カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 18日

日立中央研究所の庭園開放

春と秋、それぞれ一日限定で行われる日立中研の庭園開放、今年はグッドタイミングで、素敵なお花見となりました。桜は数種あり、ソメイヨシノに代わって開花時期のやや遅い種がちょうど満開、御衣黄は開きかけという状態でした。もちろんそれらは美しかったですがそれよりも新緑の初々しさに目を奪われました。

  ここは昭和17年の設立とあって樹木はよく育っており、野鳥の種も豊か、崖線からの湧水や大池を中心とした高低差のある敷地は武蔵野の姿そのもの、といった恵まれた環境を維持するのはさぞ大変なことでしょうが、創立者の意思を固守していつまでもこの姿を残してほしいものだと思います。
c0047919_14363860.jpg

c0047919_14364785.jpg
c0047919_14365386.jpg
c0047919_14370551.jpg
c0047919_14371541.jpg
c0047919_14372168.jpg
c0047919_14373588.jpg
c0047919_14374326.jpg
c0047919_14374938.jpg
c0047919_14380125.jpg
c0047919_14381011.jpg




by pechifeb9 | 2018-04-18 14:39 | Comments(0)


<< 春の子どもたち、、、孫も来て      史跡公園の桜と子どもたち >>