2017年 04月 29日

次の主役は、、、

 近くの公園を一巡りしました。体育館の前のハナミズキが花を付けています。八重桜が終わるころ街を彩る次なる主役はハナミズキ。街路樹にももてはやされているみたいですね。ここには赤しかないのでそのうちに植木農園の畑に行ってみようと思いながら、、、、。
 帰り、農地に溢れんばかりの大根の花が咲いていました。種を取るためでしょう。普通花が咲く前に採ってしまうからか、通りかかった人が「何の花でしょうね」と聞いてきました。アブラナ科ダイコン属、原産地は地中海沿岸だそう。

c0047919_07512258.jpg
c0047919_07513092.jpg
c0047919_07513641.jpg
c0047919_07514312.jpg
c0047919_07515072.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-29 07:52 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 26日

日々の写真から 

 ソメイヨシノが葉桜になり、代わってサトザクラの色々が咲き競う頃になりました。落花の風情は何とか納めたものの、花吹雪も花筏も撮れなかったのが残念でしたが。

 桜ばかりが花じゃないとばかりに、公園にも庭先にも空き地にも、至る所に花、花、花、、、の、忙しくも嬉しい季節。

 花その1はハナヅオウ その2はフォッサギラ(マンサク科 / シロバナマンサク属)、ちょっと珍しいかもしれません。

c0047919_10570865.jpg
c0047919_10571575.jpg
c0047919_10572354.jpg
c0047919_10573180.jpg
c0047919_10573916.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-26 10:58 | Comments(0)
2017年 04月 24日

八重桜

 近くの児童公園にはソメイヨシノ2本と八重桜が2本があり、いずれも結構な大木です。児童公園といっても砂場と鉄棒があるだけなので子どもの姿はめったになく、静かにサクラが鑑賞、撮影できます。時期になったので八重桜を撮りに行きました。

 「八重桜」は一つのサクラの品種ではなく、八重咲きに花を付けるサクラの総称、鑑賞用としてつくりだされたため多くの品種があり、花弁の枚数も多いとのことです。ここの2本がなんという品種かはわかりませんが、いずれも華やかな印象です。それにしても八重桜の撮り方って、、、、芸がないなぁと自分でも思うのですが、、、。


c0047919_09431812.jpg
c0047919_09432985.jpg
c0047919_09433773.jpg
c0047919_09434557.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-24 09:44 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 22日

殿ヶ谷戸庭園の八重桜

 くるみギャラリーからの帰り道、殿ヶ谷戸庭園の横を通ったのでヤエザクラを撮ろうとちょっと立ち寄り。
 この庭園に桜はあまりないのだが、入り口のこの木は見ごたえ充分。花の重さで撓う枝ぶりもこの木の魅力、かも。
  白い花はヒメリンゴ、、、秋には実も楽しめそう。
c0047919_09285269.jpg
c0047919_09285997.jpg
c0047919_09290776.jpg
 




# by pechifeb9 | 2017-04-22 09:29 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 20日

公園、そして池


図書館に閲覧がてら公園へ、去年見つけた”薄緑色の桜”を撮りたくて。一回りしていると薄緑の桜を2本発見した。まだ咲き始めたばかりだったが、どうやらウコン(鬱金)らしい。去年見つけたのもその一本なのだった。

 帰り道、池に寄ってみた。マガモもオシドリももう旅立ってしまった池にはカルガモが4羽、漂う落花のなかを泳ぎまわっていた。

c0047919_09470695.jpg
c0047919_09472844.jpg
c0047919_09471766.jpg
c0047919_09473552.jpg
c0047919_09474442.jpg
c0047919_09475149.jpg
c0047919_09475814.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-20 09:52 | Comments(0)
2017年 04月 18日

甲斐先生の焼物展

数年前まで私の陶芸の先生であった甲斐哲哉氏の作品展が今年も”くるみギャラリー”で開かれているのでお邪魔しました。氏は国分寺で長年制作と指導に当たられていましたが、2年ほど前に故郷・大分県竹田市に居を移され、制作と地域活性化に尽力されています。
 竹田では、こちらでは難しかった野焼きに取り組まれ、独創的な素朴で温かみのある作品の数々を生み出されており、その作品のいくつかを今回も展示されました。

「野焼きは焼き物の原点、焼き上がってみるまで結果がわからないところが面白く、奥が深い」とおっしゃる氏は本当に楽しそうで、輝いていらっしゃいました。
c0047919_18204204.jpg
c0047919_18205215.jpg
c0047919_18210076.jpg
c0047919_18210857.jpg


 
 



# by pechifeb9 | 2017-04-18 18:22 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 17日

史跡公園の桜

 市内一番の桜の名所が史跡公園。天平の昔、ここに武蔵国分寺という大規模な造営がありました。落雷などで消失し積み重なる歳月で今は本堂の礎石、七重の塔の基壇を残すのみですが、史跡公園として歴史の面影を残しています。

 恒例の”万葉花まつり”は雨だったので行きませんでしたが、翌日、薄日ながら晴れてきたので行ってきました。花見の人もわずかにいましたが、子どもが時折あげる歓声の他はいたって静か。精一杯咲き、風に揺らぎ、散る桜はやはり美しかったです。


c0047919_09523546.jpg

c0047919_09524854.jpg
c0047919_09530339.jpg
c0047919_09531000.jpg
c0047919_09531993.jpg
c0047919_09532906.jpg
c0047919_09533892.jpg
c0047919_09534647.jpg


 



# by pechifeb9 | 2017-04-17 09:55 | Comments(0)
2017年 04月 15日

日々の写真から

 春は犬たちの受難の季節です。市内何か所かで狂犬病の集団予防接種が実施されるので一番近い市役所構内に楽をチャリで運びました。注射はすぐ終わり(痛くもなんともないらしい)、次々と連れて来られるお仲間たちの様子を見るのが楽しいです。
  怖がって暴れるのを抑え込む飼い主さんには同情。沢山のお友達と遊べると見て嬉しそうにするワンの可愛いこと!ちょっと写真を撮って帰宅しました。

 3,4枚目は夕方散歩で見かけた道端の小さな花 4枚目のキュウリグサはと~っても小さいがワスレナグサ似の可愛い花。...
 5枚目はアブラチャンの花、まるでブーケのよう(撮影場所は大学農場)

c0047919_10083930.jpg

c0047919_10084757.jpg
c0047919_10085411.jpg
c0047919_10090264.jpg
c0047919_10090859.jpg

 



# by pechifeb9 | 2017-04-15 10:10 | Comments(0)
2017年 04月 14日

大学の桜

 大学の桜を今年も撮りに、、、、。在学中から既に大木だった桜、樹齢はかなりのものだと思われます。ソメイヨシノの寿命60年説というのがあるそう、一方で環境、手入れによってはもっと長いはずという説もあるのですね。

 良く見ると幹に大きな茸が生えているのもあり、空洞化も起こっているかもしれません。何事も天意のままに、、、いつか倒れる日が来るかもしれませんが、それはまだまだ先、と思いたいです。
 

c0047919_10093270.jpg
c0047919_10094606.jpg
c0047919_10095545.jpg
c0047919_10100242.jpg
c0047919_10101018.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-14 10:11 | Comments(0)
2017年 04月 12日

日々の写真から

 桜が咲くととたんに忙しくなるのは毎年の事ですが、日々の移ろいの中にあるちょっとした感動を残したいと、持ち歩いている小さなカメラに収めた春の小景を何枚かをアップします。

c0047919_11175822.jpg


c0047919_11180678.jpg


c0047919_11181529.jpg


c0047919_11182336.jpg


c0047919_11183053.jpg






# by pechifeb9 | 2017-04-12 11:18 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 11日

殿ヶ谷戸庭園の春の山野草

  春の山野草が楽しめる殿ヶ谷戸庭園、カタクリを撮りに行った時は時間がなかったので改めて行ってみた。

  山野草は一般に地味で小さき花が多いので見落としがちだが、毎年時期になると突如芽を出し花を咲かせる。その多くがスプリングエフェメラル(春の妖精)と言われる由縁。
  この日見られたのはキクザキイチゲとヒトリシズカ、シュンラン、フッキソウ、、、、それにワラビとスミレ。季節がもう少し進むとクマガイソウなども見られるだろう。

c0047919_09123798.jpg
c0047919_09124531.jpg
c0047919_09125484.jpg
c0047919_09130105.jpg




# by pechifeb9 | 2017-04-11 09:13 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 09日

熊野神社の桜

 ソメイヨシノとシダレザクラの共演が見られる熊野神社へ。神社で花見の宴を催すのは畏れ多いのかどうか知りませんが、だ~れも居ない境内で爛漫と咲く2本の桜を鑑賞し、ゆっくりと写真することができました。
 こういう私的桜名所があるのはうれしいことです。

c0047919_09512049.jpg
c0047919_09513146.jpg
c0047919_09520427.jpg
c0047919_09514187.jpg
c0047919_09521723.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-09 09:52 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 07日

日立中央研究所の庭園開放

日立中研の春の庭園開放に行きました。今年は4月第一日曜日、雨だと中止なので晴れたのは良かったのですが、生憎今年の桜は遅くて満開に近いのは殆どありませんでした。でもここは武蔵野の自然がそのままに残されていて、芽生え始めた樹木の緑が目を楽しませてくれました。
 桜は多種、開花時期にも幅があるのでどの桜に会えるかは運次第。開放日がもっと遅い日取りだった数年前に見たギョイコウ(御衣香)にはここ数年会えていなくて、それが残念です。
c0047919_09493862.jpg
c0047919_09494625.jpg
c0047919_09495505.jpg
c0047919_09500411.jpg
c0047919_09501281.jpg
 



# by pechifeb9 | 2017-04-07 09:51 | 2014年1月~ | Comments(2)
2017年 04月 05日

ご近所桜

 開花後休止状態だった桜が勢いよく咲きだしたのでご近所桜を撮りに行きました。チャリで5分の公園、そのグラウンドに添った道に10本ほどの ソメイヨシノが植えられています。まだ5分咲き程度でしたが青空を背景に咲く姿はやはり美しかったです。
 道を隔てた一角のシダレザクラはまだ蕾、、、、花見の賑わいは次の日曜日あたりかしら。
c0047919_08414807.jpg
c0047919_08415874.jpg
c0047919_08420767.jpg

  



# by pechifeb9 | 2017-04-05 08:43 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 03日

カタクリ

殿ヶ谷戸庭園にカタクリを撮りに行きました。良い具合に咲いていて、午後は逆光で申し分なし。もちろんロープは張ってありますがすぐそばまで寄れるのでカメラを選ばないのもうれしい(持って行ったのは70-300㎜でしたが)。

 カタクリは播種から花を付けるまで7-8年の歳月を要するそうです。それだけの時間を掛けて咲いてくれたと思うと余計愛しいですね。
c0047919_16033315.jpg
c0047919_16041316.jpg
c0047919_16040067.jpg
c0047919_16041020.jpg

 



# by pechifeb9 | 2017-04-03 16:05 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 04月 01日

5歳児の試練

男孫がアデノイドの摘出手術を受けました。一年ほど前に大きいと診断されて6歳位をめどにとるかどうか判断しましょうと言われていましたが、症状が酷い(夜中、呼吸が止まる)ので思い切って、、、、。手術自体は軽い部類に入るようですが、なにしろまだ幼いので母親は泊まり込みでした。 
 
 術後の経過良好とのことで見舞いに行ったら笑顔で迎えてくれたので安堵しました。父親の協力もありましたが、一人で頑張った女孫も心なしか成長しているように感じられました。4月からは4年生と年長組、、、、それぞれの春が過ぎてゆきます。
c0047919_17462370.jpg
c0047919_17461320.jpg



# by pechifeb9 | 2017-04-01 17:47 | 2014年1月~ | Comments(2)
2017年 03月 29日

春の池

 久しぶりに池に寄った。カルガモが数羽元気に泳いでいたがマガモは見当たらない。おそらく北へ帰って行ってしまったのだろう。オシドリは、藪の辺りに姿が見えたが動かなかったので”記念撮影”ならず。彼も間もなく旅立ってゆくことだろう。

 湿地の方に座り込んだまま動かないカルガモがいて、気になって近寄ると片足を引きずって歩き出した。すぐそばに見守るようにもう一羽、、、つがいのようだった。風は冷たかったけれど心温まる思いがした。
c0047919_09450097.jpg

c0047919_09450829.jpg
c0047919_09451925.jpg
c0047919_09453037.jpg




# by pechifeb9 | 2017-03-29 09:46 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 27日

アーモンドの花

近くにあるアーモンドの花が満開になりました。人が「あ、桜がもう咲いている」と言いながら通り過ぎてゆきます。アーモンドですよと言いたいのを抑えてやり過ごし、、、、私自身、3年ほど前まで桜だと思っていました。
 
 アーモンドはバラ科、モモ属、、、サクラはバラ科スモモ属、親類同士といったところかしら。
c0047919_09494520.jpg
c0047919_09495511.jpg


# by pechifeb9 | 2017-03-27 09:50 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 26日

土筆

土筆を取りに、じゃなくて撮りに行きました。農家にとっては”難防除雑草”だそうですが、春の風物詩として昔から親しまれてきた植物、沢山の俳句に詠まれてきた「春の季語」です。

 「つくし誰の子スギナの子」という歌の通り、スギナはトクサ属の植物の一種で、スギを超々小型にしたような”親”は”栄養茎”、地下茎から伸び出てくる”子”が胞子をだすための胞子茎なのだそうです。
 撮ったものは胞子を放出する前の状態で、亀甲模様がしっかり見えています。

c0047919_14523148.jpg
c0047919_14524088.jpg
c0047919_14524915.jpg



# by pechifeb9 | 2017-03-26 14:53 | Comments(0)
2017年 03月 25日

日々の写真から

 あちこちに花が咲きだしてご近所カメラは忙しくなってきました。チャリで走っていると、いつの間にか畑が建売住宅に変わっていて残念な思いをすることが増えてきましたが、これも時代の流れ、致し方ないのでしょう。わが市は人口約12万、JR2駅、私鉄1駅に徒歩可というアクセスの良さとそこそこ自然が残っているということで人気もなかなかと聞きますから。
 1枚目は先日焼いていただいた麺鉢です。面食い、じゃなかった麺食いの私に重宝しそう。
c0047919_09420765.jpg
c0047919_09421675.jpg
c0047919_09422902.jpg
c0047919_09423886.jpg
 

# by pechifeb9 | 2017-03-25 09:43 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 24日

大学農園も花盛り

構内の奥に位置する大学農園には沢山の花が咲いていました。高木のモモ、ハクモクレン、低木ではボケ、トサミズキ、草もムラサキハナナ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウなどなど。春の農園は楽しいです。
c0047919_10001944.jpg
c0047919_10002727.jpg
c0047919_10003561.jpg
c0047919_10004213.jpg
c0047919_10004915.jpg


 



# by pechifeb9 | 2017-03-24 10:01 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 23日

大学は袴姿の花盛り

農園の花でも撮りに行こうと大学へ行くと偶然この日は卒業式だったようで構内のあちこちの賑やかなこと!卒業生同志の記念撮影やら後輩学生との送別風景やら、、、、毎日会っていた学友と明日から別々の人生を歩んでゆくのですから、名残惜しくもあることでしょう。
  ここを卒業してもう四半世紀以上が経ちました。当時の志?はもう忘れてしまいましたが、それなりにまっとうに歩んできたとは言えるでしょう。生意気だったのは青春のよくある傾向だと今は思います。年と共に軌道修正はできたと言えるか、とも。
  皆さんお元気でご活躍のほど!
c0047919_14145613.jpg
c0047919_14150598.jpg
c0047919_14151446.jpg
c0047919_14152269.jpg
  


# by pechifeb9 | 2017-03-23 14:16 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 21日

近所の公園で、、、、

久しぶりに犬をチャリに乗せて近所の公園へ。この子が失明したのは3年半ほど前の事、以来家の周りの慣れ親しんだ道以外あまり喜ばなくなりました。知らないところは怖いのでしょう。ただこの公園は以前良く来て犬仲間と楽しく遊んだところなのでまた誰かに会えるかもしれない、と。
 ビオトープのような湿地のそばにネコヤナギ見っけ。国分寺のネコヤナギとすこし様子が違う気がしますが、雌雄の別なのかしら。本によるとヤナギの漢字表記には「柳」と「楊」があり、枝が垂れ下がる種類には「柳」、立ち上がる種類には「楊」の字を当てるそうです。

 ハナニラが咲いているのが目に留まりました。形も色も優雅だけれど匂いは”餃子が食べたくなるにおい”なんですよね。
c0047919_15421977.jpg
c0047919_15422784.jpg
c0047919_15423702.jpg


 



# by pechifeb9 | 2017-03-21 15:43 | Comments(0)
2017年 03月 20日

図書館での優雅なひととき

   少し時間ができた日、写真散歩にはあまりに寒かったので先日ちょっと覗いた新しい多摩図書館へ。空いていて窓際の席を取ることができました。眺めがよくてまるで”我が書斎”みたいな感じです。隣の人など沢山の専門書?を積み上げて、、、。
  借りたのは3冊の写真集で、石橋睦美氏の”神々の社”と”歴史原風景”他、、、、デジタル処理したという完璧なまでに荘厳で美しい写真の世界に入り込んで、しばし時を忘れたことでした。
  3枚目は館内のカフェです。焼き立てパンとコーヒーのみですがランチには十分。
c0047919_17380067.jpg
c0047919_17381071.jpg
c0047919_17381883.jpg




# by pechifeb9 | 2017-03-20 17:39 | Comments(0)
2017年 03月 18日

ネコヤナギ(猫柳)

去年ここ(武蔵国分寺境内)にネコヤナギを見つけた時はちょっと意外な気がしました。植物に詳しくはありませんが、川辺に自生するヤナギの一種という認識でしたから。雌雄異株で雄花、雌花の区別があるというところまでは知っていましたが眼にした花穂が雄花なのか雌花なのか見分けがつきません。
 銀白色の毛の、ねこのっしっぽみたいなこの花、さてどちらなのかしらん。
c0047919_09295525.jpg
c0047919_09300331.jpg
c0047919_09300887.jpg

 



# by pechifeb9 | 2017-03-18 09:30 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 17日

ぶらり散歩 武蔵国分寺公園~お鷹の道

春のような陽射しに誘われてお鷹の道辺りを散歩することにしました。大きな公園を横切るとハクモクレンの大木が沢山の花を付けて青空を彩り、土曜日の芝生広場は結構なにぎわい。
少し先のシモクレンは蕾はいっぱいでしたが咲くのはもう少し先のようで、後日に期待です。

お鷹の道は崖線からの湧水が小流れを作っていて、もうシャガが咲いていてびっくり。カラー(海芋)も大きな青々した葉を広げていたり、この小道には春がいっぱい。

武蔵国分寺の境内にある万葉百花園を覗いてみるとネコヤナギとニリンソウが目につきました。万葉集に因む植物を収集された前住職さんのご努力の結晶であるこの植物園、これから次々と目を楽しませてくれることでしょう。
c0047919_10485351.jpg
c0047919_10490413.jpg
c0047919_10491446.jpg
c0047919_10492405.jpg
c0047919_10493196.jpg


# by pechifeb9 | 2017-03-17 10:50 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 14日

カタクリはあと一息 殿ヶ谷戸庭園

カタクリの様子を見に殿ヶ谷戸庭園を覗いてみました。ようやく幾株かの葉が地上に姿を見せ始めたところで、お彼岸の頃には咲くでしょうとのこと。
 ブンゴウメとカンヒザクラが今を盛りと咲いていました。カンヒザクラは赤がテカってとても撮りにくく、現像したら9割もペケでした。
 カタクリが咲きそろった頃また行こうと思います。
c0047919_11130696.jpg
c0047919_11131792.jpg





# by pechifeb9 | 2017-03-14 11:14 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 12日

誕生会

 誕生会というほど大げさなものではありませんが2月生まれの3人衆(孫、私、孫)の誕生祝ということで娘宅へ行きました。  9歳、5歳、76歳、それぞれに順調に育って?きました。これからの日々も健やかであるようにと願います。
  カメラ大好きな5歳児にプロフ写真を撮ってもらいました。なかなかの出来と思う婆バカ全開の私です。
c0047919_14243487.jpg
c0047919_14180355.jpg
c0047919_14244936.jpg
c0047919_14245819.jpg
c0047919_14250823.jpg
c0047919_14251867.jpg


# by pechifeb9 | 2017-03-12 14:26 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 11日

ハクモクレン(白木蓮)

 市役所庁舎脇に大木の白木蓮の樹があるので様子を見に行きました。その木はまだ蕾が固かったのですが数年前に整備した駐車場脇の植え込みの若木は数個の花を付けていて、それを撮ることができました。老木と若木の差?それとも日当たりの違いかしら。
c0047919_10042520.jpg
c0047919_10043488.jpg
c0047919_10044019.jpg



# by pechifeb9 | 2017-03-11 10:05 | 2014年1月~ | Comments(0)
2017年 03月 09日

枝垂れ梅

大学の構内に一本のシダレウメがある。時期を逸したかも、と思いながらも行ってみたら、もう落花がかなりあったがまだ待っていてくれた。
 陽光を浴びながら何枚か撮っているともうすっかり春!という感じだった。

c0047919_08551164.jpg
c0047919_08552317.jpg
c0047919_08553201.jpg
c0047919_08554522.jpg
c0047919_08555333.jpg


# by pechifeb9 | 2017-03-09 08:56 | 2014年1月~ | Comments(0)