2016年 10月 01日

小さな池の秋

見舞の帰り、小さな池の覗いてみました。たぶんひと月ぶり、、、、。市内の写友が教えて下さったとおり池には10羽のカルガモ、マガモも1羽いました。
 写しているとご近所さんらしいご夫婦がいけないんですよねと言い訳しながらエサを撒いています。彼らによるとカルガモ母子が3組、子たちは親より少し小型と言ったところですが、ここまでくる間に他の成鳥による”子殺し”があったそう。この池の食物の量と関係があるのだろうと思うと、無下に餌やりに反対することは私にはできませんでした。
c0047919_121114.jpg

c0047919_12111297.jpg
c0047919_12162042.jpg
c0047919_12163174.jpg
c0047919_12163977.jpg


# by pechifeb9 | 2016-10-01 12:16 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 29日

秩父路と棚田 (後)

 電車で一つ戻ったところに棚田があると知って、行ってみました。所は秩父郡横瀬町の「寺坂棚田」、一時は休耕田が多かったのですが数年前から地権者ほか3団体が合同で保全に積極的に取り組んで、今では埼玉県最大の棚田になっているそうです。

 そろそろ収穫の時期らしく黄金色に色づいた田んぼのところどころにヒガンバナの咲く光景は一度見たかったもので、”日本の原風景”を満喫して帰途に就きました。 
 5枚目はソバ畑です。6枚目、今では群生地が観光の目玉になっているところもあるヒガンバナですが”原風景”はこんなだったのではないかと思いながら。
c0047919_92384.jpg
c0047919_9231672.jpg
c0047919_9232652.jpg
c0047919_9233964.jpg
c0047919_9234789.jpg
c0047919_9235416.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-29 09:23 | 2014年1月~ | Comments(1)
2016年 09月 28日

秩父路と棚田 (前)

以前から行きたかった秩父路を歩くことにしました。我が家から2時間余り、西武秩父駅下車です。秩父は古くから物資の集散地として、また秩父神社の門前町として栄え、市内には34か所の観音霊場があってそれらを巡ることを、秩父札所巡りというそうです。この日もお遍路姿の方が数人下車されていました。

 秩父神社に参拝、途方もなく古い創建で江戸時代に徳川家康の命により現在の社殿が建てられたそう。社殿には左甚五郎作と伝えられるさまざまな彫刻が今も彩色豊かに見ることができます。

 札所めぐりの一部の1,2か所拝観して、あとは古い面影の残る街並みを散策して楽しみました。  (続)
c0047919_15593456.jpg

c0047919_16046.jpg
c0047919_1601492.jpg
c0047919_1603184.jpg
c0047919_1605012.jpg
c0047919_1611388.jpg
c0047919_161207.jpg
c0047919_1663951.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-28 16:02 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 26日

殿ヶ谷戸庭園と”二人展”

  久しぶりの殿ヶ谷戸庭園も秋の装い。花はハギとススキぐらいしか咲いていませんでしたが芝生の上には可愛いきのこ、、、、ずっと雨続きでしたものね。

 すぐ近くのくるみギャラリーへ廻りました。切り絵作家 杉谷知子さんと夫君森一典さんの造形作品展を拝見しに。切り絵は絵本”オオカミの王子様”の原画だそうですが、なんとも繊細で美しいこと!造形作品の方はお饅頭のそっくりさん?の土もの作品でこちらは楽しく、愛らしいこと!
  すっかり楽しませていただきました。お二人、ありがとうございました!これからもどうぞご活躍を!
c0047919_16524124.jpg

c0047919_1653552.jpg
c0047919_16531597.jpg
c0047919_16533454.jpg
c0047919_16535026.jpg
c0047919_16535990.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-26 16:54 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 24日

江戸東京博物館

 一度行きたかった江戸東京博物館、平成5年の開館というからもう23年も経っているのに、東京住まいの私が一度も行ったことがないなんて、我ながら呆れたものだと思いながら、行きました。

  まず「特別展”よみがえれ!シーボルトの日本博物館”を鑑賞、江戸時代、2度にわたり来日のうえ膨大な日本コレクションを形成、そのコレクションを駆使した日本博物館を構想し、実現に生涯を掛けたシーボルトの没後150年を記念した展覧会で、”シーボルトの宝物は、私たちの歴史”、「日出る国」に魅せられた男の「日本」を再構成する、、、、とのコンセプトで膨大な展示品と彼の思想とを見ることができました。

常設展では江戸の諸風景、街並み、大名屋敷、町屋、人々の暮らしなどがジオラマやパネルなどで紹介され、ところどころに置いてある火消し纏やぼてふりなどの実物大の模型を体験できるコーナーもあって、すっかり江戸時代にタイムスリップしたかの面白さがありました。じっくり見ていると時間がどんどん経ってしまい、そうか、ここは何度でも来なくちゃならない施設なのだと気付いて、後半?の「東京」の方は次回に回して、館を後にしました。
c0047919_15312948.jpg

c0047919_15314131.jpg
c0047919_15314767.jpg
c0047919_15315634.jpg
c0047919_1532711.jpg
c0047919_1532167.jpg
c0047919_15324042.jpg
c0047919_15324876.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-24 15:32 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 23日

高麗の里と巾着田のヒガンバナ (後)

 巾着田は高麗川が蛇行したところに約500万本のヒガンバナが咲き乱れる群生地としてつとに有名で、見頃の時期は人の数も花に負けないほどだそうですが、この日はその少し前でした。それでも一部の箇所できれいに咲いていましたし、人も少なくて思うように写真も撮れました。確かに最盛期にはレッドカーペットになって圧巻だろうとは想像できました。でも、へそ曲がりな私はその後やここに来るまでの道々いたるところ、、、畑のそば、野仏の近くなどなどに咲いていたヒガンバナが好ましく、印象深かったです。

 巾着田を出て隣り合った地に広がるコスモス畑、田んぼ、などなど里山の豊かな美しい風景を堪能してこの日の二人ミニ撮を終えました。
c0047919_9443161.jpg
c0047919_9443862.jpg
c0047919_9444832.jpg
c0047919_945026.jpg
c0047919_9451299.jpg
c0047919_9452082.jpg
c0047919_9452726.jpg
c0047919_9454269.jpg
c0047919_9454983.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-23 09:46 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 22日

高麗の里と巾着田のヒガンバナ (前)

 日高市の高麗の里の散策と巾着田のヒガンバナの撮影を計画、日高市在住の古くからの写友・澤木さんのご案内と言う贅沢なミニ撮となりました。

 市観光協会の推奨の”ふるさと歩道 高麗の里を訪ねるコース”を選び、それに沿って歩くことに、、、。高麗石器時代住居跡、聖天院、高麗神社、野々宮神社を経て巾着田をひとめぐりして高麗駅に至るコース。何か所も「高麗」に因むポイントがありますが、それらはこの地に716年、武蔵国高麗郡高麗郷が設置され、遡る668年、唐に滅ぼされた高句麗から亡命してきた帰化人たちをここに集めたことによる由。高麗神社、聖天院、高麗家住宅などがその歴史を物語っており、興味深く拝見しました。
 
 辿る道々には野仏がいくつも見られ、コスモスやヒガンバナが彩り、スギ・ヒノキの森が広がり、、、、と、楽しみながら後半の目的地、巾着田へと向かいました。    (続く)
c0047919_9125111.jpg

c0047919_9131811.jpg
c0047919_9133031.jpg
c0047919_9134289.jpg
c0047919_914322.jpg
c0047919_9141838.jpg
c0047919_9143133.jpg
c0047919_9144286.jpg
c0047919_9145943.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-22 09:15 | 2014年1月~ | Comments(3)
2016年 09月 18日

昭和記念公園・秋 (後)

 こもれびの里を出て日本庭園へ。夏ならこの池にハスやスイレンが咲き、チョウトンボが群れ飛んでいるのですが、今はカメたちがのんびり日向ぼっこをしているだけ。

 広場を抜けて帰ることにしました。途中、ヒガンバナの群生があったり、トライアスロンの中学生の部のゴールシーンがあったり、、、と結構楽しみながら、一人ミニ撮もゴールインしました。
c0047919_1834516.jpg

c0047919_18341415.jpg
c0047919_18342245.jpg
c0047919_18342927.jpg
c0047919_18343629.jpg
c0047919_18344495.jpg
c0047919_1834541.jpg
c0047919_1835127.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-18 18:35 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 17日

昭和記念公園・秋 (前)

  今の時期はコスモスはまだキバナコスモスしか咲いていないようだしチョウトンボも夏のチョウだし、、、、と思いながらも初秋の風景を撮ろうと出かけて行きました。

  着くと珍しくざわついた感じ、、、、なんとトライアスロン大会が行われていたのです。スイムと自転車ロードが終わって長距離走に移行するところだったらしく、力走をちょっと見ていつもの散策コースへ。

 広場の黄色いコスモスなどを撮り、こもれびの里へ廻るとイネがだいぶ色づいているのが見えました。畑には収穫を待つ里芋やさつま芋、、、昔の武蔵野の農の風景を「再現」させたものではあるけれど心休まる風景でした。
c0047919_838294.jpg
c0047919_8381139.jpg
c0047919_8382857.jpg
c0047919_8383531.jpg
c0047919_8384389.jpg
c0047919_8385028.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-17 08:38 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 09月 15日

日々の写真から

 家人の見舞いの合間などにちょこちょこ撮った写真を幾つか載せます。撮ったのは8月末~9月9日、最後の一枚は「5歳孫」が撮ってくれたものです。その一つ前が当人で、、、。
c0047919_10293646.jpg

c0047919_10295578.jpg
c0047919_1030450.jpg
c0047919_10301311.jpg
c0047919_10302566.jpg
c0047919_10305456.jpg
c0047919_1031848.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-15 10:31 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 13日

横須賀・浦賀

 大学時代の友人を誘って横須賀と浦賀を散策しました。藪入り中に日頃行かれない海を見たいと毎年どこかに付き合ってもらっています。この日はまず猿島、その後で横須賀軍港めぐりの クルーズを選びました。猿島は大昔、娘がまだ小学生の頃、家族で釣りに行ったところ、軍港めぐりは初めてです。
 猿島は今や観光名所になっていて、船も立派、旧要塞施設も整備されていて昔の面影はあまり感じられませんでしたが、要塞ってなに?の世代が主流を占める時代なのだから致し方ないですね。

 軍港めぐりは海風を受けての45分ほどのクルーズ、イージス艦など言葉として聞いてはいても実態を知らない私には何とも複雑な感慨を催すものでした。これが今の日本の現実、、、時代は恐ろしい勢いで、ここまで来ているのだという思いが重くのしかかって来たのではありますが、、、、。

 ランチ後、浦賀に行ってみました。浦賀は教科書にも載っている1853年のペリー来航により歴史の表舞台となった港で由緒ある社寺も多くあるようでしたが、残り少なくなった時間を浦賀湾を渡る可愛い渡船を楽しんで本日のフィナーレとしました。

 残暑の日でしたが海風が心地よく、良き友と過ごした時間はかけがえのないものとしてこの夏の思い出の一頁となりました。
写真は猿島、横須賀(軍港)、浦賀の各風景です。
c0047919_1823303.jpg

c0047919_18233891.jpg
c0047919_18234519.jpg
c0047919_18235392.jpg
c0047919_1824037.jpg
c0047919_1824714.jpg
c0047919_18241912.jpg
c0047919_18242880.jpg
c0047919_18243551.jpg
c0047919_18244197.jpg
c0047919_18244994.jpg
c0047919_18245516.jpg
c0047919_1825121.jpg
c0047919_1825853.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-13 18:25 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 10日

熊野神社のご祭礼 その2

7時少し前に着くとニ列に藁を敷いた火渡りの”舞台”が設えてありました。藁に火を放つとお神輿が燃え盛る火の上を突き進んできます、、、聞きしに勝る勇壮さでしたが、写真はさっぱりでした。さして広くない境内にぎっしりの見物人、張られたロープは殆ど無視され、勢いでだだだっと来るお神輿に慌てふためいて避け、右往左往、、、、、という具合で撮影は困難を極め、肝心の”渡り”は一枚も撮れなませんでした。
 まぁそれでも良かったです。みんなと一緒に興奮していたのですから。できればリベンジしたいけれど、来年のことはわからないのよね。
c0047919_15404510.jpg

c0047919_1540521.jpg
c0047919_15405992.jpg
c0047919_1541697.jpg
c0047919_15411224.jpg
c0047919_1541247.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-10 15:41 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 09日

熊野神社のご祭礼 その1

  毎年9月初めの熊野神社の秋祭りは我がマンションの横を通り神社へ戻られる5時間ほどの巡幸です。ここへ越してきて早や10年、毎年のことなのに大太鼓の音が聞こえてくるとカメラを持って出かけずにはいられません。

  しばらく”おっかけ”をして帰宅、今年は境内で行われる”火渡り”の儀式を見に行かれるので、夕刻張り切って出直すことにしました。     (その2へ続く) 
c0047919_6513914.jpg


                   
c0047919_6515096.jpg
c0047919_6515978.jpg
c0047919_652529.jpg
c0047919_6521798.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-09 06:52 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 07日

神楽坂散策

昔同じ職場で働いていた友人のところにちょっと”お手伝い”に行き、その後で神楽坂をぶらつきました。
 
 友人はこの辺りのことにとても詳しく、古い路地や老舗、毘沙門天、赤城神社などを案内してもらいながらそれぞれの昨日今日を語り合って、楽しいひとときでした。
c0047919_9343614.jpg
c0047919_9345027.jpg
c0047919_9345842.jpg
c0047919_93573.jpg
c0047919_9351566.jpg
c0047919_935239.jpg
c0047919_9353065.jpg
c0047919_935383.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-07 09:35 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 09月 06日

出光美術館と日比谷公園

 親友を誘って出光美術館で開催中の「東洋・日本 陶磁の至宝」を見に行きました。ー豊麗なる美の競演ーと副題にあるように中国、朝鮮、日本の各地の窯、作家によるさまざまな形、用途、技法の優れた陶磁器が陳列されていて、少しは陶芸を齧っていることもあって興味深く拝見しました。

 ランチの後は日比谷公園へ。都市公園らしく花のアレンジメントがいくつも設えられ、残暑の中にも木陰では秋風が心地よかったです。公園の一角にスマホに見入りながら不動体勢の大人集団を発見しました。あのポケモンGOのスポットなのでしょうが、まるで黙祷でもしているかのような姿は少し異様ではありました。
c0047919_6212440.jpg


c0047919_6213260.jpg
c0047919_621394.jpg
c0047919_6214996.jpg
c0047919_6215547.jpg
c0047919_622352.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-06 06:22 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 09月 03日

晩夏

 家人が検査と治療のために入院しました。いわゆるレスパイト入院、介護者のリフレッシュを図るもので(私は”藪入り”と称しています)少し自由時間ができ少しは写真散歩もできそうです。

 この日は見舞った後隣市の”郷土の森博物館”に行きました。台風10号の余波で雨が降ったりやんだりの落ち着かない空模様でしたが、人も少なくて落ち着いた武蔵野の晩夏を楽しむことができました。
c0047919_994582.jpg
c0047919_995427.jpg
c0047919_910842.jpg
c0047919_9101665.jpg
c0047919_9102327.jpg
c0047919_9103072.jpg
c0047919_9103944.jpg
c0047919_9104566.jpg
c0047919_9105325.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-03 09:10 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 02日

夏の終わり (2)欅公園

 買い物ついでに欅公園に寄ってみました。蝉の声がしきり。サクラの黄葉が始まっていて散り敷く落葉が夏の終わりを告げているかのよう、、、、といささか感傷的になっていたら子どもたちの一団がいて、どうやらランニング教室?の様子。しばらく楽しませてもらいました。
c0047919_79031.jpg


c0047919_79841.jpg
c0047919_791651.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-02 07:09 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 09月 01日

夏の終わり (1)殿ヶ谷戸庭園

レンゲショウマが気になって殿ヶ谷戸庭園に行ってみました。数日前に台風が通った後だったこともあり、咲いていたのは5個ほど、、、蕾が落ちやすいこの花のこと、見られただけでよしとしなくては、、、。萩のトンネルもまだまだこれからというところでした。
c0047919_8241650.jpg
c0047919_8242431.jpg
c0047919_8243018.jpg


# by pechifeb9 | 2016-09-01 08:24 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 30日

秋の足音

 例年になく早い時期に台風が相次いで関東地方(東北、北海道まで)に来襲、余波もあって20日過ぎから急に涼しい日がやってきました。もちろんまだ残暑厳しい日も戻ってくることでしょうが、蝉の声に交じって叢の虫の声が日増しに強くなってきています。

 雨の止み間に近くを歩いたら秋の花が色々咲いていて、秋の足音が聞こえた気がしました。
c0047919_1755338.jpg

c0047919_17553920.jpg
c0047919_17554660.jpg
c0047919_17555215.jpg
c0047919_17555937.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-30 17:56 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 27日

日々の写真から

 お盆を過ぎると大気の状態に変化が生じ始めるのでしょうか、落ち着かない空模様の東京地方です。西日本の猛暑や北海道への再三の台風など気にかかるところですが、少しずつ秋が近づいているのは嬉しいかぎり。
 写真は青い実は7月中の撮影、後は8月後半にぽつぽつ撮ったものです。
c0047919_1629246.jpg
c0047919_16293310.jpg
c0047919_16295041.jpg
c0047919_16295832.jpg
c0047919_1630517.jpg
c0047919_16301150.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-27 16:30 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 26日

孫の来た日

夏休みの小旅行を楽しみにしていた矢先、祖父が突然の不幸に見舞われた孫たちが、一段落したとのことで我が家にやってきたました。8歳の女孫にはとりわけ人の死は衝撃であったようで、暫くは打ち沈んでいましたが少しずつ回復したようです。
家族の死に会うことが少なくなっている昨今、子供にとって死は酷な経験だったとは思いますが生きること、死ぬこと、命、、、いろいろ学ぶところがあったと思い、一日、楽しんで帰ってくれたのを佳しと思ったことでした。
c0047919_5541439.jpg
c0047919_5542178.jpg
c0047919_5542955.jpg
c0047919_5543681.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-26 05:54 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 21日

元気をもらった日

少し自分を鼓舞して雑用のついでに公園に行きました。ミラーレスの10-30mmが不調なので一眼の重いのを持って。
 この暑さの中、人なんているの?と思いながら行くと、何と日光浴?をしている人が二人、しかも高齢者!二人とも良く日焼けして、気まぐれに来たのではない模様です。暑さにメゲていた自分を反省し、一回りしてあれこれ撮って帰りました。お二人に感謝しなくては。
c0047919_1341043.jpg

c0047919_1342143.jpg
c0047919_1343054.jpg
c0047919_1343767.jpg
c0047919_1344238.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-21 13:06 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 15日

日々の写真から

 今年の夏もようやくお盆に漕ぎつけました。やや大げさに言うと気息奄々の日々です。
 自分の体力の減退が根底にあるのでしょうが、家人の体調トラブル、身内の突然の不幸、カメラ(レンズ)の不調とが重なってトリプルパ~ンチ。そんなわけで写真は殆ど撮れていないのですが、、、、。
 早く涼しくなってほしいです。でも、一度付いたサボり癖、果たして治るかしらん?
c0047919_11261538.jpg
c0047919_11262140.jpg
c0047919_11262856.jpg
c0047919_11263535.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-15 11:26 | 2014年1月~ | Comments(1)
2016年 08月 09日

サルスベリ

 街路樹や庭木として夏を彩るサルスベリ、白から濃淡のピンク、赤紫まで花の色もとりどりに風に吹かれているさまはなかなか良いものです。

 サルスベリという樹名は樹皮のすべすべな状態からきたというのはさもありなんと思われますが漢字では「百日紅」、、、、こちらは約3か月にわたって花を咲かせることから、らしいですね。もちろん一つ一つの花はすぐ散ってしまいますが一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花を付けるのだそう。そういえばネットにこんな句がありました。 
「散れば咲き  散れば咲きして 百日紅」   加賀千代女
c0047919_840058.jpg
c0047919_8401492.jpg
c0047919_8402360.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-09 08:40 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 08月 07日

盛夏の農園

田んぼの様子を見に行きました。イネは丈は1m程になっていましたが出穂はまだまだの感じでした。あちこちにオモダカが生えていました。去年は田んぼの隅に少し生えている程度だったのですが、今年は少し手入れが悪いのかしら?
 叢には小さなバッタ、チョウ、トンボ、、、、、、生き物たちがまっさかりの夏を謳歌していました。 
c0047919_11294927.jpg

c0047919_11295926.jpg
c0047919_1130689.jpg
c0047919_11301727.jpg
c0047919_11302452.jpg


# by pechifeb9 | 2016-08-07 11:30 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 07月 29日

蝶と少年

先日池に行った時地続きの雑木林に寄ってみました。黒アゲハが3頭ほど舞っていたので撮ろうとしていると捕虫網を持った少年がその父親と現れ、蝶を見事に捉えました。
 少し話をさせてもらうと、少年は5歳、この近くに住み、毎年この林で蝶やカブト虫を採っているのだそうです。この日もチョウの後、クヌギの木に止まっているはずのカブトムシを探していました。少年と一緒になって昆虫を愛でる父親はとても幸せそうでした。夏休みの楽しみはすぐそばにだってあるんですね。
c0047919_9104421.jpg

c0047919_9105554.jpg
c0047919_911699.jpg


# by pechifeb9 | 2016-07-29 09:07 | 2014年1月~ | Comments(2)
2016年 07月 22日

池は大賑わい

 ミソハギでも撮ろうと池へ行ったところいつになく賑わっていてびっくり。団体様がザリガニ釣りにお出ましになっていた模様で、、、。この池は鎌倉武将畠山重忠とその愛人の悲恋にまつわる伝説が残る池で、「自然に戻そう」運動により釣りや餌やりが一切禁止になっているのですが、ザリガニはお目こぼしになっているようです。
 前回5羽いたカルガモ雛は4羽が幼鳥になっていました。まだ遠くへ飛ぶことはできないようですが、立ち上がって羽をパタパタさせる動作が時折見られました。カワセミはこの日も不在、ウォッチャー数人が「このところ見ないなぁ」と少し寂しげでした。
c0047919_1114818.jpg

c0047919_1115823.jpg
c0047919_112830.jpg
c0047919_1121554.jpg


# by pechifeb9 | 2016-07-22 11:02 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 07月 19日

貸農園は大当たり

 近くに一年前にできた貸農園に散歩の途中で寄ってみました。この貸農園は新しいシステムで、農家さんが土地、農具、苗を提供、さらに指導つきというところがユニーク。借りる人は年会費を支払えば”手ぶらで”農業を楽しむことができ、農業初心者にはありがたいシステムなのです。

 この日、ここで作られていたのはトマト、エダマメ、トウモロコシ、ネギ、ズッキーニ、ナス、キュウリ、、、と多彩でそれぞれ見事な生り具合でした。ちょうど収穫に来ていた人がいたので聞くと、「コストパフォーマンスはばっちりだと思う。食べきれないくらい採れます」とのことでした。昔、貸農園を体験したことがありますが、素人が手探りでやってもなかなかうまく行かず、そのうちに止めてしまう例が殆どのように思います(個人的感想)。このシステム、なんだか大ヒットのような気がします。
c0047919_10194421.jpg

c0047919_10195291.jpg
c0047919_10195826.jpg
c0047919_1020738.jpg


# by pechifeb9 | 2016-07-19 10:20 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 07月 14日

夏の殿ヶ谷戸庭園

 国分寺駅近くまで用事ででかけたので、序に殿ヶ谷戸庭園にちょっと立ち寄りました。元々地味な庭園なのでこの時期は訪れるのはよほどの物好き、、、と思っていたらなんと若いカップルが殆ど同時に入って見えたので、そっと撮らせていただきました。
 後はユリがあちこちに咲いていた程度でしたが庭じゅう緑が陽射しを遮って風も涼しくてとても気持が良かったです。
c0047919_1444154.jpg

c0047919_1444225.jpg
c0047919_14443182.jpg
c0047919_14444565.jpg
c0047919_1445132.jpg


# by pechifeb9 | 2016-07-14 14:45 | 2014年1月~ | Comments(0)
2016年 07月 12日

七夕の頃

 暑くなるとでかけるのが億劫になりますが用足しのついでに国分寺公園へ行きました。人工池がかいぼりされてしまったので餌になる魚がいなくなってしまったのでしょう、カワセミがみられなくなったのが残念(もしかしたら早朝などにはいるのかもしれませんが)。3基の噴水が涼を感じさせてはいたものの、カルガモも母子一羽ずつしか見られませんでした。

 前日が七夕、まだおかれたままの飾りに書かれていたのは「ケーキ屋さんになりたい」などの可愛い願い。さて私が下げるとしたらやっぱり「健康」でしょうか、夢がないといえば確かにそうですが。
c0047919_9444481.jpg

c0047919_9445290.jpg
c0047919_9445843.jpg


# by pechifeb9 | 2016-07-12 09:45 | 2014年1月~ | Comments(0)