2017年 03月 17日

ぶらり散歩 武蔵国分寺公園~お鷹の道

春のような陽射しに誘われてお鷹の道辺りを散歩することにしました。大きな公園を横切るとハクモクレンの大木が沢山の花を付けて青空を彩り、土曜日の芝生広場は結構なにぎわい。
少し先のシモクレンは蕾はいっぱいでしたが咲くのはもう少し先のようで、後日に期待です。

お鷹の道は崖線からの湧水が小流れを作っていて、もうシャガが咲いていてびっくり。カラー(海芋)も大きな青々した葉を広げていたり、この小道には春がいっぱい。

武蔵国分寺の境内にある万葉百花園を覗いてみるとネコヤナギとニリンソウが目につきました。万葉集に因む植物を収集された前住職さんのご努力の結晶であるこの植物園、これから次々と目を楽しませてくれることでしょう。
c0047919_10485351.jpg
c0047919_10490413.jpg
c0047919_10491446.jpg
c0047919_10492405.jpg
c0047919_10493196.jpg


by pechifeb9 | 2017-03-17 10:50 | 2014年1月~ | Comments(0)


<< ネコヤナギ(猫柳)      カタクリはあと一息 殿ヶ谷戸庭園 >>