2016年 06月 20日

皇居東御苑のハナショウブ

 時期の花であるショウブを見に行きました。ちょうど見ごろ、人出もまぁまぁで外国人も何人か。元々ここは外国人に人気のある場所、東京駅から至近、入園料なし、皇居だけあっていかにも日本的な風景が楽しめるのだから ガイド本にまずは取り上げられるところでしょう。
 この菖蒲田には84品種のハナショウブが植えられているそうです。ハナショウブは「アヤメ」の仲間で同類のカキツバタ、ノハナショウブ、アヤメ、イチハツとの違いが説明板にわかりやすく解説してありましたが、どうもこの5種の違い、わかったつもりになっても頭に定着しません。まぁ、ハナショウブが山野に自生していたノハナショウブを元に改良された園芸品種、ということだけ覚えておこうと思います。
c0047919_1435132.jpg

c0047919_1435825.jpg
c0047919_144797.jpg
c0047919_1441817.jpg
c0047919_1442625.jpg
c0047919_1443370.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-20 14:04 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 06月 19日

銀座~皇居東御苑

 銀座に用事ができたのでついでに娘とランチすることにしました。家族とはひと月一度ほど会っているのですが、娘とゆっくり話ができないので、うれしいチャンスです。

 落ち合った後道産子ブラザ(北海道のアンテナショップ)やアウトドアウェア専門店に立ち寄って、二重橋~皇居東御苑の菖蒲を撮った後、ランチしました。久々のイタリアンを美味しくいただき話も弾んで、2時過ぎ、子どもたちが学校から帰る時間に合わせて帰る娘と別れました。3時間ほどの楽しいデートでした。
c0047919_983646.jpg
 
c0047919_984483.jpg
c0047919_985163.jpg
c0047919_99213.jpg
c0047919_991456.jpg
c0047919_992844.jpg
c0047919_994746.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-19 09:09 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 06月 15日

ガクアジサイとヤマアジサイ

 今年の梅雨は律義タイプのようで一日おきぐらいに降り、その降り方もしとしととお淑やかで雨量が少なく、夏場の渇水が今から懸念されているそうな、、、。この先まとまって降ってくれれば解消されるのかもしれませんが、気になることですね。

 時期の花、アジサイが雨に濡れている風情はなかなか佳いものです。ガクアジサイとヤマアジサイを探して撮ってみました。  1~5がガクアジサイ 6,7がヤマアジサイ
c0047919_14154975.jpg

c0047919_14155680.jpg
c0047919_1416256.jpg
c0047919_14161030.jpg
c0047919_14161859.jpg
c0047919_14162747.jpg
c0047919_14163285.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-15 14:16 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 06月 12日

初夏の大学農園

 田んぼの様子を見に大学農園へ。先週あたりに田植えをしたのでしょうか、イネは根付いてはいるようでしたがまだひょろひょろと頼りない感じで、、、。

 畑に廻るとジャガイモの花が見え、その先に白いのがぽつぽつ、、、ソバ畑になっていました。楚々として小さい花ですが紅い蕊がアクセントの可愛いこの花が大好きです。
c0047919_10253454.jpg

c0047919_10254497.jpg
c0047919_10255181.jpg
c0047919_10255848.jpg
c0047919_1026691.jpg
c0047919_10261381.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-12 10:26 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 06月 08日

池のカルガモ親子

 池に菖蒲を撮りに行きました。ところが今年は白いのばかりが固まって咲いていて面白くなく、1,2枚撮って帰ろうとしたら池の奥の方にカルガモが雛を連れて休んでいるのが見えました。孵化してまだ数日と言ったところかな、5羽ほど。待っていると動きだし、短いレンズで撮れるところまで来てくれました。まだ母鳥から殆ど離れず、小さい足を懸命に動かしてついて行っている姿が愛らしいこと!
   
 自然の池なので、カラス、ネコ、ヘビ、、、と外敵がいっぱいいるからこの子たちが無事育つかどうかは運次第だけれど、一羽も欠けずに育ってほしいものです。
c0047919_1354442.jpg

c0047919_13541566.jpg
c0047919_13544833.jpg
c0047919_13545418.jpg
c0047919_1355270.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-08 13:55 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 06月 06日

雨上がりの殿ヶ谷戸

 関東地方も梅雨入りしたそうです。約ひと月、はっきりしない空模様で出かける人は天気が気になることでしょう。明ければ猛暑?やだやだ、とは思いますが梅雨時の情緒はけっこう好きです。日本人としての感性が目覚める、、、なんちゃって。

 梅雨入りの少し前の時期の雨模様の状態を走り梅雨というらしいですね。この日、殿ヶ谷戸庭園もしっとりとして良い感じでした。  走り梅雨すり寄る猫の腹温し 
c0047919_9492973.jpg
c0047919_9493783.jpg
c0047919_9494449.jpg
c0047919_9495563.jpg
c0047919_950285.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-06 09:50 | 2014年1月~ | Comments(3)
2016年 06月 05日

運動会

 近くの中学校で運動会が開かれていたので見に行きました。中学校にはとんとご縁がないので最近の運動会事情も知らずに行ったら生徒席と父兄席は別れていて、父兄ではない私は遠慮がちに?隙間から撮らせていただいた格好です。

 到着した時はリレー、次がややゲームっぽいもの、次が徒競走、、、といった種目で、道具を使ったゲーム感覚のはなくて(もっとも午前中の数種を見ただけですが)、至って地味なおとなっぽいものではありましたが、みな真剣に全力で競技している様子が気持よかったです。
c0047919_9372751.jpg

c0047919_9373494.jpg
c0047919_9374157.jpg
c0047919_9374915.jpg
c0047919_9375824.jpg
c0047919_938695.jpg
c0047919_9381243.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-05 09:38 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 06月 03日

アジサイ 図鑑写真風に

 アジサイが至る所で咲いています。真ん丸なのとロート型とでもいうようなのと大別されます(もう一つ別種でヤマアジサイがある)が、園芸では前者は「手毬咲き」、後者は「額咲き」と言われるそう。手毬の方を先日撮りましたが撮るのに面白いのは額咲きの方でその咲き方がわかるように撮ってみました。

 周りの、花と見えるのは萼が大きく発達した”装飾花”で、花序の周辺部を縁取るように並び、(手毬の方はガクアジサイから変化した、花序が球形ですべて装飾花となったもの)中心部の小さなポツポツ状の花から蕊が飛び出ているのが見えます。

 原産地は日本、万葉集にも2首ほど詠まれているほど古くから親しまれてきた植物だそうです。
c0047919_14261256.jpg

c0047919_14261968.jpg
c0047919_14262884.jpg


# by pechifeb9 | 2016-06-03 14:26 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 05月 31日

国分寺万葉植物園

武蔵国分寺の境内内にある「万葉植物園」に初夏の花を撮りに行きました。この日は何本かある卯の花の米粒のような花が散って辺りが薄い雪のよう、香りに誘われてハチがたくさん来ていました。
 アマチャを見つけました。花まつりの日にお釈迦様の像にかける甘茶はこの植物から採るそうです。アジサイの一種と以前伺いましたがなるほどガクアジサイみたいです。後はドクダミとカタバミ、どこにでも生えている草の花ではあるけれどどちらも可愛いです。
c0047919_1193469.jpg
c0047919_1194154.jpg
c0047919_1194983.jpg
c0047919_1195840.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-31 11:10 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 29日

JAむさし4周年記念祭

近くのJAが建て替わって4周年とかで記念イベントがあったので商品全品20%オフに惹かれて行きました。国分寺産の農産物の他、友好JA,姉妹都市、提携JAなどの特産品もテントで販売です。
 佐渡産の「塩トマト」とつめ放題「静岡茶」、新鮮野菜を買い、写真も少し撮ってお得感いっぱいで帰宅しました。
「塩トマト」は大ヒット、半乾燥したトマトを佐渡の塩で味付けしたものですが甘くて美味。そういえば子どもの頃、トマトに砂糖をかけて祖父が食べていましたっけ。70年近く前、庶民には果物は高価でしたからトマトは果物扱いだったのです。
c0047919_13304946.jpg

c0047919_13305995.jpg
c0047919_13311081.jpg

c0047919_13322674.jpg
 

# by pechifeb9 | 2016-05-29 13:31 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 05月 28日

初夏の農園で

 田んぼの様子を見に大学農園へ。田植えはまだだったようなので畑の方を廻ってみました。
 キウイが花をたくさん付けていましたが職員さんの話では雌花の付きがあまり良くない由(写真は雄花)、研究施設なので何でも少しずつ育てられているのですが、麦が風に揺れている風景は初夏らしくて良かったです。
c0047919_18132543.jpg

c0047919_18133338.jpg
c0047919_18134157.jpg
c0047919_18134897.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-28 18:13 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 25日

「新緑、そしてチョウ」

エゴの花を撮った雑木林は武蔵野の面影を残していてこの季節、ケヤキやクヌギの新緑がまぶしく美しいです。見上げると透過で葉脈までわかるほど。
 林の中をクロアゲハが3頭舞っていました。暫し待ちましたが止まる気配がなくて、帰ろうとしたら林の出口にいた別のチョウが撮らせてくれました。ウスバシロチョウのような、違うような、、、チョウの博士、いらっしゃいましたらよろしく~。
c0047919_9403472.jpg
c0047919_9404327.jpg
c0047919_9405690.jpg
c0047919_941610.jpg
c0047919_9411679.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-25 09:41 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 05月 23日

イベント”クラフトヴィレッジ in 殿ヶ谷戸公園”

 昨日国分寺駅そばの殿ヶ谷戸公園で催されたイベントに勝手写真班で出動しました。陶芸教室の先輩お二人が出店、他に今までお知り合いに なった市内外のアーティストさんたちもそれぞれの作品を展示販売されるのを楽しみながら撮らせていただくという一粒2度甘な狙いです。

  この公園で開催されるのは初めてだったそうですが結構広く、沢山のテントにとりどりのアート作品が並べられていて、作家さんとお喋りするのも楽しかったです。色々なワークショップもあって気軽に作品作り体験が特に子どもたちに人気でした。

 高木が影を作ってはいましたがちょっと天気が良すぎて暑かったのが難でした。
c0047919_16274629.jpg

c0047919_16275362.jpg
c0047919_1628285.jpg
c0047919_16281164.jpg
c0047919_16281888.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-23 16:28 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 05月 21日

昭和記念公園を楽しむ人たち

 花を撮りに来ても眼は人に、、、。この日は平日のせいか、人出は少なかった。ようです。メインのポピー畑もどうやら終盤らしく、、、。そのポピー畑に三脚立てて花を撮っているグループがいました。真昼間に三脚、あららららと思ったのだけれど、、、、あくまでも私個人の感想です(笑)。
c0047919_164666.jpg
c0047919_16461489.jpg
c0047919_16462184.jpg
c0047919_16462815.jpg
c0047919_16463617.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-21 16:46 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 20日

昭和記念公園の初夏

 立川で用事を済ませた後時間ができたので昭和記念公園へ。
  この季節の花と言えばポピーでみんなの広場の一角に畑が作られていましたが、ひどい虫食い状態、きれいなのを探すのが大変だったので早々に諦めて日本庭園に行きました。
  新緑が映えてとても美しい池にはスイレンが咲いていたが菖蒲はまだまだでした。
c0047919_16593972.jpg

c0047919_16594649.jpg
c0047919_16595553.jpg
c0047919_170296.jpg
c0047919_1701290.jpg
c0047919_1701927.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-20 17:00 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 19日

アジサイ開花宣言

 アジサイの季節がやってきました、とは言っても辺りで見かけるそれはまだ蕾が見える程度です。なのにこの某介護施設のエントランスへの10数メートルの小道に植えられたアジサイは色とりどりの花(とつい書いてしまうのですが)が咲き始めました。アジサイは土壌の酸アルカリ度により発色が決まると聞きますが、ここを見ているとホントかななどと思ってしまいます。
 種類は球型のものばかりでちょっと物足りないのですが「開花宣言」をとりあえず。
c0047919_842347.jpg
c0047919_843546.jpg
c0047919_844285.jpg
c0047919_845076.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-19 08:04 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 18日

アメ横

 簡単に食事でもして帰ろうとアメ横へ寄りました。平日でしたが、そこそこの賑わいで修学旅行生や外国人の姿も沢山見かけ、看板には外国語表記が多くなっているように感じました。
 あまり時間もなかったので写真はちょっと気合が入っていなかった、、、と後で反省したのですが、、、
c0047919_752391.jpg

c0047919_7524761.jpg
c0047919_7525454.jpg
c0047919_753574.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-18 07:53 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 17日

彰義隊慰霊法要

 家人は彰義隊隊士の何某の子孫らしく今年も法要の案内が届き、例によって私が代理で参列しました。今回は149回忌、「上野戦争」は教科書にちょこっと載っている(今の教科書ではどう扱われているかは不明)ものの、ナニソレと言う人の方が圧倒的多数のご時世です。実は私も大して詳しくはないのですが、15代将軍徳川慶喜が大政奉還後、上野寛永寺に蟄居、その助命嘆願と徳川政権を支持する藩士らが上野山に立てこもって新政府軍と対峙したものの、5月15日、半日ほどで鎮圧されたというのが上野戦争です。彰義隊はほぼ全滅、生き残りの隊士某が政府に願い出て6年後にやっとここに墓所を建てることができ、以来148年の年月が流れ、今もその供養のための法要が日蓮宗北部事務所主催で行われています。

 遺族も年を重ね、年々参列者が減っているようですが、激動の時代をそれぞれの義を奉じて命を懸けた人々を偲んでいるように思われました。

 最後の一枚、西郷隆盛の銅像は墓所から20Mほどの所に建っています。
c0047919_9171018.jpg

c0047919_9171885.jpg
c0047919_9172631.jpg
c0047919_9173468.jpg
c0047919_9174247.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-17 09:22 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 16日

上野は青葉若葉の真っただ中

今年も彰義隊の慰霊法要が行われ、家人の代理で参列してきました。少し早く着いて上野公園を写真散歩、これも恒例で毎年ほぼ同じところを撮っています。よくも飽きないものと我ながら感心するけれど。

 緑滴る上野、この日も沢山の修学旅行生?たち、ちょうど開催中の若冲展、連日の一万人越えのニュースで諦めましたが都美の行列に「3時間待ちです」と整理のお兄さんが叫んでいました。

 賑やかな上野動物園の横を通って東照宮へ、ここはいつ来ても外国人の旅行客が老若問わず沢山訪れていて、もしかしたら日本人の数より多いかもしれません。東照宮そのものには興味がないのでこの後慰霊法要の行われる彰義隊墓所へ向かいました。
c0047919_13351037.jpg

c0047919_13351793.jpg
c0047919_13352361.jpg
c0047919_13353086.jpg
c0047919_13353712.jpg
c0047919_13354442.jpg
c0047919_13355072.jpg
c0047919_1335585.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-16 13:36 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 15日

エゴの花

 近くの雑木林のエゴが可愛い白い花を咲かせる頃になりました。さほど広くない林なのですがエゴはかれこれ10本ほどあります。
 咲いてから散るまでが本当に短かく、咲く傍から散ってゆく、そのタイミングと天気を睨み合わせながら2度行きました。青空背景の ものを撮りに行った時はもう花の勢いがなくて少しさびしくなっていました。
c0047919_14591031.jpg

c0047919_14591716.jpg
c0047919_1459263.jpg
c0047919_14593551.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-15 14:59 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 11日

スズラン

今年もスズランの季節が来ました。ここに転居して来てスズランを見た時は驚きました、それまでスズランは北国の花だと思い込んでいましたから。嬉しくてあるお宅の裏庭で撮ろうとしていたらちょうど人が出てこられて「どうぞどうぞ、それに少しお持ち帰りください。でも良く手を洗ってね、毒があるから。」と言われたのが印象的でした。こんな可愛い花に毒があるなんて、、、でもそれがこの花の自衛の戦略なのだろうなと納得もしました。

 そのお宅は改築し、スズランは姿を消しましたが、もっと近くで玄関先植え込みを彩っているのを見つけました。つくづく少女の愛らしさを感じさせる花だと思います。
c0047919_185156.jpg

c0047919_1852228.jpg
c0047919_1853176.jpg
c0047919_1853826.jpg
c0047919_1855590.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-11 18:06 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 09日

日々の写真から

  春から初夏への日々、慌ただしく過ごすうちに花の顔ぶれも次々と変わっています。今撮らないとあっという間に咲き終わってしまうものもあってこの時期、写真撮りは特に忙しいです。

1.サラサドウダン 2.3.ニワゼキショウ 4.ハナイカダ  5.不詳(どなたか教えてください)6.カキドオシ
ハナイカダは葉の中央に花を付ける変わった植物で花は5mmほどしかありません。
c0047919_15123319.jpg

c0047919_15124115.jpg
c0047919_15124852.jpg

c0047919_15142111.jpg

c0047919_15131240.jpg

c0047919_1515461.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-09 15:15 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 05月 08日

初夏の大学農園

大学のメイン通りは欅が空を覆うように伸びて、まるで緑のトンネルのよう、GWで学生のいない 構内はとても静かで梢を渡る風の音まで聞こえそうでした。

 農園に廻ってみると学生グループが野営?の準備中のようでした。子どもたちを交えてのイベントでもするのかな。田んぼはまだ田起こし前の状態で燕が何羽か飛んでいました。田起こしは今月半ばでしょうか、また時々行って見なくては。

 帰りしなアオスジアゲハを見かけて撮りましたが、後で画像を見ると翅が痛んでいました。前日の強風を耐えた姿なのでしょう、頑張って生き抜いてほしいものです。
c0047919_17523780.jpg

c0047919_17524513.jpg
c0047919_17525391.jpg
c0047919_1753118.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-08 17:53 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 07日

子供の日、葛西臨海公園で

GWも終盤の5日、娘一家と葛西臨海公園へ行きました。大変な人出でしたが広いし、緑と芝生はふんだんにあるし、海にも入れるとあって人気もむべなるかな、です。 行列の観覧車と水族館はパスして木陰にテントを設置すれば小さな天国、薫風だけがお客様で、、、。わいわい言いながら簡単ランチの後、小道具で遊びました。

 この日も「カメラ貸して」が始まり、チビは勝手にパチパチ撮っていました。PCに取込んだらわけわからんも沢山ありましたが、何枚かはほぉ!もあり、最後の一枚がその一つです。

 この日、初夏の臨海公園には沢山の子どもの笑顔が溢れていました。
c0047919_1005154.jpg

c0047919_101079.jpg
c0047919_101726.jpg
c0047919_1012737.jpg
c0047919_1014358.jpg
c0047919_1015416.jpg
c0047919_102325.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-07 10:02 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 03日

小さな池の春

 鳥が居なくなって寂しくなった池ですが湿地の方ではショウブが池を彩ってくれます。今年もキショウブが咲きだしました。あとひと月もするとハナショウブも咲いてくることでしょう、それも楽しみです。
 細い流れに沿った道にシャガ、民家にフジが房を垂れていました。春もそろそろ終盤と言ったところでしょうか。
c0047919_9341632.jpg

c0047919_9342479.jpg
c0047919_9343221.jpg
c0047919_9344057.jpg
c0047919_9344891.jpg
c0047919_9345516.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-03 09:35 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 02日

ナガミヒナゲシ

 空き地、道路沿い、、、至る所に見かけるこのオレンジ色。地中海沿岸から中欧にかけてが原産地のこの花が、遥かこの国のあちこちで繁栄を誇るようになったのには理由があるそうです。アルカリ性土壌を好み(コンクリートはアルカリ性)、他の植物の生育をおさえる成分を持ち、ひとつの実から2000粒もの種子を飛ばす能力を持ち、、、とすごい生命力。特定外来生物並みのリスクを持ちながら、未だに指定されていないとWikiに書かれていました。

 迷惑な草と言われようと本人の知ったことではないでしょう。その長い時間の中で命を引き継ぎつつ獲得した力を十二分に発揮してこの日も風にそよいでいました。
c0047919_10282991.jpg

c0047919_10283767.jpg
c0047919_1028451.jpg
c0047919_10285269.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-02 10:28 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 05月 01日

大学農園も春たけなわ

 藤棚のピンクのフジが目当てでしたがイマイチだったので農園に向かいました。畑では農業グループが植え付け作業中?、田んぼはまだ田起こしは先の模様だったがイネの苗床が作られていました。
  タケノコがすくすく伸び、藤棚にはヤマフジが揺れて、、、、初夏の兆しが溢れていました。 
c0047919_1434598.jpg
c0047919_14342294.jpg
c0047919_14343779.jpg
c0047919_14345228.jpg


# by pechifeb9 | 2016-05-01 14:35 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 04月 30日

ハナミズキ・モノクロバージョン

 ハナミズキのような花びらが薄く、多少の筋があり、色もそう濃くない花は透過が良く出ます。昨日載せた中から何枚かをモノクロ変換してみました。
c0047919_7364520.jpg
c0047919_7365246.jpg
c0047919_7365869.jpg


# by pechifeb9 | 2016-04-30 07:37 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 04月 29日

ハナミズキ

 サクラと入れ替わるようにして公園や庭を彩っているハナミズキ、アメリカ原産のこの木がやってきたのは東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラを贈り、その返礼として贈られたのが始まりだそうですね。強い木なのか街路樹として取り入れられ、今や春の都市風景に欠かせないものとなったようです。そうそう、秋の赤い実も可愛いですよね。
c0047919_13251212.jpg

c0047919_13252550.jpg
c0047919_1325372.jpg
c0047919_13255197.jpg
c0047919_1326015.jpg
c0047919_1326984.jpg


# by pechifeb9 | 2016-04-29 13:26 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 04月 27日

カナヘビと子どもたち

 公園のはらっぱに男児3人組が顔を寄せ合っていたので話しかけると「かなへびだよ」と言って見せてくれました。初めて見たのであれこれ質問すると、「カナヘビって爬虫類なんだ、お腹が黄色いのがメス、、、」と得意そうに教えてくれる子どもたち。立場逆転でしたがとても楽しいひとときでした。
c0047919_10182281.jpg

c0047919_10182947.jpg
c0047919_10184185.jpg
c0047919_10184790.jpg


# by pechifeb9 | 2016-04-27 10:18 | 2014年1月~ | Comments(0)