カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 14日

忍野八海と浅間神社 その1

 このところ少々取り込んでいて、アップが大幅に遅れてしまい、実際には10日ほどの前の記録ですが、、、

 雪を見たくて友人と忍野八海まで出かけました。運よく快晴に恵まれ、傘雲を置いた霊峰はその襞までくっきりと美しい姿を見せ、水底まで透き通った池を廻る道には数日前に降った雪が美しく映えて、期待以上の光景でした。
 
 ゆっくり散策して、まだ時間があったので「ほうとう」を昼食に頂き、「浅間神社」へと向かいました。
                                               その2へ、、、。


c0047919_18095407.jpg
c0047919_18100027.jpg
c0047919_18100834.jpg
c0047919_18102201.jpg
c0047919_18102906.jpg



# by pechifeb9 | 2019-02-14 18:11 | Comments(0)
2019年 02月 07日

深川散策 その2

 深川江戸資料館は清澄庭園から5分ほどで、江戸時代後期?の佐賀町の街並みを再現したそうで、ボランティアガイドさんが説明をして下さり、質問にもたちどころに答えて下さるのがうれしかったです。時代劇ドラマを見るのにとても参考になりそうで、、、。


 芭蕉記念館は徒歩20分ほどで到着、事前に申し込んであった10人ほどのグループに学芸員さんのガイドが付き、頂いた資料に沿っての解説ではありましたが、とても参考になりました。


 記念館を出ればすぐ横には隅田川に掛かる新大橋、実は私の出生地はその近く、もちろん記憶はありませんが、そこで関東大震災で被災した祖父母、母は命からがら橋を渡ったと聞いています。いろいろなことに思いを馳せた楽しい一日でした。


c0047919_19454324.jpg
c0047919_19455936.jpg
c0047919_19460638.jpg
c0047919_19461278.jpg
c0047919_19463110.jpg
c0047919_19463724.jpg
c0047919_19464592.jpg
c0047919_19471002.jpg
c0047919_19471777.jpg
c0047919_19472450.jpg
c0047919_19473175.jpg





# by pechifeb9 | 2019-02-07 19:49 | Comments(0)
2019年 02月 06日

深川散策 その1

 かねてから行きたいと思っていた芭蕉記念館で、「歳時記と季語にみる俳句」という企画展があったので、清澄庭園と深川江戸資料館の3か所を回るツアーを催行しました。

 清澄庭園は岩崎彌太郎氏が明治13年に開いた「深川親睦園」が母体、隅田川の水を引いた池、全国から取り寄せた名石を配した「回遊式林泉庭園」で、関東大震災の折には多くの避難民の命が救われ、大邸宅は殆ど倒壊しましたが、敷地の半分が東京市に寄付されて「清澄庭園」として整備、開園したそうです。約半分とは言っても、名石を鑑賞しつつ回れば小一時間ほどを要する広さで、池に浮かぶ冬鳥の姿がこの季節らしくてなかなかのものでした。


 丁度お昼時になったので深川江戸資料館に入る前に「深川めし」の昼食。元は漁師の日常食、ぶっかけタイプだったようですが、ここのは炊き込みご飯で、浅利がこれでもかというほど入っていて、庶民の味を堪能しました。 → その2へ。


c0047919_09405009.jpg
c0047919_09405994.jpg
c0047919_09410745.jpg
c0047919_09411804.jpg
c0047919_09412605.jpg
c0047919_09413317.jpg
c0047919_09414077.jpg
c0047919_09414915.jpg
c0047919_09415573.jpg
c0047919_09420468.jpg






# by pechifeb9 | 2019-02-06 09:43 | Comments(0)
2019年 01月 31日

”染付展”と東御苑

 出光美術館で開催中の”染付展”を見てきました。この展では世界で初めて染付を発明したと考えられるオリエントの紀元前のものと思われる器物、中国で14世紀の元代後期に起こった景徳鎮窯で急速に完成度が上がった染付磁器の数々、それらが世界各地に輸出されてベトナム、日本、朝鮮半島で従来の技法で形や文様をまねたものが創り出された経緯、、、その勢いはやがて世界規模になり特に日本の染付はヨーロッパに輸出されるようになり、イタリアやオランダの近代陶芸の一つの柱となった、という流れが展観できてとても興味深かったです。(なお、写真は一切禁止)


 じっくり拝見した後、帰るにはもったいないので東御苑まで足を延ばしました。梅林はまだ殆ど咲いていませんでしたが、葉を落とした木々が凛と立ち、その幾つかには冬芽が春への準備をしているのが見て取れて、この季節らしさを楽しめました。



c0047919_08541327.jpg
c0047919_08542171.jpg
c0047919_08542924.jpg
c0047919_08543786.jpg
c0047919_08544625.jpg
c0047919_08545321.jpg
c0047919_08550093.jpg
c0047919_08550695.jpg
c0047919_08551575.jpg
c0047919_08552170.jpg





# by pechifeb9 | 2019-01-31 08:56 | Comments(1)
2019年 01月 27日

冬池のカモたち

 病院へ行く途中、池を覗いてみました。昼頃までは日当たりが良いためか池は案外暖かくてカモたちもよく動いています。
 カメラマンが一人、そこへご近所おばさんがパンを撒き始めました。この季節、餌があまりないようでカモたちは争って食べています。餌やり禁止なのだけどなぁと思いながらも注意はできず、欄干に乗っておねだりするシーンを撮ってしまいました。私は共犯者なのか、、と複雑な思いを抱えながら、、、。


c0047919_10314875.jpg
c0047919_10315679.jpg
c0047919_10321881.jpg
c0047919_10322791.jpg
c0047919_10323617.jpg






# by pechifeb9 | 2019-01-27 10:33 | Comments(0)
2019年 01月 23日

冬の新宿御苑

 昔の仕事仲間数人と会うことになり都心まででかけました。少し早めに出て新宿御苑の冬をカメラ散歩。さすがの御苑もいたって静かな冬の佇まい、それも悪くありませんでしたが、花はスイセンと寒桜ぐらいだったので結局温室で大半の時を過ごしました。

 温室はそれぞれの環境に合うように管理されているのだから当然ですが、日頃見られない花々を見たり撮ったりするのは楽しかったです。

c0047919_09425766.jpg


c0047919_09430580.jpg
c0047919_09431473.jpg
c0047919_09432128.jpg
c0047919_09433147.jpg
c0047919_09433805.jpg
c0047919_09434819.jpg
c0047919_09435687.jpg
c0047919_09440326.jpg






# by pechifeb9 | 2019-01-23 09:44 | Comments(0)
2019年 01月 20日

都立多摩図書館にて

 病院からの帰途都立多摩図書館に寄ったら、展示スペースで「ACE アートキャラバン展2018 未来へ・心ゆさぶる色・形」というのをやっていました。昨年度東京都の全特別支援学校に通う子供たちの応募作品の中から選ばれた50点の中から会場に合わせて20-30点を展示しているとのこと。

 特別支援学校はその障害(視覚障害、聴覚障害、知的障害者、肢体不自由者、または病弱者)に応じて、幼、小、中、高校に準ずる教育が行われていると聞きますが、子供たちの能力を引き出し、伸ばすことはいかに大変なことか私には想像もできません。それなのに、ここに展示されている作品のなんと素晴らしいことか。多くの中から選ばれたということを別にしても、私などのはるかに及ばない創造性豊かな作品の数々に圧倒されて、「障害」とは何か、人の能力とは何をもってはかるべきなのか、、、、考えながら撮らせていただいただきました(撮影は許可)。



c0047919_17472101.jpg
c0047919_17473254.jpg
c0047919_17473912.jpg
c0047919_17474613.jpg
c0047919_17475322.jpg
c0047919_17480349.jpg






# by pechifeb9 | 2019-01-20 17:48 | Comments(0)
2019年 01月 16日

熊野神社のどんど焼き

 毎年恒例の熊野神社のどんど焼きに今年も行きました。

 どんど焼きは小正月に行われる火祭りの行事で、竹を組んだところへその年飾った門松や注連飾りを持ち寄って焼き、その火で焼いた餅などを食べて無病息災を願う伝統行事です。民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされるそうです。


 市街地ではだんだん行われなくなっていると聞きますがここでは健在、消防車が3台ほど見守る中、滞りなく行われています。それほど風はなくても火勢が風を巻き起こすのでしょう、長い竹竿の先につけたお団子を火にかざすのも一苦労、、、そのお団子を境内のあちこちで食べている人たちの和やかな様子などを撮らせていただき、家人の回復を祈願して熊野神社を後にしました。


c0047919_09521296.jpg
c0047919_09521901.jpg
c0047919_09522594.jpg
c0047919_09523255.jpg





# by pechifeb9 | 2019-01-16 09:53 | Comments(0)
2019年 01月 13日

川越散策その2

 この町は何度か来ているので凡その地図は頭にあり、喜多院からぶらぶらと大正浪漫夢通りと熊野神社にも立ち寄って、k蔵造りの街並みになっている「一番街商店街」へは迷わず到着しました。

 新春気分の残る商店街は老若男女、外国人観光客、、、で溢れて壮観。和服の人も見られ(もっとも殆どがレンタル着物を楽しむ外国人ですが)、江戸時代へのプチタイムスリップ感満載です。

 ここに蔵造りの店が立ち並んだ背景には何度か川越を襲った大火とそれを乗り越えた人々の知恵と負けじ魂があったようです。現に商店の一つで国の重要文化財である大沢家住宅ではその構造を見ることができます。厚い漆喰の壁、開口部の二重構造、、、などにその優れた耐火性が見て取れました。さらに感じ入ったのは「歴史的遺産」でありながら商店として現役なこと、それはこの店ならずこの通りの殆どすべての店が大勢の観光客を集め、今なお繁栄している、その逞しさでした。



c0047919_09411893.jpg
c0047919_09412598.jpg
c0047919_09413659.jpg
c0047919_09414331.jpg
c0047919_09415327.jpg
c0047919_09415991.jpg
c0047919_09420799.jpg
c0047919_09421481.jpg
c0047919_09422279.jpg
c0047919_09422893.jpg





# by pechifeb9 | 2019-01-13 09:43 | Comments(0)
2019年 01月 10日

川越散策その1

介護を「お休み」しているといかに運動不足なのか思い知らされ(全然お腹が空かない)、こりゃまずいと出かけることにしました。被写体がたくさんあって、往復の時間がそれほどかからず、数キロは歩ける、、、、この条件にぴったりなのが川越です。

 家を出て一時間半後には本川越の駅、コースを中院→喜多院→蔵の街として、どこかで昼食のつもりで、、、。
 中院は平安時代の創建、川越大火で焼失後享保年間に本堂再建、、、と立派なお寺なのですが、参詣人は意外なほど少なく、敷石も松の大樹も清澄な気に包まれていて、とても気持ちが良かったです。

 門をでて10分足らずで喜多院に着きました。天下の喜多院、三が日は過ぎたのにテントが幾十も並び、参詣人の長蛇の列、、、その賑わいはさすが。境内の一角に「だるま納所」があって、だるまがうず高く積まれていました。毎年繰り返される光景なのでしょう、人々のささやかな願い事を託されただるまさんたちはそのお役目を果たして?新年の光の中で輝いていました。

 その後、1,2か所回って蔵の街へ、、、と。                    (その2へ)

c0047919_18443649.jpg
c0047919_18444396.jpg
c0047919_18445310.jpg
c0047919_18450003.jpg
c0047919_18450741.jpg
c0047919_18451551.jpg
c0047919_18452609.jpg


# by pechifeb9 | 2019-01-10 18:46 | Comments(0)
2019年 01月 08日

孫とカメラ

 一人お正月の私、娘宅に泊って6歳の男孫と添い寝、蹴とばされながらも寝息を可愛く思いつつ、熟睡でした。

 翌日、自由に撮っていいよとカメラを渡すと、おちゃらけキャラの孫も真剣な表情であれこれ撮っていました。結構上手いとはばばばかの評価ですが、写真に興味を持ってくれるのが嬉しいです。

 私もいつの間にか撮られていました。年はもろに出ていますがそんなことは苦ではないのです。デジタル時代になってカメラが画像加工をしてくれるのは確かですが、人物写真にはその人の今が写っているもの、だと思っていますから。

 最後の一枚は「動くものが撮りたい」というので私がそろそろと動かしてやったもの、車が辛うじて画角に収まって嬉しそうでした。




c0047919_11454618.jpg
c0047919_11460406.jpg
c0047919_11461688.jpg
c0047919_11463005.jpg
c0047919_11465604.jpg




# by pechifeb9 | 2019-01-08 11:53 | Comments(0)
2019年 01月 06日

梅がちらほら

熊野神社から少し行ったところの畑に梅の木が2本あります。毎年早くに花をつけるので、行ってみました。一本はまだ蕾が固く、今年は遅いのかなと思ったらもう一本の方に10ばかりの花が咲いていて、びっくり。
 何年か前、ご当主がいらして、以前はお正月用に出荷したりもしていたとの話でしたが、今はひっそりと、、、、。


 梅には大きく分けて「花梅(早咲きで12月下旬から開花)」と「実梅(2月から3月開花)」があるそう、特に早く咲く品種に「冬至梅」というのがあるようで、この梅はそれなのかもしれません。
   ほつほつと誰に呼ばるる冬の梅    遥夢

c0047919_09052913.jpg
c0047919_09053798.jpg




# by pechifeb9 | 2019-01-06 09:06 | Comments(0)
2019年 01月 01日

初詣

家人の見舞いの帰り路、地元の熊野神社へ初詣に、、、。晴天に恵まれ、暖かいほどの穏やかなお正月とあってか参詣の列が長いこと!

快癒を願い、数枚写真を撮って帰宅しました。さて、いただいたお年賀状を読ませていただくとしようかな。


 皆様、あけましておめでとうございます。
 今年もご厚誼のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



c0047919_16392338.jpg


c0047919_16393144.jpg
c0047919_16393849.jpg





# by pechifeb9 | 2019-01-01 16:40 | Comments(0)
2018年 12月 31日

日々の写真から

 今年も慌ただしく暮れようとしています。慌ただしいの中身はたかが知れていますが、その実感の背景は何であったかと思うと、やはり愛犬の死と家人の入院、、、、あまり良い年ではなかったようです。


 年が変わったからと言って状況が変わらないのは当然のことですが、それでも上を向いて歩こうとは思います。おっと、躓いて自分が入院などにならぬよう、気を付けながら、ね。


 写真はぼちぼち。あるお宅のロウバイが咲き始めました。マンゲツロウバイという種類で早咲き、そして市役所の一角にはひと群れのスイセンが冬の日差しを浴びて気持ちよさそうに揺れていました。それらの「黄色」に励まされて寒風の中、チャリを走らせました。


c0047919_12025796.jpg
c0047919_12030400.jpg
c0047919_12031160.jpg
c0047919_12031976.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-31 12:04 | Comments(0)
2018年 12月 29日

農園の”小さな春”

 昼を挟んで駅近くで用足しをした後、大学農園へ行ってみました。知り合いの職員さんが最後の?農作業をしていらして、ヤギたちをお借りしていた農工大へお返ししたと聞き、ちょっとがっかり。

 農園の一角、竹林が風よけになっているあたりにもうオオイヌノフグリやホトケノザの可憐な花が見られました。菜の花は一月も早く咲きだしたそう。期待したロウバイはまだ殆どが蕾でしたが、コブシの冬芽が逆光に美しく輝いています。寒さはこれから本格的になるというのに、植物にはそれぞれに備わった成長の速度があって、この木はもう春への準備を始めたのでしょうね。



c0047919_09371192.jpg
c0047919_09371899.jpg
c0047919_09372563.jpg
c0047919_09373166.jpg
c0047919_09373979.jpg
c0047919_09374605.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-29 09:38 | Comments(0)
2018年 12月 27日

暮の銀座

 常用のミラーレス機に不具合があって銀座にあるサービスセンターへ行きました。修理というほどでもなく、あっという間に終わり、久しぶりに銀座を散歩。街はクリスマス前日の祭日で結構な賑わい、それでも節度ある感じはやはり銀座だと感じます。

 少々の買い物をした後数年前にできた GINZA SIXに入り、クリスマスディスプレイを楽しみながら6Fの蔦屋書店へ。
イマドキの書店は本を単に並べ販売するだけではなく特色を打ち出そうとしているようですが、ここは本を結節点としてアートと日本文化と暮らしをつなぎ、アートのある暮らしを提案するというコンセプトの元、広大なスペースを持つ個性的な書店と聞いていたので、興味がありました。

 この日は野原邦彦氏による木彫制作の実演が見られ、そのポップな作品のいくつかも展示されていて、楽しませていただきました。
 この書店は撮影自由と表示されています。撮るのも自由、撮られるのも諒解済み、こんな店が増えてくれると良いな。


c0047919_16300456.jpg
c0047919_16301127.jpg
c0047919_16301979.jpg
c0047919_16302630.jpg
c0047919_16303601.jpg
c0047919_16304390.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-27 16:31 | Comments(0)
2018年 12月 23日

”江戸絵画の文雅展”へ

 少し気持ちを引き立てようと友人を誘って出光美術館で開催中の”江戸絵画の文雅展”へ行ってきました。五部構成で「孤高の美学ー大雅・蕪村の競演」から琳派の絵、禅画、王朝文化への憧憬、、など江戸期の多様な日本美術作品を堪能しました。

 外へ出るころは雨も止んだのでそのあたりを散歩、ランチを共にしながらここ数年会わなかった間の近況や、今共通の趣味になった俳句のことなど話しているうちにあっという間に時がたってしまいました。古き良き友達を持つことのありがたみをしみじみと感じたことでした。


c0047919_11192877.jpg
c0047919_11193591.jpg
c0047919_11194207.jpg
c0047919_11195079.jpg






# by pechifeb9 | 2018-12-23 11:20 | Comments(0)
2018年 12月 21日

冬のしつらえの殿ヶ谷戸庭園

 紅葉の美しさで知られる殿ヶ谷戸庭園、毎年写真するのを楽しみにしているのですが、今年はタイミングを逸してしまい、「散紅葉」の姿しか見られませんでした。
 庭にはこの時期らしく雪つりが立ち、小道には散り敷いた紅葉、、、思いがけない家人の入院で、慌ただしさに追いまくられているうちに師走も残すところあと10日、年用意と言っても毎年殆どしていないのですが、気持ちがついていかない今日この頃。

c0047919_09011599.jpg
c0047919_09012193.jpg
c0047919_09012852.jpg
c0047919_09013837.jpg
c0047919_09014600.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-21 09:02 | Comments(0)
2018年 12月 19日

クリスマスコンサート@聖母病院

娘が所属する女性コーラスグループが出演するクリスマスコンサートを聴きに行きました。主催は梅津香織さんというソプラノ歌手の方で合唱指導を10年ほど前から受けているそう。


 日本の歌曲から始まり、会場の子供たちも加わっての一曲を挟んで数曲の合唱曲を聴かせていただいて、家人の入院先病院へと急ぎました。



c0047919_19354368.jpg
c0047919_19355046.jpg
c0047919_19355784.jpg
c0047919_19360320.jpg



# by pechifeb9 | 2018-12-19 19:36 | Comments(0)
2018年 12月 15日

墓参で浅草

年末恒例の実家の墓参に浅草まで。時期外れの墓地は誰もいなくて寂しい感じですが、古びた墓石に手を合わせ、護持会費を納めて終わりです、、、、。この後回るところがあるので浅草寺、仲見世を通りがてら何枚か写真して地下鉄浅草駅へ、、、と。


浅草は以前にもまして外国人観光客の姿があふれ、参拝する姿が見られました。他国の宗教を信じてもいないでしょうに、郷に入ってはなんとやら、なのでしょうか。布教活動をする僧侶さんの姿も恒例の風景、、、喜捨する人は稀なようですが。今の時代、宗教は人々にとってどういう存在?なのか、考えるともなく考えながら仲見世の雑踏を通り抜けました。



c0047919_11481152.jpg
c0047919_11482110.jpg
c0047919_11483010.jpg
c0047919_11484158.jpg
c0047919_11484818.jpg






# by pechifeb9 | 2018-12-15 11:49 | Comments(0)
2018年 12月 13日

ご近所紅葉

数年前に知って、毎年紅葉を楽しみにしている農園があり、いつだったかご当主に色々話を聞かせていただいて、以来、自由に撮らせていただいています。他の植木ももちろんありますが、楓の生産が主力で、種類は「さて、どんくらいあるじゃろ」と言うほど。ただ、当然ながら商品なので、私のお気に入りの一本が無くなってしまっていることもありますが。

今年は気温が高く推移しているのであまり発色は期待できないと思いながら行ったら、運よくご当主がおられ、たわわな柚子の一枝を頂戴までしてしまいました。台風の影響があったようで、特に欅は落葉が激しく、楓も葉先から枯れてしまうそう。それでも緑から赤のカラーバリエーションを見せている紅葉を愛でつつ、何枚か撮らせていただきました。





c0047919_20073007.jpg

c0047919_20073650.jpg

c0047919_20074279.jpg

c0047919_20074866.jpg

c0047919_20075461.jpg

c0047919_20080156.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-13 20:09 | Comments(0)
2018年 12月 10日

アトリエ エンメの作陶展

  以前陶芸を教えていただいていたマヌエル氏の突然の逝去から早や4年、、、その薫陶を受けた平野 眞紀子さんが引き継がれた陶芸教室の初めての作陶展がこの週末、開かれたので伺ってきました。
  今回の出品者は先生ほか2名、皆かつての陶芸仲間、、、私は別の教室で細々と作陶していますが、平野先生は独自の境地を開かれ、オリジナルの釉薬を施した美しいターコイズブルーの器をはじめ、可愛らしい小品までセンスあふれる作品は目を見張るものがありました。

  生徒お二人の作品もそれぞれにその人らしい個性あるバラエティ豊かな器の数々、、、かつての仲間だという気安さもあって、すっかり話が弾み、楽しいひとときでした。


  なお、お教室では会員を募集中とのことで、詳しくは、、
HP https://atelier-emme.jp/
FB https://www.facebook.com/atelier.emme.ceramica/


c0047919_11002475.jpg
c0047919_11003226.jpg
c0047919_11003823.jpg
c0047919_11004588.jpg
c0047919_11005359.jpg
c0047919_11010006.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-10 11:01 | Comments(0)
2018年 12月 08日

初冬の武蔵国分寺公園

先日、クラフトヴィレッジに行く途中で武蔵国分寺公園に立ち寄ってみたら、銀杏が黄色く色づき、ようやく初冬の雰囲気になった公園にはジョギングを楽しむグループやボール遊びの子どもたち、犬を遊ばせる人たちなどが、小春日和を楽しんでいました。


 公園のあちこちに見慣れないオブジェがありました。隣市にある武蔵野美術大学の学生の作品らしく、公園のちょっとしたアクセントになっていました。


c0047919_08255839.jpg
c0047919_08260510.jpg
c0047919_08261126.jpg
c0047919_08261917.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-08 08:27 | Comments(0)
2018年 12月 07日

内山画伯との会食会

中学校時代、美術担当であった内山孝先生を囲む会に誘われて出かけました。同級生だったU君が趣味で先生のご指導を受けていて、その縁で毎年この時期に集まっているとのことで私は今回初めて出席しました。


 内山先生は96歳、今年も日展に出品されている”生涯現役”の洋画家。教鞭を取られていた30代、日展入選を機に教壇を去られて独立され、以後長年日本の洋画界の重鎮として活躍されています。来年も出品を予定されている由。私たちとの年齢差18歳ほど、、、それこそ”ぼ~っと生きてんじゃねぇよ”と言われそうな、気迫と情熱に圧倒されたことでありました。


(写真、左側最奥が内山先生、後は国立駅周辺のスナップ)


c0047919_10402659.jpg
c0047919_10403351.jpg
c0047919_10403978.jpg
c0047919_10404995.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-07 10:41 | Comments(0)
2018年 12月 02日

初冬のキャンパス

 小春日和の一日、大学キャンパスの初冬を撮りにいきました。銀杏並木は黄葉がイマイチだったのですぐに農園に回ると田んぼに稲架掛けの一部が残り、畑には秋蕎麦の花、、、これが初冬?という感じではありました。

 そして、いつものヤギさん、2頭ともまるまる太って、ややメタボ?の感じ。でも、本来のヤギの体形を知らないので、無責任なことは言いっこなし、よね。

c0047919_11585670.jpg
c0047919_11590451.jpg
c0047919_11591223.jpg
c0047919_11591826.jpg
c0047919_11592474.jpg
c0047919_11593256.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-02 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 01日

晩秋から初冬へ

忙しくしているうちにいつの間にか季節は初冬へと移っています。

チャリ走行中に見かけた茶の花。去年、近くの広大な農地が売られて、茶の垣根がきれいさっぱり消えてなくなってしまいましたが、別の所でその白く可愛い花を見つけてほっとしています。


JAのガーデンでは「小さい紅葉」みっけ。朝夕寒くなってきたこの季節には赤みを帯びてくる草木の葉の色が温かく,優しく感じられます。

c0047919_08565260.jpg
c0047919_08565881.jpg
c0047919_08570553.jpg
c0047919_08571100.jpg
c0047919_08571748.jpg






# by pechifeb9 | 2018-12-01 08:58 | Comments(0)
2018年 11月 28日

”クラフトヴィレッジ”へお邪魔

先週末、市内数か所で開かれたイベント・”ぶんぶんウォーク”、その中の”クラフトヴィレッジ”に遊びに行きました。

会場の児童公園一杯に沢山のテントが立ち、手工芸関係の創作作品などを展示販売、キッチンカーも2台ほど出て、好天に恵まれたこともあって、沢山のお客様が来てくださった模様です。

私が通っている陶芸教室の生徒数人と先生の出品もあって、おしゃべりも楽しみ、ぼちぼち写真も撮らせてもらって、良い時間を過ごしました。



c0047919_11351633.jpg
c0047919_11352418.jpg
c0047919_11353818.jpg
c0047919_11354659.jpg
c0047919_11355532.jpg
c0047919_11361346.jpg
c0047919_11363936.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-28 11:37 | Comments(0)
2018年 11月 16日

お鷹の道散策

秋晴れの午後のひととき、お鷹の道をぶらぶらしました。晩秋とは言え日差しは強く、農家さんの庭先には彩りよく秋の果物、野菜が並んでいます。柿、柘榴、パッションフルーツが目を引きましたが、ポップコーン用の干しトウモロコシをお土産に。一本でボウルに溢れるほどできるそうで、楽しみ!


小流れ沿いの道にはホトトギスやリンドウ、、、、アジサイもまだ咲き残って、眼を楽しませてくれました。



c0047919_15131089.jpg
c0047919_15131725.jpg
c0047919_15132792.jpg
c0047919_15133518.jpg
c0047919_15134854.jpg
c0047919_15135974.jpg
c0047919_15140804.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-16 15:14 | Comments(0)
2018年 11月 14日

庭市と芸祭

前の日曜日、陶芸教室仲間のKさんの”庭市”にお邪魔し、ついでにその少し先の武蔵野美術大学の芸術祭を見に行きました。

Kさんの作品は楽しいフォルムと少し抑えた彩色で独特のセンス、丁寧な仕上げで手元に置いて楽しんでいるファンも多く、この日も幾つもの作品が彼女の元から旅立って行ったようです。


美大の芸術祭は年ごとのテーマで、今年は”アート・マハル”とか。芸術色の濃い、見ごたえのある展示が楽しかったです。この中から未来の大物が輩出することになるのだろうな、と思いながら会場を後にしました。


c0047919_14230415.jpg
c0047919_14231412.jpg
c0047919_14232212.jpg
c0047919_14232972.jpg
c0047919_14233722.jpg
c0047919_14234604.jpg
c0047919_14235844.jpg
c0047919_14241163.jpg









# by pechifeb9 | 2018-11-14 14:25 | Comments(0)
2018年 11月 06日

池の秋

 久しぶりに池に行くとマガモもオシドリも来ていましたが、オシドリは今年もオスだけ、、、同じ鳥なのか一羽だけのご来訪、鴛鴦の契りという言葉があるようですが、それほど”つがい率”は高くないのかしらん。


 近くの保育園児たちのお散歩タイムらしく、つぶらな沢山の瞳でどんぐりや水鳥たちを見つめているのが可愛かったです。


 帰宅して“ひとりランチ”、近くにこじんまりしたお弁当屋さんが開店しました。小ぶりの松花堂弁当のような一品は質量ともに結構で、リピーターになりそうです。


c0047919_10444384.jpg
c0047919_10445566.jpg
c0047919_10450805.jpg
c0047919_10451768.jpg
c0047919_10452534.jpg
c0047919_10453212.jpg
c0047919_10454214.jpg
c0047919_10455146.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-06 10:46 | Comments(0)