カテゴリ:2010年7~9月( 11 )


2010年 09月 27日

急な秋色

 あんなに暑かった夏が去ってやってきた今年の秋はあまりにもせっかち。何もそう急がないでもいいのに、、、と思うくらいあちこちが秋の装いになってきました。
毎年晩秋に真っ赤な実と複雑に紅葉?した葉を撮っているハナミズキが葉がまだ青々しているのにもう赤い実になっていたりします。先日自転車を漕いでいてふと目に留まった畑の端っこのホオズキは白いレースのドレスに衣替えしていました。
 我が家には寒さが苦手な人もいるのよ、もう少しゆっくり秋を楽しませてほしいなぁ。
c0047919_9521195.jpg
c0047919_9534557.jpg
c0047919_9535752.jpg


by pechifeb9 | 2010-09-27 09:54 | 2010年7~9月 | Comments(2)
2010年 09月 23日

隣町のお祭りで

 国分寺駅前商店街に用事があって出かけました。駅の北口から伸びる市内一の繁華な通り、銀行、医院、最多の飲食店をはじめ各種小売店が軒を連ねています。
 その通りに入ろうとすると何やらピーヒャララ~のような音が聞こえてきました。もしかして、お祭り?とわくわく。家を出るとき迷った末にカメラをバッグに入れてきてラッキー!

 いました!お神輿はじめお神楽の山車が通りの数箇所に、、、、ちょうど休憩中だったようです。
 かなりの規模のお祭りで、前週あった我が熊野神社のそれとは段違い。さすが、商店街を氏子に持つ神社だけのことはあるなぁ。
 参加している人も見物人も一つになって祭りを楽しんでいて、笑顔がいっぱい!
 
 あっち、こっちとフラフラ撮っていて肝心の用事を忘れそうになったので戻って用を足し、帰ろうとして子供囃子に目が留まりました。お神楽の面を付けて山車の上で踊る姿はなんともほほえましいものでした。
 カメラを持って出て、本当によかったぁ!

c0047919_114644.jpg

c0047919_11463851.jpg
c0047919_11465064.jpg
c0047919_1147170.jpg
c0047919_11471758.jpg
c0047919_11473112.jpg
c0047919_11474434.jpg


by pechifeb9 | 2010-09-23 11:47 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 09月 19日

神社のお祭り

 我が家の氏神様である熊野神社の祭礼がありました。もう3度目になるから今年はパスしようかなと思っていましたが、近くを巡幸する大太鼓のどぉ~ん、どぉ~んという音が聞こえてくるとやはり見に行ってしまいました。
 例年9月初めに行なわれるので暑いのですが、今年は殊のほか暑くて、おみこしを担ぐ人も大太鼓を引く人もさぞ大変だったことでしょう。ご苦労様でした。

「おまけ」にお盆の頃に撮ったホオズキの写真を載せました。
c0047919_9213592.jpg
c0047919_9223240.jpg
c0047919_9224372.jpg
c0047919_9225365.jpg


おまけ、、、「ホオズキ」

by pechifeb9 | 2010-09-19 09:23 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 09月 08日

日々の写真から

残暑が長引き、というよりいつまでも真夏のままの暑さで写真を撮りに行く意欲がわきませんでした。いちおうカメラは買い物にも犬散歩にも持ち歩いてはいたのですが、空振りばかり、、、、。
早く涼しくなって花たちが生気を取り戻してくれるのを待つしかなさそうです。
、、、ということでほんの数枚だけの更新ですが、、、、。
c0047919_814816.jpg
c0047919_82087.jpg
c0047919_82873.jpg
c0047919_822148.jpg
c0047919_82318.jpg


by pechifeb9 | 2010-09-08 08:02 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 08月 23日

残暑

 8月ももう残すところ8日となったのに、まだ真夏の暑さ。
それにしても今年のこの暑さはいったい何なのだ!と憤りさえ感じます。連日、熱中症で救急搬送された人が何人、亡くなった人が何人、、、と報道されていて、それが一向に減る気配もなく、、、、。

 我が家はマンションの6階、風がある日中はともかく夜は(窓を閉めるから)28度に設定したクーラーをかけて寝て、水も飲んでいます。それで十分凌げています。
 でもそれはまだ体力がそこそこあるからの話で、熱中症になったお年寄りたちは体力が落ちた、クーラーを持っていない(あっても電気代が払えなくて使えない)、身寄りのない人が殆どのようです。
 予備軍は数え切れないほどいるのではないでしょうか、そういう弱者を救済する方策はないのでしょうか。「年越し派遣村」ではないけれど、「猛暑退避所」みたいなものを作ることはできないのかと思ったりします。

 猛暑よ、もうどうかその手を緩めてくれ給え、、、、と願わずにはいられません。

      戦果つ残る暑さのきびしきに 草城

 写真は1、驟雨に息をつくたちあおい
    2、3、、、、わずかに見つけた秋の気配、まだやわらかいクリのイガと秋明菊
 
c0047919_13123148.jpg

c0047919_13131733.jpg
c0047919_13132871.jpg


by pechifeb9 | 2010-08-23 13:13 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 08月 14日

片瀬江ノ島で、、、、

 先日のこと、所用で江ノ島の近くまで行きました。
 用事が済んで駅まで戻ったらまだお昼前。目の前に片瀬江ノ島の海が広がっています。江ノ島は亡母を訪問したときや娘が小さかった頃よく行った懐かしい場所、、、。少しは時間があったので浜に行ってみました。

 平日で天気も冴えなかったけれど、それでも海は若者や子供づれで賑わっています。水の色は入るのにちょっと勇気が要りそうな感じでも、泳ぐ人あり、砂遊びあり、ボール遊びあり、、、、思い思いに戯れています。海は人を無邪気にするんですね。

 楽しそうなので「撮っても良い?」と聞くと、「いいっすよ~」とみんな上機嫌で応えてくれ、中には「オレ、ちゃんと入ってる?」という若者まで、、、、。
 海は人を優しくもするようでした。

c0047919_1063683.jpg

c0047919_107895.jpg

c0047919_1071887.jpg
c0047919_1072729.jpg
c0047919_1073987.jpg
c0047919_1075050.jpg
c0047919_108081.jpg


by pechifeb9 | 2010-08-14 10:08 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 08月 11日

熱帯スイレンと食虫植物

 神代植物公園に行ってみました。いつもは温室の中に咲いている熱帯スイレンがこの時期は外の池に展示されるのです。
 熱帯スイレンは色とりどりで楽しい。中でも紫色や藤色のは日本のスイレンにはない雰囲気で好きです。ただ、前回?沢山見かけたイトトンボがこの日は一匹しか見られなくて残念。

 特別展で食虫植物の展示をしていました。
 モウセンゴケ、ムシトリスミレ、ミミカキグサなどは高校時代、”生物班”の顧問に率いられて尾瀬に行った時に見ましたが、東南アジアの熱帯雨林に生育しているらしい”ウツボカズラ科”のさまざまな植物は形も色も見事でした。熱帯や亜熱帯のイキモノは動物にしろ植物にしろ、極彩色なのはその環境の中で目立つことによって自分が生き延びるための戦略なのでしょう。

 バラ園を抜けて出口に進んだが出会ったのは5人ほど、、、、この暑さの中、植物園をさまようほど酔狂な人はごくわずか。でも、木々の間を通り抜けてきた風はさわやかで、じりじりと肌を刺す日差しもそれほど苦ではありませんでした。

 時間がなくて深大寺そばを食べられなかったのがこの日唯一、心残りでした。
c0047919_10342568.jpg
c0047919_10343541.jpg
c0047919_10344469.jpg
c0047919_10345337.jpg
c0047919_1035166.jpg
c0047919_10351734.jpg
c0047919_10352840.jpg
c0047919_10353871.jpg
c0047919_10454638.jpg

c0047919_10475581.jpg

c0047919_10455667.jpg


by pechifeb9 | 2010-08-11 10:46 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 08月 03日

日々の写真から

1.「こらっ!」  寝苦しい夜、窓開放でおやすみの各位、侵入犯にご用心!」
c0047919_1138423.jpg

2.「天然日焼けサロン」  夏の男はやっぱり色浅黒く引き締まっているのがカッコ良いのだ!
c0047919_11382434.jpg


by pechifeb9 | 2010-08-03 11:38 | 2010年7~9月 | Comments(0)
2010年 07月 31日

日々の写真から

連日の猛暑が一段落、、、と思ったのもたった一日半のこと、また盛り返ってきた暑さにうんざりです。ともすれば家に篭って(冷房していない我が家は外も大差ないのですが)、うだうだと過ごし勝ちで、、、、。

でも、その強烈な太陽の下でも、元気にしているものはいっぱいいます。
働く人たち、子供たち、草花、虫たち、、、、そう、彼らに会って元気の分け前をもらって来ることにしましょう。

写真は最近撮った写真から、、、
c0047919_11453334.jpg

c0047919_11454762.jpg
c0047919_11455730.jpg
c0047919_1146273.jpg
c0047919_11464346.jpg
c0047919_11473735.jpg
c0047919_11474878.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-31 11:47 | 2010年7~9月 | Comments(2)
2010年 07月 29日

「水ロケット記録会」

 今年も「水ロケットの制作と記録会」が武蔵国分寺公園で行われました。
 昼食を済ませてすぐ自転車を飛ばしました。着いたら、まさにロケットの発射直前、あわててカメラを構えて撮ったが、失敗、、、。
 よし、次は!と待ちましたが、「次」はなくて、、、あれが最終回だったとは、、、、、。暑い中、駆けつけたのに残念!と思いましたが、会場の熱気とこども達の満足そうな笑顔が見られたのだから良しとしましょう。

 1は失敗作ですが、これしかないので、、、(汗)
 2が発射台
 3のお子さんが手にしているのが自作の水ロケット(プラボトルを2個使って組み立てたもの)。中に水を入れ、空気を入れて発射台にセットし、リモコンを押すと発射する仕組み。

 ところでこの催し、単なる遊びではありません。
 わが国分寺市はなんと、「宇宙開発発祥の地」なのです。かつてこの地で東大・生産技術研究所の糸川英夫教授が, ペンシルロケットの開発・実験を行い、 1955(昭和30)年4月に初めて ロケットの水平発射実験を行ったのがその由来なので。

 それを顕彰する実行委員会が市・及びJAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙科学研究本部と共催で行う子供たちへの教育事業。
 平成19年から始まったこの行事、年々参加希望者が増加しているようですが、今年は小惑星イトカワの探査から7年かけて(分離カプセルが)帰還を果たしたはやぶさの話題で日本中が沸きかえったこともあり、こども達の関心もさぞ盛り上がったことでしょう。
 余談ですが、小惑星「イトカワ」の地名の一つに「(国分寺)」が命名されたそうで、ちょっぴりうれしくなっています。

 来年こそは飛んでゆくロケットとこども達の笑顔をばっちり撮れるよう、がんばろうっと!
c0047919_931747.jpg

c0047919_944739.jpg

c0047919_95173.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-29 09:01 | 2010年7~9月 | Comments(0)