カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 12日

夏の写真散歩@お鷹の道あたり


 暑い日中はできるだけ出かけたくないのですが、どんどん退化してゆくのもコワいので自分を励まして写真散歩。
  
  武蔵国分寺公園はさすがに閑散、、、中でノウゼンカズラが元気よく茂っています。漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名だそうで、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす様子はまさに夏の生命力そのもの。

  公園を出てお鷹の道へ。平日でも散歩する人を良く見かける道ですがこの暑さ、採れたて野菜も萎びそう、、、。国分寺万葉植物園で日ごろ気になっていたヤブカンゾウを撮り、後で調べてこの花がワスレグサ属の一種と知りました。 
  以下、Wikiからの受け売りですが、『ワスレグサ Hemerocallis fulva は、キスゲ亜科の多年草の一種。(中略)ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。ムラサキ科のワスレナグサとは無関係。』
  分類では ヤブカンゾウ ノカンゾウ ハマカンゾウ その他 があるらしいです。このヤブカンゾウ(藪萱草)は八重咲、結実せず匍匐茎で拡がるそうです。

c0047919_11360581.jpg
c0047919_11361407.jpg
c0047919_11362115.jpg
c0047919_11362990.jpg
c0047919_11363711.jpg
c0047919_11364492.jpg





by pechifeb9 | 2017-07-12 11:37 | 2014年1月~ | Comments(0)


<< 5歳児とカメラ      7月の殿ヶ谷戸庭園 >>