カメの歩み・もう少し前進

pechifeb9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 03月 26日

土筆

土筆を取りに、じゃなくて撮りに行きました。農家にとっては”難防除雑草”だそうですが、春の風物詩として昔から親しまれてきた植物、沢山の俳句に詠まれてきた「春の季語」です。

 「つくし誰の子スギナの子」という歌の通り、スギナはトクサ属の植物の一種で、スギを超々小型にしたような”親”は”栄養茎”、地下茎から伸び出てくる”子”が胞子をだすための胞子茎なのだそうです。
 撮ったものは胞子を放出する前の状態で、亀甲模様がしっかり見えています。

c0047919_14523148.jpg
c0047919_14524088.jpg
c0047919_14524915.jpg



by pechifeb9 | 2017-03-26 14:53 | Comments(0)


<< アーモンドの花      日々の写真から >>