術祭に毎年お邪魔しています。美大だけあって催し物も飾り付けも資金稼ぎ?の出店も
見ごたえがあって楽しいのです。

 3日間の内初日の午後に行きました。アトラクションのダンスなどのパフォーマンスは時間が合わず、見られなくて残念でしたが、つまみ食い的にあちこち覗いて楽しませていただきました。


c0047919_10253801.jpg
c0047919_10254902.jpg
c0047919_10255888.jpg
c0047919_10260605.jpg
c0047919_10261724.jpg
c0047919_10262663.jpg
c0047919_10263861.jpg
c0047919_10264695.jpg


by pechifeb9 | 2017-11-03 10:27 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 10月 28日

Kanadaさんの庭市

 Kanadaさんの庭市に今年もお邪魔しました。
武蔵野美術大学の芸術祭に便乗した(ご本人の弁)という庭市も今年が3年目だとか。
 
 Kanadaさんは同じ陶芸教室に通っている仲間の一人なのですが、私などとは気合の入れ方が全然違い、今年ついにご自宅に轆轤も窯も構えてしまった人です。きちっとした仕事ぶりで私のジャマイカ流(何事もじゃ、まっ、いっかと片付ける流派?)の対極にある人、と言って堅苦しくなく、ほど良いユーモアに溢れている作品を楽しませていただきました。

c0047919_16251308.jpg
c0047919_16252143.jpg
c0047919_16252864.jpg


by pechifeb9 | 2017-10-28 16:26 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 10月 26日

秋の生り物

植物の一年はほぼ規則正しいサイクルで回っているようだ。春花をつけ、夏それを育て秋に果実となる、、、大方はそうだ。梅や桃の様に夏には実を結ぶものもあるけれ、、、どの植物もその長い歴史の中で獲得してきた”生き方”、何かしらの理由があるに違いない。
 
 市内には特産的な果実はブルーベリーぐらいなものだが、農家が畑の一角で作っているものには、栗、柿、無花果、蜜柑がある。地元産をできるだけ頂こうと時々JAショップに行っている。以前は農家の庭先販売が結構あったのだが、今は時の流れで、、、、。

 この日目にしたのは柘榴、柿、銀杏、、、銀杏は収穫が済んでしまったようで、残り物しかなかった。


c0047919_09210909.jpg
c0047919_09212002.jpg
c0047919_09212921.jpg
c0047919_09214081.jpg





by pechifeb9 | 2017-10-26 09:22 | 2014年1月~ | Comments(4)
2017年 10月 16日

大学農園にまた、、、

10日ほど前になってしまいましたが、刈り入れが済んだ頃かと思いながら農園に行きました。まずヤギさんに挨拶。最近はほぼ自由に放牧されているようです。来てから4か月程?しっかり成長していました。

 稲刈りは終わったのは一部で、一面黄金色の稲をみることができました。蕎麦の花があちこちに、、、残り短い命を繋いでいるツマグロヒョウモンがいつまでも蕎麦のまわりを飛んでいました。
 
c0047919_09404390.jpg
c0047919_09405565.jpg
c0047919_09410444.jpg
c0047919_09411351.jpg
c0047919_09412092.jpg
c0047919_09412968.jpg



by pechifeb9 | 2017-10-16 09:42 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 10月 07日

ぷっぷフェス

ユニークな名前の子どものためのイベントがあったので写真を撮りに行きました。会場は武蔵国分寺公園の大広場、主催はこの公園で、マルシェ、ワークショップ、ライブ、カフェ、バランスボールやシャボン玉、、、もちろん勝手に?芝生で寝転んだりボールで遊んだり、、、.の大賑わい。 


 わが市にはこんなに沢山子どもがいるのかと思うほど若いファミリーが楽しんでいました。


 写真2枚目、ライブで演奏されていた楽器が珍しかったのですが、はて何という名の楽器?自転車の曲乗り?をしていた人も楽しそうでした。でも難しいのでしょうね。


c0047919_16442568.jpg
c0047919_16443550.jpg
c0047919_16444592.jpg
c0047919_16445527.jpg
c0047919_16450490.jpg
c0047919_16451362.jpg
c0047919_16452689.jpg
c0047919_16453847.jpg
c0047919_16454952.jpg



by pechifeb9 | 2017-10-07 16:46 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 10月 04日

ツリバナ

 数年前に見つけたツリバナの木、、、以来毎年秋になると撮りに行く。垂れ下がった真っ赤な実が可愛い。

 ニシキギ科ニシキギ属とのことでニシキギ、マユミがお仲間、日本中で見られる木のようだ。果実が割れると現れる種子は仮種皮に包まれ、なかなか 離れず、鳥に食べられるのを待っている。去年はカメムシが群がっていて、ちょっと引いたけれど、、、。
 
 実を言えばマユミが好きな私、果皮がピンクでとても美しい。近くの雑木林に大木があって毎年楽しませてくれていたのだが、切られてしまってもう見られない。


c0047919_09064856.jpg
c0047919_09065776.jpg
c0047919_09070560.jpg



by pechifeb9 | 2017-10-04 09:07 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 10月 02日

大学農園の秋

 そろそろお米が実る頃、と大学農園へ行きました。稲穂は頭を垂れていて、イナゴやバッタが飛ぶ姿も見られたのでそろそろ刈り入れの時期でしょう。
 あのヤギさんたちにも会って来ました。この日は祭日だったせいか小屋の中で静かに休んでいましたが、子ヤギの角も心なしか少し伸びたよう、、、。
 秋の日差しの中、終わりかけのキバナコスモスの上を少々翅の痛んだチョウが数頭、、、、残りの日々を懸命に生きているように思われました。


c0047919_16432033.jpg
c0047919_16433082.jpg
c0047919_16434168.jpg
c0047919_16434957.jpg


by pechifeb9 | 2017-10-02 16:44 | 2014年1月~ | Comments(0)