カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 18日

日光、けっこう!その1

  思い立って日光へ行きました。かれこれ二十数年前の冬に娘と行ったきりで、当時の風景は記憶の底にあるものの、世界遺産登録で観光客も当然増えているだろうし、様変わりもありうると覚悟の上で。


  我が家から約3時間で東武日光駅、バスで戦場ヶ原へ。いろは坂あたりから陽が射してきて、男体山も見えてきました。戦場ヶ原は展望台から見るだけでしたが、一面の枯色の中に白樺が林立して、蒼い山を背景に美しかったです。辺りを散策していたら句碑があり、
 榊にて 下天を祓う 山開   平畑静搭
氏は宇都宮に住み精神医学者で病院長を勤めた方、句は昭和46年、67歳の作、、、と説明板にありました。


  バスで戻って竜頭の滝を堪能、少し下って華厳の滝に着く前に濃霧が出てきたので滝下まで降りるのは諦めましたが、墨絵のような霧の風情もなかなか良かったです。

 その後、いよいよ「世界遺産」エリアへ、、、と。   (続)


c0047919_08412332.jpg
c0047919_08412990.jpg
c0047919_08413680.jpg
c0047919_08414476.jpg
c0047919_08415023.jpg
c0047919_08415729.jpg
c0047919_08421203.jpg
c0047919_08422004.jpg






# by pechifeb9 | 2018-10-18 08:43 | Comments(0)
2018年 10月 16日

東博と上野動物園 その2

パンダフィーバーも落ち着いてきて、並べば見られるようなので見ようかなとは思いましたが、それでも40分待ちだったのでやっぱりパスしてしまいました。一人でじっと待つのはつらいですものね。


園内は平日のせいもあり、ゆったりと見られる状態でしたが、多くの動物は食後休憩なのかま~ったりとした姿。やっと出てくるとギャラリーから歓声、、、そんなこんなを撮ったりして、この日の一人撮影会を終了しました。



c0047919_08280048.jpg
c0047919_08280855.jpg
c0047919_08281674.jpg
c0047919_08282712.jpg
c0047919_08283406.jpg
c0047919_08284215.jpg
c0047919_08284992.jpg
c0047919_08285774.jpg





# by pechifeb9 | 2018-10-16 08:29 | Comments(0)
2018年 10月 15日

東博と上野動物園 その1

東博で開催中の「特別展 京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展を見に行きました。同寺の秘蔵のご本尊釈迦如来坐像、その十大弟子立像、肥後定慶による六観音菩薩像が拝観できました。仏像の知識がないので、印形や持物の意味などを十分には知りえませんでしたが、仏師がその篤い信仰心をもって、精魂込めて彫りだされた作品は崇高で美しいものでした。

同時開催の”世界遺産登録記念キリシタンの遺産展”で現存する”踏み絵”などの遺物、さらに常設展も拝見し、小休憩後、上野動物園へ。
写真1は聖観音菩薩像、鎌倉時代の作 唯一撮影可のお像
写真3は板踏絵 ピエタが彫られている

写真4は能衣装、若い女性を演じる際の衣装
c0047919_10404718.jpg
c0047919_10412406.jpg
c0047919_10413287.jpg
c0047919_10411056.jpg
c0047919_10414754.jpg
c0047919_10415925.jpg
c0047919_10421035.jpg


# by pechifeb9 | 2018-10-15 10:48 | Comments(0)
2018年 10月 12日

家族の時間@葛西臨海公園

  娘一家と葛西臨海公園へ。少し早く着いて水族館を楽しみ、合流して一緒にイベントを楽しみました。

 夕方から下の孫が入ったばかりの子ども将棋教室を見学、将棋ちんぷんかんぷんの私でしたが、孫は緊張しながらもやる気満々のよう。家で早速父親と対局?していましたが、さて父親に「負けました」を言わせる日はいつのことやら、、、。


c0047919_20283526.jpg
c0047919_20284308.jpg
c0047919_20285161.jpg
c0047919_20285913.jpg
c0047919_20290859.jpg
c0047919_20291673.jpg
c0047919_20293285.jpg
c0047919_20294060.jpg



# by pechifeb9 | 2018-10-12 20:30 | Comments(0)
2018年 10月 10日

爽秋の昭和記念公園

家人が定期的病状評価のため5日から2週間ほど入院しています。日頃の介護任務を解かれて24時間を自由に使えるのがありがたいしていますことで、私にとっては年に一度の休暇、”小僧の藪入り”なのです。会いたい人、行きたいところが幾つかあって、楽しみ~。


 早速昭和記念公園に行ってきました。台風で大木が倒れていたり折れていたのが痛ましかったですが、コスモスも無残というほどではなく、爽秋の広大な公園を楽しんできました。

c0047919_18530707.jpg


c0047919_18532343.jpg
c0047919_18534017.jpg
c0047919_18535124.jpg
c0047919_18540042.jpg
c0047919_18540724.jpg
c0047919_18541783.jpg
c0047919_18542519.jpg
c0047919_18544455.jpg
c0047919_18545626.jpg
c0047919_18550819.jpg
c0047919_18551681.jpg
c0047919_18552548.jpg
c0047919_18553625.jpg





# by pechifeb9 | 2018-10-10 18:57 | Comments(0)
2018年 10月 04日

深大寺の秋 3

水生植物園は神代植物公園の分園で、それほどの広さはありませんが池の間に木道が配されていて水生植物を観察できます。春から夏は花もあれこれ見られ、菖蒲の頃が見ごたえがあるようです。この時期なら色づいた田んぼや畦の彼岸花が見られるに違いないと思って寄ってみました。

予想的中!彼岸花には黒揚羽も来て、しばし遊んでもらえました。



c0047919_14292845.jpg
c0047919_14293560.jpg
c0047919_14294153.jpg
c0047919_14294890.jpg
c0047919_14295807.jpg
c0047919_14300432.jpg








# by pechifeb9 | 2018-10-04 14:30 | Comments(0)
2018年 10月 03日

深大寺の秋 2

都内にある温室は、新宿御苑、夢の島熱帯植物園、などどこも行ったことがありますが回数が一番多いのがここ、神代植物公園です。

この温室の一番のウリは熱帯スイレン?ベコニア?、、、それぞれに通年で見られるわけですが今回は熱帯スイレンに集中でした。今までで花の数が一番多く、葉も密に繁っていて、屋根のフレームなどの映り込みが酷くなかったので快適に撮ることができました。



c0047919_16321803.jpg
c0047919_16322494.jpg
c0047919_16323404.jpg
c0047919_16324155.jpg
c0047919_16324801.jpg
c0047919_16330411.jpg



# by pechifeb9 | 2018-10-03 16:33 | Comments(0)
2018年 09月 28日

深大寺の秋 1

夏に逝った楽の墓参に行きました。ちょうどお彼岸の中日で、お参りがてら神代植物公園の秋をカメラに収めようと、、、。

深大寺動物霊園は深大寺さんと関係はないようですが、両彼岸には慰霊祭が行われるとのこと、ただ法要の時間には合わせられないので、供養塔前で拝んでお終いにして少し先の神代植物公園へ。

バラはまだ「辛うじて5,6輪状態」だったので温室に直行して、色とりどりの熱帯スイレンを楽しく撮らせてもらいました。

公園を出てお昼でもと思ったらどのお店も長蛇の列、、、、待つ気はないので、辺りをぶらついて数枚撮った後、水生植物園へ向かいました。

(久しぶりに結構撮ったので、その2「温室」編、その3「水生植物園」編、に分けて掲載します)
c0047919_08445149.jpg
c0047919_08445782.jpg
c0047919_08450350.jpg
c0047919_08451227.jpg
c0047919_08451941.jpg
c0047919_08452597.jpg
c0047919_08453176.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-28 08:46 | Comments(0)
2018年 09月 26日

キャンパスの秋

久しぶりで暑さが戻った日、田んぼの様子を見ようと大学へ行きました。

イネはずいぶん黄色くなっていましたがまだ刈入れには間がある模様。
少し田植えが遅かった田んぼはまだ青々として、イナゴが潜んでいました。

構内では”ランアンドウォークフェスタ”なるイベントが行われていました。
生憎の30℃超えでちょっと気の毒な感じでしたが、記録を競うものではなく
みなさん楽しんでおいでのようでした。

紅い実はツリバナ、、、ニシキギ科の植物だそう、マユミもそうですが、
垂れ下がり弾けた実が可愛くて毎年撮らされてしまいます。

c0047919_08365677.jpg
c0047919_08370391.jpg
c0047919_08371031.jpg
c0047919_08371634.jpg
c0047919_08372332.jpg


# by pechifeb9 | 2018-09-26 08:48 | Comments(0)
2018年 09月 23日

ご近所の秋

わがマンションのフェンス脇に管理人さんが植えてくれた彼岸花が年々増えて、今年もきれいに咲いたので、ジョギングする人を応援してくれているような絵を撮ってみました。


敷地内に設けられた小さな砂場ですがちびちゃんたちの人気の場所。管理人さんが「砂ーバックス、きょうもお客さんあり」と優しく見守ります。この子たちのママは顔見知り、撮ることも載せることも快諾して下さいました。


少しチャリで走って、銀杏の栽培をしている畑まで。収穫まであと少しなのでしょうか、無事漕ぎつけてほしいです。同じ畑にあるザクロは先日の台風で落果してしまったのか、今年は「割柘榴」は見られそうもなくて、残念!



c0047919_06530355.jpg
c0047919_06531132.jpg
c0047919_06531755.jpg
c0047919_06532522.jpg
c0047919_06533370.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-23 06:54 | Comments(0)
2018年 09月 17日

秋雨の中で

秋雨前線というのでしょうか、降ったりやんだりの落ち着かない空模様の一昨日。雨は嫌いではありませんが、傘をさしたり下げて歩いたりするのが大嫌いで、小雨なら合羽だけで済ますことにしています。


午後、多摩図書館に行くついでに国分寺とお鷹の道あたりを散策。年代を経た一族の墓の横を通る時ヒガンバナのひと群れを見かけました。この花の私のイメージそのものの小景、、、、昔は田舎では当たり前の風景だったことでしょう。そっと撮らせていただく間、白秋のあの歌が脳裏に浮かんでいました。


お寺も雨のしっとりした佇まいの中、秋海棠の可愛い花が明るく咲きこぼれ、小流れ横の農家さんの直売所には栗直売の幟、、、、一雨ごとに秋は深まってくるようです。

 産土に帰りし父祖や曼殊沙華


一枚目の歌碑は宮柊二さんの歌
 むらさきの葛の花ちる石段を武蔵国分寺わがのぼりゆく


c0047919_19570097.jpg
c0047919_19570847.jpg
c0047919_19571830.jpg
c0047919_19572504.jpg
c0047919_19573673.jpg
c0047919_19574492.jpg






# by pechifeb9 | 2018-09-17 19:58 | Comments(0)
2018年 09月 15日

秋がやや深まってきた

  暑さ寒さも彼岸までとはよく聞く言葉ですが、今年はやはり変調気味です。狂ったように暑かった夏が急に店じまいをしたかのように不安定な空模様になって涼しい風が吹く日が混じってきて、、、。まだ残暑がないわけではないでしょうが、本格的な秋の到来は間違いありません。

  JAショップには地物の柿や栗が並び始めました。味覚の秋の始まり、始まり~、ヒガンバナもちらほら見かけるようになってきたから心当たりのスポットへ行ってみようかな。


c0047919_11421084.jpg
c0047919_11410699.jpg
c0047919_11411391.jpg
c0047919_11412042.jpg
c0047919_11412781.jpg
c0047919_11413392.jpg
c0047919_11414057.jpg








# by pechifeb9 | 2018-09-15 11:42 | Comments(0)
2018年 09月 13日

秋の大学農園

 田んぼの様子を見に大学農園へ行きました。大学はまだ夏休み中だったのでいたって静かで、、、、。


 職員さんが田んぼの草取りをしておいでのところへ自由研究なのか子どもたちが来て、なにか学んでいるようでした。

 イネはかなり色づいていてイナゴの姿がちらほら、、、もう少ししたらネットを張るそうです。


 ヤギさんたちは木陰でお食事中。今、1歳3か月ぐらい、逞しく大人の体形に成長していました。

c0047919_19450133.jpg


c0047919_19451034.jpg
c0047919_19451806.jpg
c0047919_19452509.jpg
c0047919_19453381.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-13 19:46 | Comments(0)
2018年 09月 09日

熊野神社のお祭り

日曜日、地元神社のお祭りがありました。生憎の雨でも決行されましたが、残念なことにお神輿だけで大太鼓の巡幸は取りやめ、皮が痛むからなのだそうで、、、。


 ご出立に合わせて行き何枚か撮らせていただいた後、小さな池を覗いたら、小道のムラサキシキブが秋を告げていました。


 

午後、家の傍をお神輿が粛々と通って行きました。毎年、大太鼓の鳴り響く音を聞くと夏も終わりなのだという実感がこみ上げるのに、お神輿だけの巡幸は少し淋しかったです。


c0047919_08485621.jpg
c0047919_08492606.jpg
c0047919_08502522.jpg
c0047919_08504522.jpg
c0047919_08505868.jpg
c0047919_08510909.jpg
c0047919_08511775.jpg
c0047919_08512494.jpg




# by pechifeb9 | 2018-09-09 08:51 | Comments(0)
2018年 09月 02日

怠け癖

 久しぶりでカメラを持ちました。最後に撮ったのは楽が倒れる数日前だったからひと月半も前かな。
駅近くでの所用の合間に殿ヶ谷戸庭園に。さすがの庭園も草花は元気がありませんでしたが、レンゲショウマが咲き残っていてくれました。

 蝉時雨、空蝉、、、、夏の風物詩を楽しむ心のゆとりがなかった、と改めて思います。嫌われ者の夏だけれど、逆に命に想いを致す季節でもあるとしみじみ感じたこの夏、、、、。それにしてもいったんついた怠け癖って取れないものですね。

 でも、なんのかの言っても9月になったのよね、そろそろ出直さなくては、ね。
  空蝉や人に脱ぎたき殻一つ

c0047919_10560088.jpg
c0047919_10560830.jpg
c0047919_10561606.jpg
c0047919_10562205.jpg





# by pechifeb9 | 2018-09-02 10:56 | Comments(0)
2018年 08月 17日

ご無沙汰

愛犬の楽が逝きました。様子がおかしいと獣医さんに診て頂いたのが先月11日、不整脈と黄疸の治療を受けてきましたが、今月8日ついに旅立って行きました。

我が家にきて12年2か月、最期は肝性昏睡で眠るように安らかでした。「いきものは逝く時を知っている。人はただ見守るしかない」というある方の言葉に支えられて精一杯の看取りをしたつもりではあるけれど、悔いは残ります。もっと早く気づいてやれば、、、もっと沢山遊んでやればよかった、と。それでも多くの方に慰めのお言葉をいただき、支えられています。

楽よ、一緒の楽しい時間をありがとう。命の終わりを教えてくれてありがとう。今は感謝しか、、、ありません。

もう少し気持ちが落ち着いたら写真を撮りに出ようかな。それにしてもこの暑さ!やっぱりごろ寝de読書をもう少し続けようかな。


c0047919_10492149.jpg





# by pechifeb9 | 2018-08-17 10:49 | Comments(1)
2018年 07月 17日

夏の農園

イネの様子を見に大学農園へ。順調に3,40cmほどに育っていて、風に気持ちよさそうに揺らいています。なにやら動くものが、、、と見ると、カルガモが数羽のヒナを引き連れてイネの間を行進中でした。


畑の一角がひまわり畑になっていました。やや小ぶりな株ましでしたが青空をバックに背比べ。


ヤギたちは日陰を避けてヤギ舎でまったりとおくつろぎ中のようでした。

c0047919_10271685.jpg


c0047919_10272485.jpg
c0047919_10273172.jpg
c0047919_10392915.jpg
c0047919_10394253.jpg
c0047919_10395072.jpg



# by pechifeb9 | 2018-07-17 10:40 | Comments(1)
2018年 07月 10日

蓮を撮ろうと、、、

  確か去年の今頃、あるお寺の境内に咲く蓮の花を写したっけと思い出して行ってみましたが、タイミングが悪かったようでたった一輪しか咲いていませんでした。少し早すぎたようです。蓮は雨が似合う、雨の日にまた出直そうと思ったのでしたが、例年になく早く梅雨が明けてしまいました。   

         

 帰り道でネジバナとツユクサを見つけました。どちらも好きな花で、ツユクサの方は詠んだことがあります。
 朝市の染付うれし蛍草 
 蛍草は露草の別名、歳時記では秋の季語なのですが、今、路傍に沢山見かけます。

c0047919_09431497.jpg


c0047919_09432428.jpg
c0047919_09452691.jpg
c0047919_09455651.jpg




# by pechifeb9 | 2018-07-10 09:46 | Comments(0)
2018年 07月 07日

日々の写真から

あっけなく梅雨が明けて、途端に猛暑到来!6月の「日々の写真」が
なんだかとても時季外れのような感じになってしまいました。

、、、とは言うものの梅雨が明けたのは関東地方だけ?ここ数日
西日本は豪雨禍にさらされています。一体この気象、何が原因なのでしょうか、

単に天災というものではない気がするのですが、、、。


c0047919_19225710.jpg

c0047919_19230570.jpg
c0047919_19231149.jpg
c0047919_19231900.jpg
c0047919_19232573.jpg
c0047919_19244410.jpg


# by pechifeb9 | 2018-07-07 19:27 | 2014年1月~ | Comments(0)
2018年 07月 03日

お鷹の道~武蔵国分寺公園散歩 (2)

 国分寺公園でも花(百合ぐらいしかありませんでしたが)、子どもたち、ワンちゃんなどを撮り、図書館の喫茶コーナーで一息入れて
クールダウン。持参した電子辞書には3冊の歳時記が搭載されています。幾つかの句を詠めたのがこの日の収穫でした。

 農家さんで買ったヤマモモはちょっと酸っぱくて珈琲によく合いました。






c0047919_08472190.jpg

c0047919_08472823.jpg

c0047919_08474512.jpg

c0047919_08475277.jpg

c0047919_08475997.jpg

 武蔵国




# by pechifeb9 | 2018-07-03 08:48 | Comments(0)
2018年 07月 02日

お鷹の道~武蔵国分寺公園散歩(1)

多摩図書館に行ったらあいにく休館だったのでお鷹の道の写真散歩に切り替えて、、、。

 公園から階段を降りると湧水からの小流れが気持ちよく奔っているのが見えます。殆どいつも水くみの人がいるのですが、この日は誰も、、、。

 お寺の合歓の花は撮れなくて残念でしたが可愛いホタルブクロをカメラに納め、農家さんでラッキョウを買って帰りました。もちろん、今夜のビールのおつまみに。


c0047919_18152560.jpg
c0047919_18153382.jpg
c0047919_18154359.jpg
c0047919_18154986.jpg
c0047919_18155688.jpg






# by pechifeb9 | 2018-07-02 18:16 | Comments(0)
2018年 06月 28日

居た、いた!カルガモ親子

時折行く二つの池に、今年は春からず~っとカルガモの子育てが見られなかったのを気にかけていましたが、念のためにと見に行ったこの日、なんと10羽ほどのヒナたちが泳いでいるのを確認!ご近所ウオッチャーの話では親はいなくて自力でここまで育っているようだとのこと。「親はなくとも子は育つ」とは言え、カラス、ヘビ、ノラネコ、、、と外敵の多い環境、もう少し大きくなるまで気は抜けません。それにしても親鳥は、、、、?なんだか人間社会の片鱗を見るような気がしないでもありません。


 もう一方の池もでは2羽のヒナが育っていて、まだ幼くて水に潜れないので池の壁に付いたコケのようなものを突いていました。遠くから見守る母鳥、、、なんだかほっとしました。

c0047919_18325556.jpg
c0047919_18330375.jpg
c0047919_18332399.jpg
c0047919_18333039.jpg
c0047919_18333623.jpg
c0047919_18334291.jpg
 一枚目の半分白い葉は半夏生、梅雨もそろそろ終盤という頃に見られるらしいです。





# by pechifeb9 | 2018-06-28 18:34 | Comments(0)
2018年 06月 24日

梅雨の晴れ間の臨海公園

 梅雨の晴れ間の臨海公園

 久しぶりに娘一家のところへ。上天気だったので家にいるのはもったいないと葛西臨海公園に集合で、
彼らは自転車4台でテントやら遊具やらを積んでやってきました。
 広~い公園は海に面していて、近くの木陰にテントを張ると海からの風が心地よく、久しぶりの潮の香、、、。


 ランチを挟んでミニミニサッカーやら何とかボードやらで遊んだ後、「蟹が釣れるらしいよ」と聞いた

ものの、用意がなく、そこら辺を歩き回って小枝と糸を拾ってきて、売店でサキイカを求め、インスタント

カニ釣の仲間入り。釣果?というほどのことはありませんでしたが、それでも孫達はたいそう楽しそうでした。



c0047919_10052256.jpg
c0047919_10053095.jpg
c0047919_10053967.jpg
c0047919_10054752.jpg
c0047919_10055431.jpg
c0047919_10060166.jpg
c0047919_10060788.jpg


# by pechifeb9 | 2018-06-24 10:07 | Comments(0)
2018年 06月 14日

日々の写真から

梅雨に入って天気が落ち着かない日々が続いています。まだ涼しいので体に堪えることはありませんが、後半になると苦手な高温多湿の到来。まぁそれはもう少し先の話ですが、、、。

 5月後半からの日々の写真を記録として残すことにしました。

  1、2はキウイの花。もう小さな実になっていることでしょう。
  3はジャガイモの花 野菜の花もけっこうきれいです。
 4はザクロ 紅一点ということばは中国の
詩人?王安石の「詠柘榴」

の中の「万緑叢中 紅一点」から来るそう。

c0047919_11201766.jpg


c0047919_11202427.jpg

c0047919_11264406.jpg

c0047919_11203667.jpg

c0047919_11203077.jpg

c0047919_11205417.jpg

c0047919_11204789.jpg

c0047919_11204278.jpg





# by pechifeb9 | 2018-06-14 11:28 | Comments(0)
2018年 06月 11日

JAのミニイベントで

野菜を買おうとJAに行ったら〇〇周年感謝祭なるイベントが開かれていて、ちょっとしたお買い物。勧められて屋上ガーデンへ上がると「窯焼きピザのサービス」に行列ができていたのでお兄さんにちょっと取材させていただきました。

 ピザ窯は手作りのものを注文制作してもらったのだそうですが、少し広めのベランダなら置けそうなサイズ、熱源は炭?で200度ぐらいまで上がり40cmほどのピザが焼けてきました。窯のお値段はちょっと高めでしたがファミリーキャンプなどには良いかもしれませんね。

 植え込みには季節の草木が色とりどりの花を咲かせていました。空中の花園、、、庭のない私も季節の花を楽しませていただきました。
c0047919_08442992.jpg
c0047919_08443621.jpg
c0047919_08444388.jpg
c0047919_08445113.jpg
c0047919_08445767.jpg
c0047919_08450487.jpg





# by pechifeb9 | 2018-06-11 08:46 | Comments(0)
2018年 06月 04日

ツバメさん

 府中街道の五叉路で信号待ちをしていたら目の前をツバメがぴゅっと横切りました。チャリを降りて観察すると電線に留まり、ややあってすぐそばのカラオケ店の入口の庇の上に留まって辺りを警戒し、巣へ、、、と。

 翌日、撮った写真をみてちょっとびっくりしました。なんと巣は笊で、中にクッション材が敷いてある感じ、、、おそらくカラオケ店の人が用意したのでしょう。ツバメさん、「建売住宅」、気に入って良かったね。

 巣が深くてヒナの大きさがわかりませんでしたが、巣立ちまで無事育ってほしいものです。

c0047919_09574977.jpg
c0047919_09575611.jpg
c0047919_09580301.jpg
c0047919_09580945.jpg




# by pechifeb9 | 2018-06-04 09:58 | Comments(2)
2018年 06月 02日

 アジサイの頃

 あちこちでアジサイが咲き始めました。公園、庭、街路樹の下などなど、至る所で見かけまします。これほど愛好されている理由を私なりに考察してみると、増やしやすい(挿し木で根付く)、丈夫、色が変わって楽しめる、などの性質が都市空間にもマッチしているのではないかと思いますが、、、。

  万葉集では「味狭藍」とか「安治佐為」として出てきます。
安治佐為能 夜敝佐久其等久 夜都与尓乎 伊麻世和我勢故 美都々思努波牟(あぢさゐの八重咲くごとく弥(や)つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ)       橘諸兄
  他にもう一首あるようですが、平安時代にはほとんど詠まれなくなるそうで、その理由は不明ですが、色が変わることを心変わり、不実とみて疎んだのかもしれない、と勝手に解釈しました。

 南の方は梅雨入りしたようだし、こちらも天気が落ち着かない日が多くなっている感じしましたです。人の評価はどうであれ、アジサイはますます美しく街を彩ることですでしょう。

c0047919_17450299.jpg
c0047919_17451050.jpg
c0047919_17452101.jpg
c0047919_17453169.jpg
c0047919_17551767.jpg
c0047919_17453818.jpg
c0047919_17542947.jpg
c0047919_17544287.jpg
c0047919_17544927.jpg




# by pechifeb9 | 2018-06-02 17:56 | Comments(0)
2018年 05月 31日

田んぼが始動!

 少し前に農園に行ったらちょうど田起こしの様子が見られ、今年のコメ作りが始まった!とわくわく、、、って自分は関係者ではないのですが、、、。


 生まれも育ちも東京モンの私、疎開で田舎暮らしをしたのは3,4歳でしたから「ドドメを食べ過ぎて死に損ねた」ぐらいの記憶しかありません。だからここに転居して、なんと出身大学までチャリで10分とわかり、さらにここに農園があり、田んぼまである、、、と知った時、自分の幸運を喜んだものです。それから10余年、飽きもせず、農園へ、田んぼへとチャリを走らせています。


 田植えの日には行かれませんでしたが2週間ほど経った早苗はまだひょろひょろながらちゃんと活着して、その上をもうシオカラトンボがすいすい飛んでいました。この日、隣の小さな田んぼでは学生のサークルが田植えのお仕事中で一枚撮らせていただきました。

 畑では例のヤギさん2頭、もりもり草を食べてお腹がぶわっと膨らんでいました。後でゆっくり休んで咀嚼するようです。


 写真後半が2週間ほど前の田起こしの様子です。学生が五右衛門ぶろを用意していました。どろんこの子どもたち、さぞ大騒ぎして入ったことでしょう。


c0047919_10245422.jpg
c0047919_10250262.jpg
c0047919_10250917.jpg
c0047919_10251957.jpg
c0047919_10252781.jpg
c0047919_10253392.jpg
c0047919_10254118.jpg
c0047919_10254772.jpg







# by pechifeb9 | 2018-05-31 10:29 | Comments(0)
2018年 05月 27日

青葉の上野山

過日、彰義隊の151回墓前法要があったので家人の代理で参列しました。もはや彰義隊、ナニソレ?という時代ですが、今年は明治維新150年目ということで明治維新を検証する動きもあるようですからその中で少しは触れられるかもしれませんが。

 小一時間ほどを公園散歩しました。上野駅を公園口から出て美術館、博物館を横目に見て動物園も横目に見て、東照宮で少~しゆっくり。彰義隊墓所のすぐ近くの清水観音堂に寄って法要の始まる時間ぎりぎりに墓所へ滑り込みました。

 法要は1時間ほどで終了したので、すぐそばの西郷さんの銅像を最後に写して本日の上野山散歩を閉幕しました。
c0047919_15481504.jpg
c0047919_15482245.jpg
c0047919_15482998.jpg
c0047919_15483869.jpg
c0047919_15484587.jpg
c0047919_15485204.jpg
c0047919_15485958.jpg
c0047919_15490532.jpg
c0047919_15491265.jpg
c0047919_15491887.jpg
 
 


# by pechifeb9 | 2018-05-27 15:50 | Comments(0)
2018年 05月 19日

エゴの花散る

 近くの雑木林には数本のエゴの木があり、初夏にびっしりと白い可愛い花を咲かせます。その透明感が好きで毎年楽しみにしていて今年も、、、と思って行ったら早くも散り敷いており、かろうじてセーフという感じでした。

 エゴは古くから人の近くにあって万葉集にも詠まれており、その成分を洗濯に利用してきたなじみふかい植物だそうです。でも、この花を詠んだ句はそれほど多くなく(江戸俳諧には皆無)、確かに詠みにくい句材のよう。

 中で 咲きそめてはやこぼれつぐえごの花 片山由美子 はこの花の姿をよく表しているようです。


 午後の陶芸教室で先生からお庭の蕗をお裾分けいただきました。しかも下茹でまでして下さって。母を思い出す一品にしてありがたくいただきました。
  蕗煮るやいつか似通う母の味  遙夢


c0047919_09462357.jpg
c0047919_09463382.jpg
c0047919_09464124.jpg



# by pechifeb9 | 2018-05-19 09:47 | Comments(0)