カテゴリ:2010年4~6月( 33 )


2010年 07月 20日

新宿にて

新宿御苑から新宿駅まで歩くことにしました。
スロープの途中、照り返しのきつい路上に自作の「書」を並べて売っている青年がいました。通る人はちらと見るものの立ち止まることもなく通り過ぎてゆくばかり。私もその一人ではあったのですが、、、、。

前夜、かなり雨が降ったので工事中の鉄板の上にけっこうな水溜り、、、そこには夏空がきれいに写っていました。

駅にたどりつき、信号を渡ろうとして見つけたカエルくんたち。足早に通り過ぎる人たちと動かないけど整列行進しているカエル君たちの対比が面白いかなぁ、、、、と。

暑い2時間を過ごした後で乗った電車の涼しかったこと!
でも、そういう環境に慣れてしまうと生物としてはマズイんじゃないかしら、ね?
c0047919_10272998.jpg
c0047919_10274218.jpg
c0047919_10275720.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-20 10:28 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 07月 17日

新宿御苑にて

 先日、といってもだいぶ前ですが銀座の帰り新宿御苑に寄りました。
 いつ行ってもなにかある御苑、さすがにこの時期はこれといった花はなかったものの、年月を経た大木の群れがその濃緑の葉から放つ酸素が満ち満ちている感じで思わず深呼吸。

 ホウノキが見事な大輪の白い花をつけているのを見つけました。昔、笠間の日動画廊の庭で初めて見たときの感動が蘇りました。その後は見かけていない気がするのですが、花の時期でないとわかりにくいのでしょう、きっと。

 池のそばに数匹のカメが日光浴中。近寄ると次々に池に飛び込んでしまった中で一匹だけこちらの様子を伺いながらとどまっているのがいます。
 「お願い、そこに居て。ただ写真するだけだから、、、」
 「(お前さんダレだい?暑い中、ご苦労さんなこった)」
 「あなたを主役にして池に写る白い雲で夏を表現したいのよ」
と頼んで?撮った一枚ですが、カメさんは果たして合格点をくれるかしらん?
 それにしても遠くの東屋に居た人たち、さぞ奇態に思ったことでしょう。池のそばでじっと動かないヘンなオバサンだったもの。あ、それより熱中症で倒れていると通報されなくてよかったぁ。
c0047919_9969.jpg

c0047919_9121875.jpg

c0047919_992095.jpg
c0047919_993317.jpg
c0047919_994878.jpg
c0047919_910035.jpg
c0047919_9101766.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-17 09:10 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 07月 12日

露草

 雑草の一つに数えられているツユクサが今年もあちこちで咲いています。でも咲いているのが見られるのはお昼頃まで、午後には小さく萎んで見る影もない、、、、。

 ツユクサという名前もその様子が朝露を連想させることからくるという説がある一方、古くは「つきくさ」と呼ばれていて花弁の青い色が「着き」やすいことから「着き草」、それが転じてツユクサとなったという説もあるといいます(他にも蛍草、帽子花、青花などの別名があるらしい)。

 この「青」は着きやすい反面落ちやすい(退色しやすい)ので染物の下絵用絵具として用いられたり、乾燥したものは薬草としての効果(下痢止め、解熱剤)もあるなど、なかなかありがたい草なのです。

 朝(あした)咲き夕べは消(け)ぬる鴨頭草(つきくさ)の消ぬべき恋も我はするかも  万葉集
 儚い恋を喩えるのにまさにぴったりの花だと思いませんか?

c0047919_849168.jpg
c0047919_849156.jpg
c0047919_8493130.jpg


 

by pechifeb9 | 2010-07-12 08:50 | 2010年4~6月 | Comments(2)
2010年 07月 09日

日々の写真から 

犬の散歩は普通早朝とか夕方とかにしますね、特に夏は。でもそれができないのでやむを得ず日中、近くのけやき公園というところに行ってます。往復は自転車、水場もあって入れるのがうれしいところ。ときどきチビちゃんたちの姿も見られます。もう少しするとセミの声がにぎやかになるでしょう。
c0047919_12583555.jpg
c0047919_125853100.jpg
c0047919_1259831.jpg
c0047919_12591830.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-09 12:59 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 07月 05日

葛西臨海水族館で

 梅雨の晴れ間、娘・孫と葛西臨海公園の水族館に行きました。
 孫は、「おさかなさん」を少しは観察できるようになっていたので落ち着いて撮影ができるにはできたのですが、殆どの水槽は暗いし写りこみはあるし、魚は動くし(当たり前ね)で歩留まり僅少でした。

 この水族館はトンネル歩道やイルカなどのショーといった派手な演出はないけれど「大洋の航海者」という回遊式大型水槽(2階まで繋がっているドーナツ型2,200 tの巨大な水槽)でクロマグロ、キハダ、カツオ、などが群泳するさまは圧巻。ここでは見るのも撮るのも面白かったです。

 もう一つの人気展示は屋外のペンギン類。上から見るだけでなく(水槽の)横から泳ぐさまを見ることができます。ペンギンって歩く時はヨチヨチ頼りないけれど、泳ぐ時は別人?のように速い、、、というのもここで初めて知りました。

 海風に吹かれてのランチはそれだけでご馳走でした。
c0047919_8353749.jpg

c0047919_8362653.jpg
 
c0047919_8364330.jpg
c0047919_8365941.jpg
c0047919_8371767.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-05 08:37 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 07月 02日

半夏生

 梅雨の後半に入ったのでしょうか、このところ急にざ~っとにわか雨が降ったりします。雨が去った後の蒸し暑さは閉口ですが、置き土産の雫を撮るのは楽しい。

 花についた雫を探してうろうろしていたらハンゲショウが目に付きました。葉が半分ほど白くなっているところから「半化粧」が名の由来だとの説もあるそうですが、「半夏生(太陽の黄経が100°になる日)」の頃に花を咲かせることに由来するという説のほうが季節感があって好ましい。毎年7月2日ごろに当たるそうで、今日がその日。
 関西ではこの日に蛸を、讃岐ではうどんを食べるとものの本にありました。でも、讃岐では年がら年中うどんを食べているじゃないのとつっこみたくなりますが、さて関西の蛸はどういう関係があるのでしょうね?

 いずれにしても、好物や栄養のあるものを食べてこれからの暑さを乗り切ろうという生活の知恵なのでしょう。
 梅雨時の花アジサイも今が盛り、にわか雨や雷といったこの時期の風物詩を楽しみつつ今年の暑~い夏を元気に送りたいものですね。

c0047919_14524912.jpg
c0047919_1453543.jpg
c0047919_14532030.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-02 14:53 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 07月 01日

ある日の国分寺公園で、、、、

 少し前の話になりますが、、、
 カルガモのヒナたちの成長振りを見に武蔵国分寺公園に行ったら一羽もいなくてびっくり。管理の作業員に聞いても見かけないねぇのひとことで、半月もしないうちにあの可愛いヒナたちがやられてしまったのかと暗澹たる思いに落ちました。自然の摂理とは言えあまりにも厳しすぎます、、、。
 
 芝生広場の片隅で「犬のしつけ教室」が行われていました。犬たちの気が散るといけないので遠くから見ていると「待て」の訓練中。長~いリードをぐんぐん伸ばしても、飼い主さんが木立に姿を隠しても落ち着いている犬たち、、、えらいぞ。楽だったら、たぶん落第ですねぇ。

 帰ろうとする頃、うさぎを連れた若い女性がいました。まだ飼いはじめて数日らしいそのうさぎはなんと捨てられる寸前を貰い受けたのだそう。捨てようとしたのは彼女の友達、犬を飼うことにしたからもういらないと言ったので、頭にきてそれなら私が飼う!と連れて帰ってきたそうで、ご主人も「よし、一生可愛がってやろう」と賛同してくれたとのことでした。
 楽も運良く我が家に来た犬、似たような境遇の2匹が貰われてきたことを幸せだったと思ってくれるようにしなくちゃねと言い合って別れました。

 また会おうね、うさぎクン、、、あ、名前は「うさのすけ」、、、お侍みたいでちょっとおかしかったけど、、、、。
c0047919_9443995.jpg
c0047919_9445413.jpg
c0047919_9451145.jpg
c0047919_9452395.jpg
c0047919_9461157.jpg
c0047919_9462877.jpg
c0047919_9464167.jpg


by pechifeb9 | 2010-07-01 09:46 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 06月 26日

あじさい

アジサイがあちこちで咲いています。気軽に撮れ、色や形にバリエーションがあるのでどう撮ろうか頭を捻るのも楽しいもの。自分としては、工夫をしているつもりですが、見てくださる方に果たして伝わるかどうか、、、、でも、まぁ、見てください。
c0047919_9413078.jpg
c0047919_9414546.jpg
c0047919_942355.jpg
c0047919_9422099.jpg
c0047919_9423472.jpg
c0047919_9425819.jpg


by pechifeb9 | 2010-06-26 09:43 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 06月 24日

日々の写真から

この季節、メインはなんと言っても紫陽花ですね。あちこちでパラパラ撮るのでキリがありませんがもう少し集めてから見ていただこうと思います。というわけで今回は最近撮った写真から。
一応メインはキー太です(笑)
1バックで出るかぁ
窓と網戸の間に入り込んで外の景色を楽しんだ後で。この後体を立てて捻り、頭から降りました。猫はほんとうにしなやか。
c0047919_13104599.jpg

2凝視 
c0047919_13114367.jpg

3凝視 2
c0047919_131434100.jpg

4逃亡寸前 
c0047919_1315577.jpg

5雨上がる
c0047919_13162476.jpg

6見付かっちゃったかな?  どうやらナナフシ君だったようで。
c0047919_13164790.jpg

7時計が二つ お互いに自分の方が正しい時刻と言っている?
c0047919_13181018.jpg


by pechifeb9 | 2010-06-24 13:18 | 2010年4~6月 | Comments(0)
2010年 06月 21日

ビワ実る頃

 梅雨に入って天気の落ち着かない日が続いています。農家や戸外で仕事をする人たちにとっては空模様がさぞ気になることでしょうね。でもこの時期、雨は貴重、適度に降ってくれることを願うのみです。
 
 歩いていると時々ビワの木を見かけます。ビワといえば初夏の食べ物、手首へ滴り落ちる甘い果汁がもったいなくて慌てて舐めた遠い子供の日、、、。
 ここで見かけるのは有名産地のものよりは小ぶりですがそれでも充分においしそうな色づきです。それにしても不思議、鳥たちがつついている様子がないのはなぜなのかなぁ。

 あるお宅の生垣に咲いていた可愛いピンクの花は去年名前を知ったブラックベリーの花。間もなく細かい粒々が赤から黒紫色に変化して甘酸っぱい実になることでしょう。去年庭のブラックベリーで作ったというおいし~いジャムを下さったY子さんの「チョウ簡単に作れるわよ~」との言葉を信じて今年は私も作ってみようかな、、、。

 公園ではお嬢ちゃんがシャボン玉を飛ばしていました。声を掛けると一生懸命になってたくさん飛ばそうとしてくれた真剣な表情がとても可愛いかったです。孫あ~たんもシャボン玉ができるようになっています。今度会いに行ったときは私も一緒に飛ばしてみよう。虹色の玉がくるくる廻りながら空高く飛んでいくとき、私たちの笑顔がはじけることでしょう。
c0047919_8444736.jpg
c0047919_845513.jpg
c0047919_8452957.jpg


by pechifeb9 | 2010-06-21 08:45 | 2010年4~6月 | Comments(2)