カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 24日

エゴの花咲くころ

 近くの雑木林にはエゴの木が何本かあって、今年も花がたくさん咲いた。英名のJapanese snowbellという名の通り、白い小さな花がびっしりと垂れ咲く。花は清楚で可愛いが果皮に有害なエゴサポニンを含み、胃や喉の粘膜に炎症を起こし、溶血作用もあるそうだ。昔は石鹸のように洗濯に用いられたといわれる。

 雑木林はだいぶ整理されて以前のようにこんもりとはしていないが空高く伸びた枝には青葉若葉が風にそよぎ、漏れる光が地面に踊っていた。


c0047919_08570403.jpg
c0047919_08571361.jpg
c0047919_08572052.jpg





by pechifeb9 | 2017-05-24 08:59 | 2014年1月~ | Comments(0)


<< 初夏の公園で      日々の写真から >>