カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 08日

昭和記念公園 その2

暑い日でしたので飲み水を用意して木陰を拾って歩くよう心掛けました。急に暑くなるこの時期は慎重に体を慣らさないといけない、と、これでもいくらかの分別はありまして、、、、。

 緑に囲まれた日本庭園の大きな池が気持ち良いこと!菖蒲もそこそこ咲いていてトンボももう見られましたがスイレンがまだつぼみだったのは残念でした。


 広い公園なので欲張らないことがコツ、と心得てこの日はパークトレインに乗車、らく~に半周ほどを運んでもらいました。

c0047919_09341668.jpg
c0047919_09342389.jpg
c0047919_09343111.jpg
c0047919_09344166.jpg
c0047919_09345339.jpg
c0047919_09350473.jpg



# by pechifeb9 | 2017-06-08 09:35 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 06月 06日

昭和記念公園 その1

3か月ぶりに昭和記念公園へi行きました。菖蒲が日本庭園で咲き始めという程度で沢山の人が押し掛けるということはなさそうだと思って行きましたが、平日にしてはお客さんが多かったみたい。 遠足組が多かったのもこの時期の特徴でしょうか、広い野原の大木の下では賑やかに休憩している風景、水の広場でははしゃぎまわる子どもたち、、、、と楽しさが伝わってくるシーンがたくさん見られました。 

 写真も結構撮ったので2回に分けて載せることにしましょう。



c0047919_10120457.jpg
c0047919_10121962.jpg
c0047919_10122735.jpg
c0047919_10124386.jpg
c0047919_10125332.jpg
c0047919_10130173.jpg



# by pechifeb9 | 2017-06-06 10:13 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 06月 03日

初夏の大学農園

農園の田んぼが気になって行ってみました。既に田植えが終わっていて頼りないながらも活着しているようなのが見て取れました。
田は大学がいくつかのグループに貸し出している形で、まだ植え終わっていない田んぼも2枚ありました。揃うのは6月半ばでしょうか、伸びたイネが風にそよぐさまをまた見に行こうと思います。


 この大学は開放的でご近所さんが花見や紅葉狩りに自由に出入りしています。この日も若いファミリーの姿が見られました。遠くに行かなくても自然が楽しめるのはなんてすばらしいことでしょうね。



c0047919_09561844.jpg
c0047919_09565759.jpg
c0047919_09570518.jpg
c0047919_09571360.jpg
c0047919_09572006.jpg






# by pechifeb9 | 2017-06-03 09:57 | Comments(0)
2017年 05月 31日

初夏の殿ヶ谷戸庭園

所用のついでに殿ヶ谷戸庭園を覗きました。春の山野草が一通り終わって、花はカルミア、シランぐらいでしたが、松の濃緑、楓の若緑、、、と庭園は新緑に包まれていました。



c0047919_09095599.jpg
c0047919_09100660.jpg
c0047919_09101823.jpg




# by pechifeb9 | 2017-05-31 09:10 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 29日

アジサイ


毎年いち早く咲くアジサイのスポットがあります。とある老健施設への道路際に数十株ほどなのですが、青、ピンク、薄紫、、と色とりどり。アジサイは土壌のPHによって発色が違うと聞いているので、隣り合った株で色が違うってどういうこと?と疑問に思うのですが、、、、。


c0047919_16481897.jpg
c0047919_16483002.jpg
c0047919_16483724.jpg
c0047919_16484483.jpg


# by pechifeb9 | 2017-05-29 16:49 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 27日

5歳児は面白い

 ひと月ぶりに娘宅へ行った。女孫は近所のお祭りに行ったとかで不在、男孫が張り切って待っていてくれた。4月から幼稚園年長になってエラくなったらしく「オレ」を連発して笑わせる。来年は自分も机を持つのだと言うが、山のようなおもちゃ類を何一つ捨てられない困ったちゃん。もしかして「付喪神」を知る機会でもあったのかと娘と笑いあった。この子の前でそれは禁句なのだ。

 食後、三輪車を補助輪なしで乗るとのことで下の公園へ。まず補助輪を外し、2度ほどすっころんだものの難なく乗れるようになった。そのうち女孫が興奮状態でお祭りから帰ってきて(私が来ているので友達を振り切って?)、合流。

 こんな風に一緒に遊べる日がいつまで続くかはわからないが、彼らの記憶に残っても残らなくても、私には貴重な 人生のひとこまだった。


c0047919_09144488.jpg
c0047919_09145612.jpg
c0047919_09150531.jpg
c0047919_09151960.jpg
c0047919_09152673.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-27 09:16 | Comments(0)
2017年 05月 25日

初夏の公園で

買い物ついでに公園まで足を伸ばした。池のカルガモがそろそろヒナを連れて泳いでい るかな、と。
池には成鳥が2羽いるだけでヒナの気配なし。ご近所おじさんが「まだでしょう」とは言ってくださったが、、、。
 一回りして、初夏の花や楽しむ子どもたちの姿を撮って帰った。



c0047919_17563843.jpg
c0047919_17564746.jpg
c0047919_17565695.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-25 17:57 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 24日

エゴの花咲くころ

 近くの雑木林にはエゴの木が何本かあって、今年も花がたくさん咲いた。英名のJapanese snowbellという名の通り、白い小さな花がびっしりと垂れ咲く。花は清楚で可愛いが果皮に有害なエゴサポニンを含み、胃や喉の粘膜に炎症を起こし、溶血作用もあるそうだ。昔は石鹸のように洗濯に用いられたといわれる。

 雑木林はだいぶ整理されて以前のようにこんもりとはしていないが空高く伸びた枝には青葉若葉が風にそよぎ、漏れる光が地面に踊っていた。


c0047919_08570403.jpg
c0047919_08571361.jpg
c0047919_08572052.jpg





# by pechifeb9 | 2017-05-24 08:59 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 22日

日々の写真から

  1. このところだいぶ初夏らしくなってました。昨日など東京も30度近くまで上がったらしいですね。
     花も次々と咲いては散って、顔ぶれが変わります。うっかりすると撮り損ねたり、、
  2.  PCを買い替えて、新居へのモノの据え付け作業に大わらわ。うまく動かないソフトも多々です。
  3.  ここに載せる写真のいくつかは少し時季外れもあるかもしれませんが、ご容赦のほど

c0047919_20461225.jpg
c0047919_20462472.jpg
c0047919_20463646.jpg
c0047919_20465107.jpg
c0047919_20471175.jpg
c0047919_20472318.jpg


# by pechifeb9 | 2017-05-22 20:53 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 20日

上野散歩

彰義隊の法要が終わって、少し時間があったので上野のお山をカメラ散歩。毎年同じ時期にほぼ同じところを撮っているので目新しいことはないのだが、年々外国人旅行者が増えている気がする。特に東照宮などは外国人比率が高く、8割近い感じだった。
清水観音堂、東照宮、、、と廻って大噴水の辺りまで、、。この日は月曜日だったため美術館など全てが休館、いつになく静かな上野山であった。
c0047919_20045872.jpg
c0047919_20050911.jpg
c0047919_20051973.jpg
c0047919_20052962.jpg
c0047919_20053772.jpg
c0047919_20054514.jpg
c0047919_20055440.jpg
c0047919_20060887.jpg







# by pechifeb9 | 2017-05-20 20:07 | Comments(0)
2017年 05月 17日

彰義隊百五十回忌墓前法要

 今年は彰義隊が上野の山で官軍と戦って敗れた日(5月15日)から149年経過し、その忌日に百五十回忌法要が行われました。
 家人が彰義隊の隊士の子孫なのですが行かれないので、私が毎年代理で参列します。今年は大掛かりな法要となり、徳川宗家18代当主氏の参列があったり、舞楽奉納があったりして、見物人?が多数見守る中、厳かに読経が流れていきました。
 彰義隊が立てこもり、官軍の砲火を浴びて全山焼野原になった上野のお山も、今は大樹が青々と生い茂り、何も知らない人々が楽しげに歩いていました。
c0047919_09412972.jpg
c0047919_09414477.jpg
c0047919_09415990.jpg






# by pechifeb9 | 2017-05-17 09:43 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 13日

友人の個展

 古くからの友人Uさんの個展に、友人と一緒に行きました。Uさんは幼稚園教諭の仕事の傍ら、油絵を描かれています。高校時代から、画歴はもう60年近くになられるでしょう。
 今回のテーマは「五島に祈る」と題された、2年前の五島への旅での感動をモチーフにされたものとのこと。蒼を基調に描かれた絵から立ち上ってくる宗教的雰囲気に心満たされた時間でした。

 1枚目の作品は50号の大作、ある合唱団の演奏を聴かれたときの印象を描かれたとのこと。

 過ぎし日、子育てしながら一緒に過ごした友が今でもこのように創作意欲を滾らせていられることに感動し、励まされたことでした。
c0047919_11434218.jpg
c0047919_11435137.jpg
c0047919_11435917.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-13 11:44 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 11日

 万葉植物園とお鷹の道

国分寺の元住職さんが集められた万葉植物園とお鷹の道を撮り歩き。「うつぎ」などの万葉集に詠われている木は歌を記したプレートが添えてある。地にはタツナミソウ、エビネ、マムシグサなどの山野草が何種か目を楽しませてくれた。

 お寺を出てすぐのお鷹の道には小川が気持ちよく流れ、子どもがザリ釣り?に興じていた。

c0047919_09272362.jpg
c0047919_09273203.jpg
c0047919_09274000.jpg
c0047919_09274803.jpg
c0047919_09275513.jpg
c0047919_09280263.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-11 09:28 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 08日

祝祭日

 今年のGWも例年通り、どこへも行かない静かな数日、楽しく過ごす人々を見たり撮ったり、、、を楽しんだ。

 ネットでカルガモが雛を引き連れて泳いでいる風景を見たのでもしやと行った大きな公園の池には親鳥はいたが雛の姿はなくて残念。もう少し先かな?
 この日は子どもの日、大きな公園には鯉のぼりが泳いで祝祭気分を高めていた。

 もう一か所の池でも雛はまだのようで、お立ち台?では2羽が亀と一緒にの~んびり。


c0047919_10530862.jpg
c0047919_10531512.jpg
c0047919_10532322.jpg
c0047919_10533176.jpg
c0047919_10533966.jpg
c0047919_10534782.jpg





# by pechifeb9 | 2017-05-08 10:54 | Comments(0)
2017年 05月 07日

鯉のぼり

 5月と言えば若葉と鯉のぼり、、、見ると生まれ出た命を愛で、その成長を願う気持が湧いてくる。最近は個人宅では幟が見られなくなっているが市内の農家さんで見られるところがあるので、青空と風がよく揃った日に撮りに行った。

 ちょうどご当主が見えたので、少しお喋り。孫が8人、ひ孫が3人、鯉のぼりは孫の数と同じだと話す日焼けした笑顔がまぶしかった。

c0047919_09460973.jpg
c0047919_09461709.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-07 09:46 | Comments(0)
2017年 05月 05日

カエデの若葉、花

ハナミズキの農園にはカエデも何本かあり、若葉の緑が美しく風にそよいでいます。繊細な葉の間から可愛い赤い花がぶら下がり、そのいくつかにはプロペラが、、、あれ、もう種ができ始めている?タネが風に乗って旅立つのは秋なのに、もう準備が始まっているとは、驚き、、、、でした。
c0047919_15082749.jpg
c0047919_15083592.jpg
c0047919_15084298.jpg






# by pechifeb9 | 2017-05-05 15:09 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 04日

ハナミズキの季節

桜の返礼にアメリカから贈られたというハナミズキがすっかり日本に定着して、町中を席巻している感ありのこの季節です。需要が高いのでしょう、わが市の植木農園ではハナミズキを育てているところがいくつかあります。

 先日、その一つにお邪魔しました。隣の公園からは子どもたちの声が響き渡り、時々ウグイスの声も聞かれて、麗かな春のひとときでした。

c0047919_09420112.jpg
c0047919_09420932.jpg
c0047919_09422149.jpg
c0047919_09423245.jpg
c0047919_09423954.jpg



# by pechifeb9 | 2017-05-04 09:43 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 05月 01日

藤の花

近くの家で藤が咲きだしたのを見て、大学へ撮りに行きました。3か所に藤棚があり、皆色が異なります。色の名の由来となった紫色のはまだ全然、学食前のはピンクの房が結構垂れ下がっていましたが、ハチの姿が殆どなくてちょっと不審。去年など香りに誘われたクマバチがうるさいほど飛んでいましたが、、。
 もう一か所は農園の一角、ここのはほとんど垂れ下がらないタイプの白です。ネットによると藤には二種類あり、つるが右巻きのと左巻きのと、前者は「ノダフジ」、後者は「ヤマフジ(またはノフジ」というらしいのです。もしかしたら白色のこれはヤマフジの方なのかしらん。巻き方を良く見て来なかったのは不覚でした。
 おまけはちょっと育った筍。教材園なので食用にしないため、ここの筍はみなすくすくと若竹になっていきます。
c0047919_13260969.jpg
c0047919_13261705.jpg
c0047919_13262588.jpg
c0047919_13263191.jpg






# by pechifeb9 | 2017-05-01 13:27 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 29日

次の主役は、、、

 近くの公園を一巡りしました。体育館の前のハナミズキが花を付けています。八重桜が終わるころ街を彩る次なる主役はハナミズキ。街路樹にももてはやされているみたいですね。ここには赤しかないのでそのうちに植木農園の畑に行ってみようと思いながら、、、、。
 帰り、農地に溢れんばかりの大根の花が咲いていました。種を取るためでしょう。普通花が咲く前に採ってしまうからか、通りかかった人が「何の花でしょうね」と聞いてきました。アブラナ科ダイコン属、原産地は地中海沿岸だそう。

c0047919_07512258.jpg
c0047919_07513092.jpg
c0047919_07513641.jpg
c0047919_07514312.jpg
c0047919_07515072.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-29 07:52 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 26日

日々の写真から 

 ソメイヨシノが葉桜になり、代わってサトザクラの色々が咲き競う頃になりました。落花の風情は何とか納めたものの、花吹雪も花筏も撮れなかったのが残念でしたが。

 桜ばかりが花じゃないとばかりに、公園にも庭先にも空き地にも、至る所に花、花、花、、、の、忙しくも嬉しい季節。

 花その1はハナヅオウ その2はフォッサギラ(マンサク科 / シロバナマンサク属)、ちょっと珍しいかもしれません。

c0047919_10570865.jpg
c0047919_10571575.jpg
c0047919_10572354.jpg
c0047919_10573180.jpg
c0047919_10573916.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-26 10:58 | Comments(0)
2017年 04月 24日

八重桜

 近くの児童公園にはソメイヨシノ2本と八重桜が2本があり、いずれも結構な大木です。児童公園といっても砂場と鉄棒があるだけなので子どもの姿はめったになく、静かにサクラが鑑賞、撮影できます。時期になったので八重桜を撮りに行きました。

 「八重桜」は一つのサクラの品種ではなく、八重咲きに花を付けるサクラの総称、鑑賞用としてつくりだされたため多くの品種があり、花弁の枚数も多いとのことです。ここの2本がなんという品種かはわかりませんが、いずれも華やかな印象です。それにしても八重桜の撮り方って、、、、芸がないなぁと自分でも思うのですが、、、。


c0047919_09431812.jpg
c0047919_09432985.jpg
c0047919_09433773.jpg
c0047919_09434557.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-24 09:44 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 22日

殿ヶ谷戸庭園の八重桜

 くるみギャラリーからの帰り道、殿ヶ谷戸庭園の横を通ったのでヤエザクラを撮ろうとちょっと立ち寄り。
 この庭園に桜はあまりないのだが、入り口のこの木は見ごたえ充分。花の重さで撓う枝ぶりもこの木の魅力、かも。
  白い花はヒメリンゴ、、、秋には実も楽しめそう。
c0047919_09285269.jpg
c0047919_09285997.jpg
c0047919_09290776.jpg
 




# by pechifeb9 | 2017-04-22 09:29 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 20日

公園、そして池


図書館に閲覧がてら公園へ、去年見つけた”薄緑色の桜”を撮りたくて。一回りしていると薄緑の桜を2本発見した。まだ咲き始めたばかりだったが、どうやらウコン(鬱金)らしい。去年見つけたのもその一本なのだった。

 帰り道、池に寄ってみた。マガモもオシドリももう旅立ってしまった池にはカルガモが4羽、漂う落花のなかを泳ぎまわっていた。

c0047919_09470695.jpg
c0047919_09472844.jpg
c0047919_09471766.jpg
c0047919_09473552.jpg
c0047919_09474442.jpg
c0047919_09475149.jpg
c0047919_09475814.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-20 09:52 | Comments(0)
2017年 04月 18日

甲斐先生の焼物展

数年前まで私の陶芸の先生であった甲斐哲哉氏の作品展が今年も”くるみギャラリー”で開かれているのでお邪魔しました。氏は国分寺で長年制作と指導に当たられていましたが、2年ほど前に故郷・大分県竹田市に居を移され、制作と地域活性化に尽力されています。
 竹田では、こちらでは難しかった野焼きに取り組まれ、独創的な素朴で温かみのある作品の数々を生み出されており、その作品のいくつかを今回も展示されました。

「野焼きは焼き物の原点、焼き上がってみるまで結果がわからないところが面白く、奥が深い」とおっしゃる氏は本当に楽しそうで、輝いていらっしゃいました。
c0047919_18204204.jpg
c0047919_18205215.jpg
c0047919_18210076.jpg
c0047919_18210857.jpg


 
 



# by pechifeb9 | 2017-04-18 18:22 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 17日

史跡公園の桜

 市内一番の桜の名所が史跡公園。天平の昔、ここに武蔵国分寺という大規模な造営がありました。落雷などで消失し積み重なる歳月で今は本堂の礎石、七重の塔の基壇を残すのみですが、史跡公園として歴史の面影を残しています。

 恒例の”万葉花まつり”は雨だったので行きませんでしたが、翌日、薄日ながら晴れてきたので行ってきました。花見の人もわずかにいましたが、子どもが時折あげる歓声の他はいたって静か。精一杯咲き、風に揺らぎ、散る桜はやはり美しかったです。


c0047919_09523546.jpg

c0047919_09524854.jpg
c0047919_09530339.jpg
c0047919_09531000.jpg
c0047919_09531993.jpg
c0047919_09532906.jpg
c0047919_09533892.jpg
c0047919_09534647.jpg


 



# by pechifeb9 | 2017-04-17 09:55 | Comments(0)
2017年 04月 15日

日々の写真から

 春は犬たちの受難の季節です。市内何か所かで狂犬病の集団予防接種が実施されるので一番近い市役所構内に楽をチャリで運びました。注射はすぐ終わり(痛くもなんともないらしい)、次々と連れて来られるお仲間たちの様子を見るのが楽しいです。
  怖がって暴れるのを抑え込む飼い主さんには同情。沢山のお友達と遊べると見て嬉しそうにするワンの可愛いこと!ちょっと写真を撮って帰宅しました。

 3,4枚目は夕方散歩で見かけた道端の小さな花 4枚目のキュウリグサはと~っても小さいがワスレナグサ似の可愛い花。...
 5枚目はアブラチャンの花、まるでブーケのよう(撮影場所は大学農場)

c0047919_10083930.jpg

c0047919_10084757.jpg
c0047919_10085411.jpg
c0047919_10090264.jpg
c0047919_10090859.jpg

 



# by pechifeb9 | 2017-04-15 10:10 | Comments(0)
2017年 04月 14日

大学の桜

 大学の桜を今年も撮りに、、、、。在学中から既に大木だった桜、樹齢はかなりのものだと思われます。ソメイヨシノの寿命60年説というのがあるそう、一方で環境、手入れによってはもっと長いはずという説もあるのですね。

 良く見ると幹に大きな茸が生えているのもあり、空洞化も起こっているかもしれません。何事も天意のままに、、、いつか倒れる日が来るかもしれませんが、それはまだまだ先、と思いたいです。
 

c0047919_10093270.jpg
c0047919_10094606.jpg
c0047919_10095545.jpg
c0047919_10100242.jpg
c0047919_10101018.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-14 10:11 | Comments(0)
2017年 04月 12日

日々の写真から

 桜が咲くととたんに忙しくなるのは毎年の事ですが、日々の移ろいの中にあるちょっとした感動を残したいと、持ち歩いている小さなカメラに収めた春の小景を何枚かをアップします。

c0047919_11175822.jpg


c0047919_11180678.jpg


c0047919_11181529.jpg


c0047919_11182336.jpg


c0047919_11183053.jpg






# by pechifeb9 | 2017-04-12 11:18 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 11日

殿ヶ谷戸庭園の春の山野草

  春の山野草が楽しめる殿ヶ谷戸庭園、カタクリを撮りに行った時は時間がなかったので改めて行ってみた。

  山野草は一般に地味で小さき花が多いので見落としがちだが、毎年時期になると突如芽を出し花を咲かせる。その多くがスプリングエフェメラル(春の妖精)と言われる由縁。
  この日見られたのはキクザキイチゲとヒトリシズカ、シュンラン、フッキソウ、、、、それにワラビとスミレ。季節がもう少し進むとクマガイソウなども見られるだろう。

c0047919_09123798.jpg
c0047919_09124531.jpg
c0047919_09125484.jpg
c0047919_09130105.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-11 09:13 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 09日

熊野神社の桜

 ソメイヨシノとシダレザクラの共演が見られる熊野神社へ。神社で花見の宴を催すのは畏れ多いのかどうか知りませんが、だ~れも居ない境内で爛漫と咲く2本の桜を鑑賞し、ゆっくりと写真することができました。
 こういう私的桜名所があるのはうれしいことです。

c0047919_09512049.jpg
c0047919_09513146.jpg
c0047919_09520427.jpg
c0047919_09514187.jpg
c0047919_09521723.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-09 09:52 | 2014年1月~ | Comments(0)