カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 16日

滄浪泉園で最後の紅葉

紅葉も見納めの時期となったので、隣市にある滄浪泉園に行ってきました。ここはひっそりとした地味な庭園で、いつ来ても数人の人しか見かけません。

 元々は明治大正期に実業・外交・国会議員を歴任した方の別荘で当初33000㎡余りあったのですが所有者の変転とともに宅地化の波に洗われ今では1/3程になってしまっているそうです。それでも武蔵野の面影を十分とどめていて、鬱蒼と茂る樹林、沢山の野鳥、湧水の池、多くの野草、、、、と貴重な自然の姿を見せてくれます。

 紅葉は最後の輝きを見ることができ、一角にある水琴窟に近寄ると微かな琴のような音が楽しめました。冬は陽が傾くのが早く、池の周辺は数か所に陽が射しているばかりでした。

 今年も沢山のすばらしい紅葉たちに出会えました。楽しませてくれてありがとう!
c0047919_1711562.jpg
c0047919_1712382.jpg
c0047919_171326.jpg
c0047919_1714152.jpg
c0047919_1714833.jpg


by pechifeb9 | 2014-12-16 17:01 | 2014年1月~ | Comments(0)


<< JAの冬の感謝祭      国分寺環境まつり >>