カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 15日

墓参で浅草

年末恒例の実家の墓参に浅草まで。時期外れの墓地は誰もいなくて寂しい感じですが、古びた墓石に手を合わせ、護持会費を納めて終わりです、、、、。この後回るところがあるので浅草寺、仲見世を通りがてら何枚か写真して地下鉄浅草駅へ、、、と。


浅草は以前にもまして外国人観光客の姿があふれ、参拝する姿が見られました。他国の宗教を信じてもいないでしょうに、郷に入ってはなんとやら、なのでしょうか。布教活動をする僧侶さんの姿も恒例の風景、、、喜捨する人は稀なようですが。今の時代、宗教は人々にとってどういう存在?なのか、考えるともなく考えながら仲見世の雑踏を通り抜けました。



c0047919_11481152.jpg
c0047919_11482110.jpg
c0047919_11483010.jpg
c0047919_11484158.jpg
c0047919_11484818.jpg






# by pechifeb9 | 2018-12-15 11:49 | Comments(0)
2018年 12月 13日

ご近所紅葉

数年前に知って、毎年紅葉を楽しみにしている農園があり、いつだったかご当主に色々話を聞かせていただいて、以来、自由に撮らせていただいています。他の植木ももちろんありますが、楓の生産が主力で、種類は「さて、どんくらいあるじゃろ」と言うほど。ただ、当然ながら商品なので、私のお気に入りの一本が無くなってしまっていることもありますが。

今年は気温が高く推移しているのであまり発色は期待できないと思いながら行ったら、運よくご当主がおられ、たわわな柚子の一枝を頂戴までしてしまいました。台風の影響があったようで、特に欅は落葉が激しく、楓も葉先から枯れてしまうそう。それでも緑から赤のカラーバリエーションを見せている紅葉を愛でつつ、何枚か撮らせていただきました。





c0047919_20073007.jpg

c0047919_20073650.jpg

c0047919_20074279.jpg

c0047919_20074866.jpg

c0047919_20075461.jpg

c0047919_20080156.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-13 20:09 | Comments(0)
2018年 12月 10日

アトリエ エンメの作陶展

  以前陶芸を教えていただいていたマヌエル氏の突然の逝去から早や4年、、、その薫陶を受けた平野 眞紀子さんが引き継がれた陶芸教室の初めての作陶展がこの週末、開かれたので伺ってきました。
  今回の出品者は先生ほか2名、皆かつての陶芸仲間、、、私は別の教室で細々と作陶していますが、平野先生は独自の境地を開かれ、オリジナルの釉薬を施した美しいターコイズブルーの器をはじめ、可愛らしい小品までセンスあふれる作品は目を見張るものがありました。

  生徒お二人の作品もそれぞれにその人らしい個性あるバラエティ豊かな器の数々、、、かつての仲間だという気安さもあって、すっかり話が弾み、楽しいひとときでした。


  なお、お教室では会員を募集中とのことで、詳しくは、、
HP https://atelier-emme.jp/
FB https://www.facebook.com/atelier.emme.ceramica/


c0047919_11002475.jpg
c0047919_11003226.jpg
c0047919_11003823.jpg
c0047919_11004588.jpg
c0047919_11005359.jpg
c0047919_11010006.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-10 11:01 | Comments(0)
2018年 12月 08日

初冬の武蔵国分寺公園

先日、クラフトヴィレッジに行く途中で武蔵国分寺公園に立ち寄ってみたら、銀杏が黄色く色づき、ようやく初冬の雰囲気になった公園にはジョギングを楽しむグループやボール遊びの子どもたち、犬を遊ばせる人たちなどが、小春日和を楽しんでいました。


 公園のあちこちに見慣れないオブジェがありました。隣市にある武蔵野美術大学の学生の作品らしく、公園のちょっとしたアクセントになっていました。


c0047919_08255839.jpg
c0047919_08260510.jpg
c0047919_08261126.jpg
c0047919_08261917.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-08 08:27 | Comments(0)
2018年 12月 07日

内山画伯との会食会

中学校時代、美術担当であった内山孝先生を囲む会に誘われて出かけました。同級生だったU君が趣味で先生のご指導を受けていて、その縁で毎年この時期に集まっているとのことで私は今回初めて出席しました。


 内山先生は96歳、今年も日展に出品されている”生涯現役”の洋画家。教鞭を取られていた30代、日展入選を機に教壇を去られて独立され、以後長年日本の洋画界の重鎮として活躍されています。来年も出品を予定されている由。私たちとの年齢差18歳ほど、、、それこそ”ぼ~っと生きてんじゃねぇよ”と言われそうな、気迫と情熱に圧倒されたことでありました。


(写真、左側最奥が内山先生、後は国立駅周辺のスナップ)


c0047919_10402659.jpg
c0047919_10403351.jpg
c0047919_10403978.jpg
c0047919_10404995.jpg




# by pechifeb9 | 2018-12-07 10:41 | Comments(0)
2018年 12月 02日

初冬のキャンパス

 小春日和の一日、大学キャンパスの初冬を撮りにいきました。銀杏並木は黄葉がイマイチだったのですぐに農園に回ると田んぼに稲架掛けの一部が残り、畑には秋蕎麦の花、、、これが初冬?という感じではありました。

 そして、いつものヤギさん、2頭ともまるまる太って、ややメタボ?の感じ。でも、本来のヤギの体形を知らないので、無責任なことは言いっこなし、よね。

c0047919_11585670.jpg
c0047919_11590451.jpg
c0047919_11591223.jpg
c0047919_11591826.jpg
c0047919_11592474.jpg
c0047919_11593256.jpg





# by pechifeb9 | 2018-12-02 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 01日

晩秋から初冬へ

忙しくしているうちにいつの間にか季節は初冬へと移っています。

チャリ走行中に見かけた茶の花。去年、近くの広大な農地が売られて、茶の垣根がきれいさっぱり消えてなくなってしまいましたが、別の所でその白く可愛い花を見つけてほっとしています。


JAのガーデンでは「小さい紅葉」みっけ。朝夕寒くなってきたこの季節には赤みを帯びてくる草木の葉の色が温かく,優しく感じられます。

c0047919_08565260.jpg
c0047919_08565881.jpg
c0047919_08570553.jpg
c0047919_08571100.jpg
c0047919_08571748.jpg






# by pechifeb9 | 2018-12-01 08:58 | Comments(0)
2018年 11月 28日

”クラフトヴィレッジ”へお邪魔

先週末、市内数か所で開かれたイベント・”ぶんぶんウォーク”、その中の”クラフトヴィレッジ”に遊びに行きました。

会場の児童公園一杯に沢山のテントが立ち、手工芸関係の創作作品などを展示販売、キッチンカーも2台ほど出て、好天に恵まれたこともあって、沢山のお客様が来てくださった模様です。

私が通っている陶芸教室の生徒数人と先生の出品もあって、おしゃべりも楽しみ、ぼちぼち写真も撮らせてもらって、良い時間を過ごしました。



c0047919_11351633.jpg
c0047919_11352418.jpg
c0047919_11353818.jpg
c0047919_11354659.jpg
c0047919_11355532.jpg
c0047919_11361346.jpg
c0047919_11363936.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-28 11:37 | Comments(0)
2018年 11月 16日

お鷹の道散策

秋晴れの午後のひととき、お鷹の道をぶらぶらしました。晩秋とは言え日差しは強く、農家さんの庭先には彩りよく秋の果物、野菜が並んでいます。柿、柘榴、パッションフルーツが目を引きましたが、ポップコーン用の干しトウモロコシをお土産に。一本でボウルに溢れるほどできるそうで、楽しみ!


小流れ沿いの道にはホトトギスやリンドウ、、、、アジサイもまだ咲き残って、眼を楽しませてくれました。



c0047919_15131089.jpg
c0047919_15131725.jpg
c0047919_15132792.jpg
c0047919_15133518.jpg
c0047919_15134854.jpg
c0047919_15135974.jpg
c0047919_15140804.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-16 15:14 | Comments(0)
2018年 11月 14日

庭市と芸祭

前の日曜日、陶芸教室仲間のKさんの”庭市”にお邪魔し、ついでにその少し先の武蔵野美術大学の芸術祭を見に行きました。

Kさんの作品は楽しいフォルムと少し抑えた彩色で独特のセンス、丁寧な仕上げで手元に置いて楽しんでいるファンも多く、この日も幾つもの作品が彼女の元から旅立って行ったようです。


美大の芸術祭は年ごとのテーマで、今年は”アート・マハル”とか。芸術色の濃い、見ごたえのある展示が楽しかったです。この中から未来の大物が輩出することになるのだろうな、と思いながら会場を後にしました。


c0047919_14230415.jpg
c0047919_14231412.jpg
c0047919_14232212.jpg
c0047919_14232972.jpg
c0047919_14233722.jpg
c0047919_14234604.jpg
c0047919_14235844.jpg
c0047919_14241163.jpg









# by pechifeb9 | 2018-11-14 14:25 | Comments(0)
2018年 11月 06日

池の秋

 久しぶりに池に行くとマガモもオシドリも来ていましたが、オシドリは今年もオスだけ、、、同じ鳥なのか一羽だけのご来訪、鴛鴦の契りという言葉があるようですが、それほど”つがい率”は高くないのかしらん。


 近くの保育園児たちのお散歩タイムらしく、つぶらな沢山の瞳でどんぐりや水鳥たちを見つめているのが可愛かったです。


 帰宅して“ひとりランチ”、近くにこじんまりしたお弁当屋さんが開店しました。小ぶりの松花堂弁当のような一品は質量ともに結構で、リピーターになりそうです。


c0047919_10444384.jpg
c0047919_10445566.jpg
c0047919_10450805.jpg
c0047919_10451768.jpg
c0047919_10452534.jpg
c0047919_10453212.jpg
c0047919_10454214.jpg
c0047919_10455146.jpg





# by pechifeb9 | 2018-11-06 10:46 | Comments(0)
2018年 11月 03日

日比谷公園で

 藪入り最終日、娘家族と日比谷公園へ。ガーデニングショーが開かれていて、コンテナーガーデンやハンギングバスケットなどの部門で美と技を競う展示が楽しめます。

 一渡り鑑賞したころ一家が到着しました。下の孫は元気いっぱいで、トンボを捕まえたり、私のカメラで辺りを撮りまくったり、、、、とまだ無邪気。

 少し気になったのは小5の娘孫、あまり体調が良くなかったせいもありましたが、目下反抗期に突入の模様で表情がなかなか晴れません。今時の子は反抗期も早く到来するらしく本人も自覚はしているようなので、そっと見守ってやらなくては。それでもランチの後ではワークショップで”作品”を仕上げ、本人なりに楽しんでいたから、まぁいいかしら。


c0047919_12501815.jpg
c0047919_12505442.jpg
c0047919_12511041.jpg
c0047919_12512340.jpg
c0047919_12513273.jpg
c0047919_12513964.jpg
c0047919_12514877.jpg
c0047919_12515557.jpg

れでもランチの後ではワークショップで”作品”を仕上げ、本人なりに楽しんでいたから、まぁいいかしら。



# by pechifeb9 | 2018-11-03 12:52 | Comments(0)
2018年 10月 31日

”旧小坂家住宅”と静嘉堂文庫美術館

友人と静嘉堂文庫美術館で開催中の”松浦武四郎展”に行きました。
幕末の北方探検家・松浦武四郎の名を知ったのはテレビの某番組ででしたが、そのバイタリティとあくなき探求心に深く感動し、この展をどうしても見たいと思ってのこと。


 当時の蝦夷地に6回も渡って調査し、地図をはじめ膨大な資料を残した人、と同時に「古物の大コレクター」でもあった、とのことで、その多彩な事績を拝見しました。コレクションの一部である川喜多半泥子の茶陶も数点展示されていて、その遊び心あふれた自由闊達な作品に魅了されてしまいました。


 その前に立ち寄った”旧小坂家住宅”は昭和12年に建てられた小坂順三氏の別邸で国分寺崖線の縁辺部に建ち、斜面地の上からは多摩川も見晴るかせる素晴らしいロケーション、氏の故郷信濃の民家の面影とモダンな洋風建築とを融合させた魅力的なお屋敷で、案内の方の丁寧なご説明で、ゆっくり鑑賞できてうれしかったです。

 写真は庭に建つ庚申塚二基、月見の設え、和風洋間、電動ミシン、など。

 静嘉堂文庫美術館では「川喜多半泥子作品」のみ撮影許可。


c0047919_11051793.jpg
c0047919_11053971.jpg
c0047919_11052612.jpg
c0047919_11055053.jpg
c0047919_11055902.jpg
c0047919_11060877.jpg
c0047919_11061679.jpg








# by pechifeb9 | 2018-10-31 11:07 | Comments(0)
2018年 10月 30日

川越祭

 念願の川越祭に行くことができました。
 本川越の駅に着いた6時頃には駅前は夥しい食べ物屋のテントと人の群れ。おおよその山車の巡幸経路を掴んで人の流れに乗りながらところどころで撮り歩いているうちに一台目の山車に遭遇、、、、山車は止まるポイントが決まっていて、お囃子や踊りを披露、しばらくすると次のポイントへ移動、、、という仕組みのようで、待っていれば次の山車を鑑賞することができました。


 偶然、そのモーレツな人出の中で写友のSさんと遭遇!”ほぼ地元人”のご指導を得ながらなんとか数枚ゲットし、帰りがてら駅へ向かう途中で何台かの屋台にも出会い、祭りのハイライトである“曳っかわせ”も見ることができて充実の数時間でした。


 なお、川越祭は370年の伝統を誇る都市祭礼、「川越氷川祭の山車行事」として平成17年、国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録されたそう。江戸時代、新河岸川舟運によって栄えた小江戸川越の繁栄を物語る絢爛豪華な山車は19台、それぞれ個性を持った動く大作品と言える素晴らしさでした。



c0047919_08444682.jpg
c0047919_08445521.jpg
c0047919_08450250.jpg
c0047919_08451170.jpg
c0047919_08451862.jpg
c0047919_08452972.jpg
c0047919_08454023.jpg
c0047919_08454685.jpg
c0047919_08455451.jpg
c0047919_08460046.jpg




# by pechifeb9 | 2018-10-30 08:46 | Comments(0)
2018年 10月 27日

55年ぶりの再会

 大学時代の親友が声をかけてくれて、ミニミニクラス会が実現しました。男性メンバー同士は時折会っているようですが、女性も誘おうということになったそうで、時期を私の藪入りに合わせてセットしてくれました。


 大学は教職課程主体の学部で、就職も大半が地元の中学、高校と散らばっていったので卒業以来、55年ぶりといっても驚くことはないのですが、年月は争えないもの、容貌は紛れもない高齢者、それでも学問への灯はそれぞれの胸にともり続けているようでした。卒後、学問にはご縁のない私でしたが、20歳前後という人生の華の一時期、共通体験のあれこれを思い出し、語るのは楽しかったです。


 食後に新宿御苑を散策しました。菊花展は準備中、紅葉には当然早すぎ、写材があまりなかったので、この日の写真はたった3枚(笑)。


c0047919_09403337.jpg
c0047919_09403922.jpg
c0047919_09404707.jpg






# by pechifeb9 | 2018-10-27 09:41 | Comments(0)
2018年 10月 21日

 旧友と旧居の辺りを、、、

転居前に住んでいたマンション時代の友人と会うことにしました。かれこれ12年余の空白を経て再会したMさんは当時と少しも変わらない姿で、約束の場所で待っていてくださいました。

遅いランチをご一緒し、近況報告、、、、お互いに介護を中心にした暮らしの中でいかに”自分もともに上手に”生きるかなどという大テーマ(笑)を話し、共感するところ大で、あっという間に時間が過ぎていきました。


一駅分を一緒に歩きながら旧居の周辺の変わりように目を見張り、今後数年でますます変貌を遂げるであろう街を想像し、来年の再会を約束してMさんと別れました。


写真はMさんと会う前に、かつてウロつき、写真を撮っていた懐かしの高浜運河緑地と天王洲アイルあたり。



c0047919_17183741.jpg

c0047919_17184550.jpg
c0047919_17185214.jpg
c0047919_17190282.jpg
c0047919_17191190.jpg
c0047919_17192183.jpg
c0047919_17193018.jpg
c0047919_17194032.jpg
c0047919_17195271.jpg
c0047919_17200552.jpg






# by pechifeb9 | 2018-10-21 17:21 | Comments(0)
2018年 10月 20日

日光、けっこう!その2

初めは輪王寺大猷院から。三代将軍家光公を祀った22棟の建造物で、東照宮より控えめにとの遺志により幽玄とさびを旨としたということですが、どういたしまして絢爛豪華なこと!ひたすら徳川様のご威光を拝するものでした。


 日光で最も見たかったのが杉並木、年を経た風格のある杉並木の参道を歩くと二荒山神社、次いで日光東照宮に至ります。さて拝観しようと思ったのですがチケット売り場の行列を見て、取りやめることに、、、。東照宮を見ずしてけっこうと言うなかれ!ではありましょうが、たぶんに天邪鬼の血が混じっている私は躊躇いもなく神橋を経て、この日の日光遊山を無事終了いたしました。

c0047919_08502030.jpg


c0047919_08502874.jpg
c0047919_08503621.jpg
c0047919_08504312.jpg
c0047919_08504946.jpg
c0047919_08505722.jpg
c0047919_08510600.jpg
c0047919_08511319.jpg
c0047919_08512174.jpg
c0047919_08513120.jpg
c0047919_08513791.jpg
c0047919_08514416.jpg



# by pechifeb9 | 2018-10-20 08:57 | Comments(0)
2018年 10月 18日

日光、けっこう!その1

  思い立って日光へ行きました。かれこれ二十数年前の冬に娘と行ったきりで、当時の風景は記憶の底にあるものの、世界遺産登録で観光客も当然増えているだろうし、様変わりもありうると覚悟の上で。


  我が家から約3時間で東武日光駅、バスで戦場ヶ原へ。いろは坂あたりから陽が射してきて、男体山も見えてきました。戦場ヶ原は展望台から見るだけでしたが、一面の枯色の中に白樺が林立して、蒼い山を背景に美しかったです。辺りを散策していたら句碑があり、
 榊にて 下天を祓う 山開   平畑静搭
氏は宇都宮に住み精神医学者で病院長を勤めた方、句は昭和46年、67歳の作、、、と説明板にありました。


  バスで戻って竜頭の滝を堪能、少し下って華厳の滝に着く前に濃霧が出てきたので滝下まで降りるのは諦めましたが、墨絵のような霧の風情もなかなか良かったです。

 その後、いよいよ「世界遺産」エリアへ、、、と。   (続)


c0047919_08412332.jpg
c0047919_08412990.jpg
c0047919_08413680.jpg
c0047919_08414476.jpg
c0047919_08415023.jpg
c0047919_08415729.jpg
c0047919_08421203.jpg
c0047919_08422004.jpg






# by pechifeb9 | 2018-10-18 08:43 | Comments(0)
2018年 10月 16日

東博と上野動物園 その2

パンダフィーバーも落ち着いてきて、並べば見られるようなので見ようかなとは思いましたが、それでも40分待ちだったのでやっぱりパスしてしまいました。一人でじっと待つのはつらいですものね。


園内は平日のせいもあり、ゆったりと見られる状態でしたが、多くの動物は食後休憩なのかま~ったりとした姿。やっと出てくるとギャラリーから歓声、、、そんなこんなを撮ったりして、この日の一人撮影会を終了しました。



c0047919_08280048.jpg
c0047919_08280855.jpg
c0047919_08281674.jpg
c0047919_08282712.jpg
c0047919_08283406.jpg
c0047919_08284215.jpg
c0047919_08284992.jpg
c0047919_08285774.jpg





# by pechifeb9 | 2018-10-16 08:29 | Comments(0)
2018年 10月 15日

東博と上野動物園 その1

東博で開催中の「特別展 京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展を見に行きました。同寺の秘蔵のご本尊釈迦如来坐像、その十大弟子立像、肥後定慶による六観音菩薩像が拝観できました。仏像の知識がないので、印形や持物の意味などを十分には知りえませんでしたが、仏師がその篤い信仰心をもって、精魂込めて彫りだされた作品は崇高で美しいものでした。

同時開催の”世界遺産登録記念キリシタンの遺産展”で現存する”踏み絵”などの遺物、さらに常設展も拝見し、小休憩後、上野動物園へ。
写真1は聖観音菩薩像、鎌倉時代の作 唯一撮影可のお像
写真3は板踏絵 ピエタが彫られている

写真4は能衣装、若い女性を演じる際の衣装
c0047919_10404718.jpg
c0047919_10412406.jpg
c0047919_10413287.jpg
c0047919_10411056.jpg
c0047919_10414754.jpg
c0047919_10415925.jpg
c0047919_10421035.jpg


# by pechifeb9 | 2018-10-15 10:48 | Comments(0)
2018年 10月 12日

家族の時間@葛西臨海公園

  娘一家と葛西臨海公園へ。少し早く着いて水族館を楽しみ、合流して一緒にイベントを楽しみました。

 夕方から下の孫が入ったばかりの子ども将棋教室を見学、将棋ちんぷんかんぷんの私でしたが、孫は緊張しながらもやる気満々のよう。家で早速父親と対局?していましたが、さて父親に「負けました」を言わせる日はいつのことやら、、、。


c0047919_20283526.jpg
c0047919_20284308.jpg
c0047919_20285161.jpg
c0047919_20285913.jpg
c0047919_20290859.jpg
c0047919_20291673.jpg
c0047919_20293285.jpg
c0047919_20294060.jpg



# by pechifeb9 | 2018-10-12 20:30 | Comments(0)
2018年 10月 10日

爽秋の昭和記念公園

家人が定期的病状評価のため5日から2週間ほど入院しています。日頃の介護任務を解かれて24時間を自由に使えるのがありがたいしていますことで、私にとっては年に一度の休暇、”小僧の藪入り”なのです。会いたい人、行きたいところが幾つかあって、楽しみ~。


 早速昭和記念公園に行ってきました。台風で大木が倒れていたり折れていたのが痛ましかったですが、コスモスも無残というほどではなく、爽秋の広大な公園を楽しんできました。

c0047919_18530707.jpg


c0047919_18532343.jpg
c0047919_18534017.jpg
c0047919_18535124.jpg
c0047919_18540042.jpg
c0047919_18540724.jpg
c0047919_18541783.jpg
c0047919_18542519.jpg
c0047919_18544455.jpg
c0047919_18545626.jpg
c0047919_18550819.jpg
c0047919_18551681.jpg
c0047919_18552548.jpg
c0047919_18553625.jpg





# by pechifeb9 | 2018-10-10 18:57 | Comments(0)
2018年 10月 04日

深大寺の秋 3

水生植物園は神代植物公園の分園で、それほどの広さはありませんが池の間に木道が配されていて水生植物を観察できます。春から夏は花もあれこれ見られ、菖蒲の頃が見ごたえがあるようです。この時期なら色づいた田んぼや畦の彼岸花が見られるに違いないと思って寄ってみました。

予想的中!彼岸花には黒揚羽も来て、しばし遊んでもらえました。



c0047919_14292845.jpg
c0047919_14293560.jpg
c0047919_14294153.jpg
c0047919_14294890.jpg
c0047919_14295807.jpg
c0047919_14300432.jpg








# by pechifeb9 | 2018-10-04 14:30 | Comments(0)
2018年 10月 03日

深大寺の秋 2

都内にある温室は、新宿御苑、夢の島熱帯植物園、などどこも行ったことがありますが回数が一番多いのがここ、神代植物公園です。

この温室の一番のウリは熱帯スイレン?ベコニア?、、、それぞれに通年で見られるわけですが今回は熱帯スイレンに集中でした。今までで花の数が一番多く、葉も密に繁っていて、屋根のフレームなどの映り込みが酷くなかったので快適に撮ることができました。



c0047919_16321803.jpg
c0047919_16322494.jpg
c0047919_16323404.jpg
c0047919_16324155.jpg
c0047919_16324801.jpg
c0047919_16330411.jpg



# by pechifeb9 | 2018-10-03 16:33 | Comments(0)
2018年 09月 28日

深大寺の秋 1

夏に逝った楽の墓参に行きました。ちょうどお彼岸の中日で、お参りがてら神代植物公園の秋をカメラに収めようと、、、。

深大寺動物霊園は深大寺さんと関係はないようですが、両彼岸には慰霊祭が行われるとのこと、ただ法要の時間には合わせられないので、供養塔前で拝んでお終いにして少し先の神代植物公園へ。

バラはまだ「辛うじて5,6輪状態」だったので温室に直行して、色とりどりの熱帯スイレンを楽しく撮らせてもらいました。

公園を出てお昼でもと思ったらどのお店も長蛇の列、、、、待つ気はないので、辺りをぶらついて数枚撮った後、水生植物園へ向かいました。

(久しぶりに結構撮ったので、その2「温室」編、その3「水生植物園」編、に分けて掲載します)
c0047919_08445149.jpg
c0047919_08445782.jpg
c0047919_08450350.jpg
c0047919_08451227.jpg
c0047919_08451941.jpg
c0047919_08452597.jpg
c0047919_08453176.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-28 08:46 | Comments(0)
2018年 09月 26日

キャンパスの秋

久しぶりで暑さが戻った日、田んぼの様子を見ようと大学へ行きました。

イネはずいぶん黄色くなっていましたがまだ刈入れには間がある模様。
少し田植えが遅かった田んぼはまだ青々として、イナゴが潜んでいました。

構内では”ランアンドウォークフェスタ”なるイベントが行われていました。
生憎の30℃超えでちょっと気の毒な感じでしたが、記録を競うものではなく
みなさん楽しんでおいでのようでした。

紅い実はツリバナ、、、ニシキギ科の植物だそう、マユミもそうですが、
垂れ下がり弾けた実が可愛くて毎年撮らされてしまいます。

c0047919_08365677.jpg
c0047919_08370391.jpg
c0047919_08371031.jpg
c0047919_08371634.jpg
c0047919_08372332.jpg


# by pechifeb9 | 2018-09-26 08:48 | Comments(0)
2018年 09月 23日

ご近所の秋

わがマンションのフェンス脇に管理人さんが植えてくれた彼岸花が年々増えて、今年もきれいに咲いたので、ジョギングする人を応援してくれているような絵を撮ってみました。


敷地内に設けられた小さな砂場ですがちびちゃんたちの人気の場所。管理人さんが「砂ーバックス、きょうもお客さんあり」と優しく見守ります。この子たちのママは顔見知り、撮ることも載せることも快諾して下さいました。


少しチャリで走って、銀杏の栽培をしている畑まで。収穫まであと少しなのでしょうか、無事漕ぎつけてほしいです。同じ畑にあるザクロは先日の台風で落果してしまったのか、今年は「割柘榴」は見られそうもなくて、残念!



c0047919_06530355.jpg
c0047919_06531132.jpg
c0047919_06531755.jpg
c0047919_06532522.jpg
c0047919_06533370.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-23 06:54 | Comments(0)
2018年 09月 17日

秋雨の中で

秋雨前線というのでしょうか、降ったりやんだりの落ち着かない空模様の一昨日。雨は嫌いではありませんが、傘をさしたり下げて歩いたりするのが大嫌いで、小雨なら合羽だけで済ますことにしています。


午後、多摩図書館に行くついでに国分寺とお鷹の道あたりを散策。年代を経た一族の墓の横を通る時ヒガンバナのひと群れを見かけました。この花の私のイメージそのものの小景、、、、昔は田舎では当たり前の風景だったことでしょう。そっと撮らせていただく間、白秋のあの歌が脳裏に浮かんでいました。


お寺も雨のしっとりした佇まいの中、秋海棠の可愛い花が明るく咲きこぼれ、小流れ横の農家さんの直売所には栗直売の幟、、、、一雨ごとに秋は深まってくるようです。

 産土に帰りし父祖や曼殊沙華


一枚目の歌碑は宮柊二さんの歌
 むらさきの葛の花ちる石段を武蔵国分寺わがのぼりゆく


c0047919_19570097.jpg
c0047919_19570847.jpg
c0047919_19571830.jpg
c0047919_19572504.jpg
c0047919_19573673.jpg
c0047919_19574492.jpg






# by pechifeb9 | 2018-09-17 19:58 | Comments(0)
2018年 09月 15日

秋がやや深まってきた

  暑さ寒さも彼岸までとはよく聞く言葉ですが、今年はやはり変調気味です。狂ったように暑かった夏が急に店じまいをしたかのように不安定な空模様になって涼しい風が吹く日が混じってきて、、、。まだ残暑がないわけではないでしょうが、本格的な秋の到来は間違いありません。

  JAショップには地物の柿や栗が並び始めました。味覚の秋の始まり、始まり~、ヒガンバナもちらほら見かけるようになってきたから心当たりのスポットへ行ってみようかな。


c0047919_11421084.jpg
c0047919_11410699.jpg
c0047919_11411391.jpg
c0047919_11412042.jpg
c0047919_11412781.jpg
c0047919_11413392.jpg
c0047919_11414057.jpg








# by pechifeb9 | 2018-09-15 11:42 | Comments(0)
2018年 09月 13日

秋の大学農園

 田んぼの様子を見に大学農園へ行きました。大学はまだ夏休み中だったのでいたって静かで、、、、。


 職員さんが田んぼの草取りをしておいでのところへ自由研究なのか子どもたちが来て、なにか学んでいるようでした。

 イネはかなり色づいていてイナゴの姿がちらほら、、、もう少ししたらネットを張るそうです。


 ヤギさんたちは木陰でお食事中。今、1歳3か月ぐらい、逞しく大人の体形に成長していました。

c0047919_19450133.jpg


c0047919_19451034.jpg
c0047919_19451806.jpg
c0047919_19452509.jpg
c0047919_19453381.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-13 19:46 | Comments(0)