カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2010年10~12月( 24 )


2010年 12月 25日

日々の写真から

 世間の喧騒?を他所にマイペースな我が家です(って、単に皆さんより年末家事をさぼっているだけだったりして、、、)。

 写真だけはこまめに撮っているのが恥ずかしいくらいですが、もう、恥ずかしがるトシでもないか、、、と。

 最近の写真から、数枚です。
(最後の一枚は陶芸教室で作った小品。楊枝入れにでも使えるかな?ドーム型のものは一応、香炉)
c0047919_9221088.jpg
c0047919_9223631.jpg
c0047919_9225351.jpg
c0047919_923419.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-25 09:23 | 2010年10~12月 | Comments(6)
2010年 12月 24日

小春日和の姿見の池で

 年末寒波はまだやってこない、暖かい12月。小春日和の午後、チャリに楽を乗せて姿見の池に行きました。 
 常駐しているはずのカモの姿がなく、ちょっとがっかりしながら湿地の方に行くと遠くに白い小型の鳥が、、、。コサギ!こっちに来るのを待ちながらそのあたりをぶらぶら、、、、。

 コサギが近寄ってきた、と思っているうちにやおらエサをゲット。くちばしの先で突付きだしたのはザリガニのようです。少しずつ咥えなおして何度目かで喉がぷくっと膨らんでごっくん、、、を撮ることができました(写真は飲み込む寸前のもの)。

 帰ろうかなと戻りかけると父子が小川を網で浚っています。子どもが「獲れたぁ!」というのを見せてもらったらまだ小さいザリガニ君。記念撮影?の後、「春になって大きくなるまで待ってあげられる?」と聞いたら、すなおに小川に帰してあげていました。
 
 鳥に食べられて命をまっとうできなかったザリ、人に獲られたけれど生き延びられたザリ、それぞれの運命でした。
 でも、命をまっとうって何でしょうか?鳥に食べられたザリは不幸なのか、鳥の命を養ってやることに役立ったのはムダ死にではないのでは?
 帰り道、そんなことを考えながらチャリを漕いでいました。
c0047919_15411642.jpg
c0047919_15413488.jpg
c0047919_15414829.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-24 15:42 | 2010年10~12月 | Comments(2)
2010年 12月 21日

年の瀬、浅草にて

 年末恒例、浅草にある実家のお墓参りに行ってきました。
菩提寺は浅草ビューホテル(旧浅草国際劇場)のすぐ近くで、亡母と一緒に行っていた頃は墓参の後の食事が楽しみでした。一人の今は食べるより写真、まずは何かを撮ってから、ね。
 
 「花やしき」を横に見ながら進んで浅草寺へ。
 本堂に近づくと「平成の大営繕」が終わって間もない荘厳な姿が冬晴れの空を背景にそびえています。浅草寺旧本堂は東京大空襲で焼失し、1958年に再建されたのですが、半世紀を経て耐震性などに問題がでて外装塗装などとともに瓦を葺き替えられました。使われたチタン瓦は荘厳さを保ちながら従来の土瓦と比べ格段に軽く、耐震性、耐久性があるということです。工事中は覆いが被されお参りはできたもののやはり少し物足りなかったのが、これでまた人気が出ることでしょう。

 宝蔵門のところに大勢の托鉢僧が募金を呼びかけていました。天台宗僧侶による「全国一斉托鉢」、「慈愛の心で助け合い」をスローガンに、毎年12月、全国津々浦々で募金活動を 行い、その浄財は地域の社会福祉協議会やNHK歳末たすけあいや海外たすけあいに寄託するのだそうです。
 12月は厳しい暮らしが一段と冷え込む季節であるけれど、人の心の温かさを感じさせる時でもありますね。

 どこからでも見えるようになったスカイツリーを浅草寺と組み合わせて撮ろうと思いましたがうまく納まらなかったので、少し離れたところにある戦災者供養の仏様と組み合わせてみました。
 今から65年前の下町大空襲で亡くなった人々の供養のために建てたものと今を象徴するかのようなスカイツリーと、、、、、これも浅草らしいと一人合点して。
c0047919_14392935.jpg

c0047919_14401450.jpg
c0047919_14402949.jpg
c0047919_14403973.jpg
c0047919_14404985.jpg
c0047919_14405922.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-21 14:42 | 2010年10~12月 | Comments(0)
2010年 12月 19日

お鷹の道散策

 久しぶりにお鷹の道に行ってみました。
初冬のひととき、散策を楽しむ人が多いようだと思いながら真姿の池への小道を曲がると数人の若者が木に取り付いていました。その辺りの木にはカラフルな巣箱が取り付けてあって、それを外そうとしていたのです。思い出しました、少し前の市報に「なんとかのプロジェクト」と題する行事が載っていたっけ、、、と。

 彼らに話を聞いたところその日は「バードハウス空の家プロジェクト(http://www.soranoie.org/)」の一環、「バードハウスギャラリーウォーク2010(http://www.soranoie.org/pamphlet.pdf」)の最終日で、お鷹の道他各所に展示された多数の応募作品のうち審査で選ばれた受賞作品の発表と講評があるので、そちらにもどうぞと案内されました。

 散策しながら写真を撮った後、会場である小学校へ寄ってみました。 会議室で行なわれていた講評と受賞作品の発表は時間がないので、ちょっと覗くだけにさせてもらいましたが、アイデアに溢れた作品が沢山集まってプロジェクトは着々と実りつつあるようでした。
 カラフルで楽しいバードハウスが街中のあちこちの木に取り付けられ、鳥たちの住まいになり、それを見守る人々の輪ができ、、、、そういう「バードハウスを通して鳥と人間の、そして人間同士の共生社会を描きませんか?」というこのプロジェクトが発展するように、、、、、と願っています。
c0047919_1018461.jpg
c0047919_10185810.jpg

c0047919_10195070.jpg
c0047919_1020777.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-19 10:20 | 2010年10~12月 | Comments(2)
2010年 12月 14日

猫たち

ブログ、少し戻ってみてみたら紅葉ばっかり、、、、(汗)。
そこで、最近出会った猫たちを見ていただこうと思います。
12月とはいえ、上天気の日は外でも暖かいですね。ノラさんたちにそういう日が続くように祈ります。
1.2.武蔵国分寺の墓地に住んでいる?猫。でも、とてもきれいな子。
c0047919_9165063.jpg
c0047919_917390.jpg

3.別の子ですが、墓地近くの草むらで。
c0047919_9187100.jpg

4.これはうちのキー太。ここは彼のお気に入りの場所。
c0047919_9191423.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-14 09:20 | 2010年10~12月 | Comments(0)
2010年 12月 12日

殿ヶ谷戸庭園のもみじも外せなくて、、、、

 そろそろ皆さん紅葉は食傷気分でしょうが、市内随一の紅葉を撮らないと、ここには住んでいられなくなるから(なんちゃって、、、)やっぱり行ってきました。

 ここの紅葉は遅いのでちょうど見頃で、高低差のある地形と複雑な日照のせいで緑から深紅が入り混じり、やはりきれいでした。
 
 雪吊りがいくつか立っていました。今年は雪は降るのでしょうか?
どんどん暖かくなっている東京、暮らしやすいのはありがたいけれど、一度ぐらいは雪景色を楽しみたいなぁ。

c0047919_1237542.jpg
c0047919_1238894.jpg

c0047919_12405872.jpg

c0047919_12383182.jpg
c0047919_1239851.jpg
c0047919_12393594.jpg
c0047919_12394429.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-12 12:41 | 2010年10~12月 | Comments(0)
2010年 12月 11日

昭和記念公園 初冬

 昭和記念公園に行きました。イチョウはもう予測どおり殆ど葉を落としていて、残り葉が時折はらはら舞い落ちるだけ。

 やたらトラックと作業服の姿が多いと思ったら数日後に始まるクリスマスイルミネーションの準備でした。あのグラスを重ねた装置、今年も同じデザインなのかな?きれいな絵が今年もネットを賑わすことでしょうね。

 花のない時期はほんとうに人が少なくてとても静か、晩秋の雰囲気にはぴったりで、逆に「これって悪くないな」と一人興に乗ってあれこれ撮ってきました。

 そろそろ引き上げようと思っていたとき斜光を受けた紅葉の下を通り抜ける人が、まるで舞台の上の役者のように見える場所がありました。風に乗って紅葉が散り掛かる、うまく人が通るといいのだけど、、、と念じましたが、そうは問屋が卸してくれませんでした。
でも、とても楽しいひとときでした。
c0047919_823255.jpg
c0047919_8231098.jpg
c0047919_8232429.jpg
c0047919_823339.jpg
c0047919_8234279.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-11 08:24 | 2010年10~12月 | Comments(0)
2010年 12月 10日

初冬のひととき

12月に入って朝晩は少し寒くなってきました。それでも晴れた日の日中はかなりの暖かさ。虫たちもまだ元気な姿を見せてくれます。そんな発見があるこの季節、かなり好きです。
1.2.冬桜 紅葉を背景に可憐に咲いて
c0047919_11465858.jpg
c0047919_11471673.jpg

3.4.竹林にて
c0047919_11474032.jpg
c0047919_11474943.jpg

5.ツワブキにハチ
c0047919_11481478.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-10 11:48 | 2010年10~12月 | Comments(0)
2010年 12月 08日

赤や黄色の楓や蔦は、、、、

「秋の夕日に 照る山もみじ、、、」で始まる小学校唱歌、今でも歌える人多いですよね。
 先日、市内の植木農園にもみじを撮りに行ったら真っ赤な紅葉がちょうど見ごろでした。私同様、写真を撮りにきていたおじさまが「ここの紅葉は京都から取り寄せたものだから、真っ赤できれいなのだ」と言われる。そういえば京都、とくに高尾など洛北の紅葉は格別の赤さですね。それで特別な品種なのかとネットで調べてみたのですが、特にそのような記述は見当たらなくて、、、本当のところはどうなのでしょう?

 別の日、きれいな黄色に色づいているのを見かけました。これから赤くなる途中なのか、こういう種類なのか、、、これは追跡調査ができますが。
 
1.2.3.赤い紅葉
c0047919_10364854.jpg
c0047919_1037062.jpg
c0047919_10371061.jpg

4.5.黄色い紅葉
c0047919_1037402.jpg
c0047919_10375273.jpg

6.ちょっと一休み
c0047919_10384269.jpg

7.ワンも紅葉狩り
c0047919_10382157.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-08 10:39 | 2010年10~12月 | Comments(2)
2010年 12月 06日

イチョウの季節が過ぎようとして、、、

 先日のこと。
 隣市の公園には結構立派なイチョウの並木があるので、晴天の日を選んで見に行きました。
 予想通りの色づきでラッキー!と思いながら近づくと、テント張りの店が立ち並んでいつにない賑わい。イチョウ祭りなのかな?みんな楽しそう。
 
 近くの美大の学生さんの作品が公園のあちこちに展示されていたのでそれらを鑑賞。今年の作品は結構”わかりやすくて”楽しめました(私は抽象的なものはちょっと苦手です)。

 ギンナン拾いさんがそこここに出現。ちょっと風の強い日だったので時折ギンナンが降ってきて、直撃を受けた子どもが「いてぇ~」と騒いでいるのもほほえましい。皆さんかなりの収穫があったみたいです。あの翡翠色のギンナンを火で焙って少し焦げたのって美味しいですよね。

 イチョウ吹雪を撮りたくてそれがこの日の狙いだったのですが、適当な場所が見つからなくて諦めました。また来年への宿題になってしまったなぁ、、、。
c0047919_9452585.jpg
c0047919_9453534.jpg
c0047919_948455.jpg


c0047919_9455349.jpg
c0047919_946235.jpg


by pechifeb9 | 2010-12-06 09:46 | 2010年10~12月 | Comments(0)